Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優が安心して働けるプロダクションはこんなところ。見抜くポイントは

AV業界では所属したプロダクションを特別な事情無く移籍したりすることはできません。

そのためどのプロダクションを選ぶかは非常に重要になってくるのですが、よほど業界に詳しい人でなければなかなかわかりにくいものです。

WISHのように公式サイト、ホームページなどで自社の概要を細かく紹介していればわかりやすいのですが、中には詳しく書かれていないところも多くあるのです。

そこでここではAV女優が安心して働くことができるプロダクションを見抜くポイントについて紹介していきたいと思います。

 

1.プロダクションが行う重要な仕事とは

・スケジュール管理

まずAVプロダクションの仕事として「スケジュールの管理」があります。

事前のメーカーでの面接や打ち合わせ、撮影など女優個人で管理していくのは大変なので、その部分をプロダクションが管理するのです。

特にAV女優の他にも仕事をしている人の場合はそちらの仕事との兼ね合いも取らなければいけません。

AV女優の仕事は体力的にも大きな負担がかかってくるため、仕事と休日のバランスをとったスケジュール管理を行うことが重要なのです。

そしてスケジュール管理をプロダクションが行っている場合、その合間に新しい仕事の営業をかけてくれたりするというメリットもあります。

まずはそこをしっかりと行ってくれるプロダクションかどうかが重要です。

 

忘れてはいけないこととしてAV女優はタレントなどと同じく「個人事業主」となるということです。

そのため出勤日、休日などが全員同じように定められているわけではありません。

スケジュールもかなり不規則なものになってしまうため、スケジュール管理が正しくできていないと出勤が続く、休日が続くというようになることもあるのです。

自分では管理しきれない部分もありますので、それらも含めて管理してくれるプロダクションがおすすめです。

 

・マネージメント体制

AVプロダクションに所属して働く際に色々なことが不安となる女性は多くいます。

それらの悩みの中には女性特有の悩みもあり、男性では理解しきれない、配慮できないという部分もあります。

そういった悩みは男性に相談しにくい、相談しても解決できないということがあるのです。

しかし優良なプロダクションでは女性スタッフ、女性マネージャーを雇用しているところが多くあります。

もちろんWISHでも女性スタッフを多く採用しています。

女性スタッフにであれば女性特有の悩みも相談しやすくなるでしょう。

しっかりとしたサポート体制、マネージメント体制が整っているということもポイントの1つと言えます。

 

・初期費用を負担してくれる

すべてのプロダクションが行っているわけではありませんが、初期費用を負担してくれるという場合もあります。

特に地方から出てくる場合や、AV女優の仕事をするにあたって一人暮らしをするという場合に助けとなります。

こういった場合、引っ越し費用、住居の選定、敷金や礼金などが初期費用としてかかってくるのですが、それらを負担してくれるプロダクションがあるのです。

また、プロダクションが管理している住居に住むことができるという場合もあります。

AV女優という職業上、あまり住居が遠い、ファンに見られるかもしれないという場所は好ましくありません。

プロダクションが用意してくれる住居であればそういった心配がいらないので安心です。

 

・強い営業力があるか、どれだけ希望通りの仕事を用意できるかどうか

プロダクションの重要な仕事として「仕事をとってくる」ということがあります。

AV業界には約1万人の女優がいると言われており、その約半数が1年で入れ替わるとされています。

つまり誰でも自分が思うとおりにAV作品に出演するということはできないのです。

もちろんAV女優が自分でプロデューサーやメーカーに強い売り込みをかけるというのも難しい話です。

そこで登場するのがプロダクションです。

プロダクションがプロデューサー、メーカー、監督などに所属しているAV女優の売り込みをかけて仕事をとってくるのです。

そのため、プロダクションが業界内で顔が広い、営業力が強いというところが仕事をしていく上で有利になっていくのです。

 

その場合、当然自分が気に入らない仕事であれば断ることができます。

ただ、プロダクションが必死にとった仕事を断ってしまうと関係を悪化させてしまうことにもつながりますし、自分の評価のためにも良くありません。

重要なことはプロダクションに「どういった仕事をしたいか」「どのような仕事はNGか」ということを前もって告げておくことです。

優良なプロダクションであれば、その希望に沿った仕事を用意してくれますし、劣悪なプロダクションは女優の希望を無視して自社に都合の良い仕事を押し付けてくるという傾向があります。

自分の希望がどのように受け取られているかを判断していきましょう。

 

・プロダクションの系統と自分が合っているかどうか

プロダクションのサポート体制などはもちろん重要なのですが、そもそもそのプロダクションの系統、特徴などが自分に合っているかどうかということも重要なポイントです。

日本には約150のAVプロダクションがありますが、それぞれに特徴があります。

社内に「モデル」「アイドル」などのコースがある、正統派美人を中心とした王道派である、コスプレや企画ものに強いところである、熟女やぼっちゃりなどのマニア向けの作品が多い、などその特徴はさまざまです。

重要なのは自分自身のタイプとそのプロダクションの特徴が合っているかどうかということです。

いくら優良なプロダクションでもまったくタイプが一致していない女優であればうまく売り出せないということもあります。

まずそのプロダクションの特徴を調べて、自分に合っているかどうかを踏まえた上で所属を考えるのが良いでしょう。

その特徴がわからないという場合は、そのプロダクションに所属しているAV女優を見ればたいていわかるようになっています。

どういった女優が在籍しているか、そのプロダクションからはどういった作品が作られているかを見ていけばそのプロダクションの特徴がわかるでしょう。

 

 

・女優の生活をトータルで考えてくれること

上記でも述べたように日本では約150のプロダクション、約1万人のAV女優がいると言われています。

それらの女優全員が十分な収入を得ているというわけではありません。

もちろん他の仕事を持っている女性も多くいるのですが、AV女優の仕事のみでは収入が足りないという人もいます。

そういった場合、業界のルールとしてプロダクションを掛け持ちするということはできません。

しかし、他の仕事をするということは可能です。

AV女優をしている人が他に行う仕事の中でも特に収入が高いとされているのが、「クラブ」「キャバクラ」「風俗店」などです。

こういったお店で働く際には「現役AV女優」という肩書があるため、仕事に就きやすい、高い時給を得やすいというメリットがあるのです。

それらの仕事を自分で探してくるという女優もいますが、プロダクションの中には自社の系列やつながりのあるお店を紹介してくれるということもあります。

その場合はAV女優の仕事とのスケジュールも合わせやすく、管理しやすいというメリットがあります。

そちらでの収入も合わせて、トータルでどれくらいの収入になるか、希望していた額に近づいているかということを考えてくれるプロダクションであれば安心です。

 

まとめ

AV業界では簡単にプロダクションを移籍したり、プロダクションを掛け持ちしたりすることができないために安心して働くことができるプロダクションを選ぶことは非常に重要になってきます。

多くのプロダクションではWISHのようにプロダクションの仕事内容や会社の概要を公開しています。

それらと上記に述べたポイントを合わせて考えて、じっくりと良いプロダクションを選んでいくようにしましょう。