Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優になる方法!最も重要なプロダクション選びのポイントを教えます

高収入を得ることができるというイメージが強い「AV女優」しかし、最近ではこのお仕事は最近では「セクシー女優」とも言われるようになっています。

この仕事をする際に重要になるのは「プロダクション選び」です。
優良大手もあれば、ブラックな会社があるのも実状だからです。

そこでここではAV女優になるための、プロダクション選びについて紹介していきたいと思います。
Wishのスタンスをお伝えするとともに、もし他の事務所でも検討するという時の、ご参考にされてください。

1.AV女優になる方法はどういった方法がある?

AV女優になる方法としては基本的には2通りです。
それは「自分でプロダクションに応募して面接を受ける」「スカウトを受ける」という方法です。
自分からAV女優になる女性が少なかった時期には自社スカウトや外部スカウトがスカウトをすることで採用していたのです。

そもそもAV女優といっても色々なパターンがあります。
その女優一人で一本の作品を完成させることができる女優は「単体女優」と呼ばれており、ルックス、スタイル、演技などが非常に優れており、人気が高いという特徴があります。

それ以外に複数の女性で一つの企画の作品に出演する女優「企画女優」と呼ばれる女優がいます。
こちらは単体女優と比べると収入面でもかなり落ちることになります。

スカウトを行う人への報酬は「スカウトバック」という形式になります。
スカウトした女性がプロダクションに所属して単体女優となって作品に出た場合、その出演料の15~20%ほどを報酬として受け取るというものです。

そのためスカウトはそれだけ高く評価される単体女優になれるルックスの女性をスカウトすることになります。
そのためスカウトで採用される女性はレベルが高いと言われる時期が長かったのです。
また、スカウトが紹介するプロダクションは実績がある優良プロダクションも多いと言われていました。

しかし最近ではインターネットの普及によってインターネットでの面接ができるようになったり、インターネットからプロダクションの評判を簡単に調べることができるようになってきたことから女性が自分でプロダクションに応募するという形式が増えてきているのです。
Wishでも応募をされてくる女優の方が多くなっています。

それぞれのプロダクションはそのプロダクションのウリ、メリットを掲げています。

  • アイドルへの転身ルートがある
  • 有名女優が多数在籍している
  • 地方在住の場合は住居を用意する
  • 借金がある場合は立て替えを行う
  • 一日体験仕事ができる

などです。

少し前にAV業界で望まない契約をさせられた、了承していない仕事をさせられたということが問題になったことから業界をあげてクリーン化が進められており、以前のようなブラックなプロダクションは減ってきていると言えます。

Wishでは設立から女優の方の気持ちを最大限尊重するような取り組みを行っており、多くの女優の方が長期間在籍されています。
他のプロダクションでも、長期間安心して在籍できるようになっているそうです。

2.プロダクションの面接で行われることは?

自分から応募した場合でもスカウトされた場合でもプロダクションで面接は必ず受けることになります。これはWishでもそうです。
AV業界ではルックス、スタイルは売り出す方からしても最重要項目です。
そのためこのあたりは当然チェックが入るのです。
基本的には面接を行う場所、もしくは専用の個室で裸になってチェックを受けることになります。
そこで、

  • 刺青、タトゥーがあるか、ないか、
  • 大きな傷やアザなどがあるか、ないか
  • 肌の綺麗さや色合い
  • 乳房の形、大きさ、乳首の色
  • 全体的なスタイル

などを評価されていくことになります。

一般的には刺青、タトゥーがあったり、乳房が小さいというのはマイナス評価になりますが、プロダクションや企画によってはそういったポイントが有利に働くこともあります。
その事務所ならではの作品スタンスで変わってきますね。

また童顔であった場合には、乳房が小さいことはプラスに働くということもあります。
これは年齢がある程度いっている、太り気味であるなどの場合もそうですが、「それを強みにしている」プロダクションを選ぶということが重要になってくるのです。

プロダクションのこれまでの作品や在籍している女優を調べることで、どういった女性をウリにしているのか、強みがあるのかということがわかります。
ここで自分の特徴をよく考え、自分をもっとも活かしてくれるプロダクションを選ぶことがもっとも重要になる理由があるのです。

そのほか、現在の職業やこれまでの経歴が聞かれます。
AV女優の場合はルックス、スタイルだけではなく、それ以外の要素も強みになることがあります。
例えば「教師」「看護師」などの真面目なイメージが強い職業の経歴がある、アスリートだった、有名大学を出ているなどの経歴は「意外性」などのプラス要素となることが多いのです。

それらを総合的に考えて合否が判断されます。

Wishでもそういった要素を加味することも、多いです。
合格となった場合は基本的なルールが説明され、条件について説明があります。
その条件に納得した場合は、プロダクションに所属することが決定するのです。

まったく違う業種の仕事を同時にしているという女優はいますが、同じAV業界のプロダクションを掛け持ちすることはできません。そういった業界ルールはしっかり守るようにしてくださいね。Wishでもその点はしっかりお伝えしています。

採用が決まると「プロフィールの作成」が行われます。
上半身の写真の撮影、スリーサイズ、身長、体重、経歴、趣味、特技、NGとなる項目などを記載してプロフィールを作成していくのです。

3.重要になるのはプロダクションの営業力である

日本には約150のAV業界のプロダクションがあると言われています。
そしてそれぞれのプロダクションで応募やスカウトによって新人AV女優が生まれているのです。

この業界には「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」などをすべて合わせると1万人以上の女優がいるとされています。
そのなかでクライアントはどの女優を使って作品を作っていくかを決めていくことになります。

女優のプロフィールはクライアントに一通り送付されるのですが、もちろんそれだけではなかなか仕事が決まらないためにプロダクションが監督、メーカー、出版社に直接売り込み営業をかけていくことになります。

プロダクションとつながりがあるメーカーや出版社に所属女優のプロフィールを持って出向いて営業をするのです。
企画もので複数の女優を使うという場合などは営業マン、マネージャーなどが営業をかけるのが一般的ですが、単体もの、企画単体ものとなるとその女優を連れて直接メーカーや出版社を訪問して監督、プロデューサーに紹介して営業をかけていきます。

つまり色々なメーカーや出版社、監督、プロデューサーに知り合いが多く、自社の所属女優を強く売り出すことができるプロダクションを選ぶということがポイントとなるのです。

Wishでは「現役AV女優」の肩書で副業を行うことは、ご遠慮いただいております。
ただし、もともと水商売などで勤務されている方が、Wishで働きたい!というご要望には最大限配慮させていただきますので、ご相談くださいね。

また、最近ではWish所属のNIMOと言うモデルさんが、「マシュマロ3d +」に入り、アイドルフェスなどにも参加しています。
モデルさんの「こんな活動をしたい!」という気持ちにもできるだけ応えられるように、Wishもがんばります!

まとめ

AV業界には数多くの女優がおり、プロダクションもさまざまな会社があります。
それぞれのプロダクションによって強み、特徴、規模が違いますし、営業力も違います。

自分がどういった仕事をしていきたいのか、自分の強みはどこなのかを考えてプロダクションを選んでいくということが重要となると言えるでしょう。

AV業界に知り合いがいる場合はその人から業界やプロダクションについて聞くのも良いでしょうし、インターネットでさまざまなプロダクションについて調べるのもおすすめです。

お悩みの方は、まずWishまでお気軽にご相談くださいね。