Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優に憧れる女性が急増!?なんでAV女優は今人気の職業なのか

AV女優を目指す、AV女優にあこがれるという女性が増えていると言われています。

昔はAV女優と言えばあまり良いイメージがなかったため、憧れの職業ではなかったのですが、最近それが変わりつつあるのです。

WISHにも多くのAV女優希望者が面接を受けに来ています。

ではなぜ今AV女優がこれほど人気の職業となったのでしょうか。

ここではその理由について紹介していきたいと思います。

 

1.イメージの変化

AV女優に憧れる女性が増えたもっとも大きな理由がこの「イメージの変化」です。

昔はAV女優と言えば、マイナスのイメージが強く、AV女優をしている人は何か不幸な事情があって仕方なくしているという人が多くいたと思われていました。

しかし2000年代に入ったあたりからAV女優もしくは元AV女優がテレビに出演することが増えてきたことからAV作品以外でAV女優を見るという機会が増えてきたのです。

深夜番組、ラジオ、ネット番組などが中心ではありましたが、「飯島愛」のようにゴールデンタイムの番組に出演する女性もいました。

 

また、近年では現役のAV女優を中心としたバラエティ番組が作られ、知名度の高い芸人がMCをするなど、普通のタレントのように芸能人としてメディアに出るようになってきたのです。

そうして出演しているAV女優の中には一般のタレントやアイドル顔負けのルックスを備えている女優も数多くいます。

顔立ちが整ったAV女優などは「そんな顔になりたい」として若い女性たちの間で人気になっていることも多々あります。

そうした美しいルックスの女優たちが楽しそうに番組に参加している姿を見ていると昔のようなダークなイメージはもはやありません

 

そしてそうしたAV女優たちはゲームやパチンコ台にも参加しています。

AVの作品を見なくてもパチンコを売っていればAV女優を普通に見かけるようにまでなっているのです。

それらのゲームやパチンコ台でそのAV女優を知ったという人も多く出てきています。

こうしてAV女優のイメージが大きく変化してきたのです。

 

 

2.インターネットの普及による広範囲化

「アダルトビデオ」と呼ばれていたことからもわかるように昔はAV作品と言えば、ビデオテープで販売されていました。

そしてAV作品を見るためにはこのアダルトテープを購入し、自宅のビデオデッキで家族が自分以外に誰もいない時にこっそりと見るというものだったのです。

そのため、AV作品は一部の男性にしか見られることはありませんでした。

 

それが、近年インターネットが普及してきたことによって「誰でも見られる」「どこでも見られる」ように変わりつつあります。

サイトによっては無料のサンプル動画などを見ることができるものも多く、スマホだけ持っていればどこでも見られるというようになっているのです。

購入する際にも昔のようにアダルトビデオをレジに持って行って現金で支払うということをせずにネット上で簡単に購入することができます。

 

こうなると男性だけでなく女性も簡単に見ることができます。

そうしてなかなか見る機会がなかったAV作品が身近になってきたことで、女性がAV作品を見て自分も参加してみたいと考えるようになってきたのです。

 

 

3.ジャンルの多様化

昔は今ほどジャンルが細分化されておらず、どの作品も同じようなストーリー、演出というものが多くありました。

しかし最近では比較的昔からあった「SM」などのほかに「女子校生」「OL」「素人(風)」「ロリ」「コスプレ」「巨乳」「ギャル」「人妻」などジャンルが細かく分かれており、それぞれの趣味嗜好にあった作品を選べるようになってきています。

一つのパターンしかなければそのパターンの女性しか興味を示しませんが、これだけ多様なジャンルができてくると、そのジャンルなら参加してみたい、強い興味があるという女性が出てきているのです。

 

近年急激にその技術が進んでいる「VR」もAV業界に広がりつつあります。

ここではリアルに自分がその作品に参加しているかのような感覚が味わえるとしてますます増加していくことが予想されています。

こういった新しいジャンルの作品に自分も参加したいという女性が増えているのです。

 

 

4.コンプライアンス遵守への変化

これはイメージだけでなく昔のAV業界はとにかくコンプライアンスは守られていませんでした。

以前問題にもなりましたが、AV作品への出演強要、事務所に有利な契約書の策定などが実際にあったのです。

こういったことがあったことからもAV業界にはマイナスのイメージが強くあり、若い女性が避けていた理由にもなっていました。

しかし、そうしたニュースなどが明るみになり、業界全体でイメージの刷新に取り組んできた結果、近年のAV業界はコンプライアンス遵守の業界へと大きく変わってきたのです。

プロダクション、事務所などは明るく綺麗なオフィスとなっていたり、スタッフにも女性を多く登用することで女優に安心感を持って働くことができる職場づくりが行われています。

 

面接時には「NG項目」を記入することができるため、自分がやりたくない仕事については行わなくてもよいという方式が取られていますし、現場では女優に何かを強要するようなこともありません。

こうした職場環境、労働環境の変化がAV業界に女性が参加しやすいという状態を生み出していると言えるでしょう。

 

 

5.大きく稼げるチャンスがある

これは昔からそうですが、やはりAV女優として人気が出れば普通の会社員より何倍も稼ぐことができるというチャンスがAV女優にはあります

もちろんAV女優全員がそれほど稼げるというわけではありませんが、「単体女優」「企画単体女優」などの中には月に数百万円稼ぐという女優もいるのです。

また、企画女優としてでもプロデューサーやメーカー、監督などから気に入られて頻繁に作品に出演するようになればかなりの金額を得ることもできます。

 

同じように大きく稼ぐチャンスがある職業として「風俗嬢」がありますが、AV女優は近年風俗嬢よりもよほど安全に働くことができると言われています。

風俗ではどうしても不特定多数の男性を相手にしなければならず、それらの男性は一般人ですので性病などの検査を行っているわけではありません。

そのため働くことで病気になるリスクも高くなっているのです。

AV業界では、撮影に参加する女優や男優は厳しい検査を受けなければいけません。

そこで陽性であれば撮影には参加できないのです。

そして相手をするのはそういったプロの男優たちですので、病気をうつされるというリスクは低く、行為中も無茶なことをされることもありません。

AV男優たちは撮影にあたって爪も短く切り、清潔感を持って参加しています。

そう考えると同じ大きく稼ぐチャンスがある仕事でもAV女優は風俗嬢より、はるかに安全に働くことができる仕事なのです。

 

同時に「実力勝負」で勝負をしたいという女性からしても魅力的に映っています。

免許や資格、衣装などで自分を着飾って仕事をするというのではなく、AVではまさに「裸一貫」で勝負をすることになります。

そうして自分の素の力で大金を稼ぎたいという女性が憧れる職業でもあるのです。

 

 

まとめ

近年AV業界では昔とは違って業界が「クリーン化」されてきたことからも女性が参加しやすい環境が整えられています。

また、AV女優のメディア進出もますます盛んになっており、その姿は世の女性たちから憧れとして見られるようになってきているのです。