Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優の引退後はどうなる?いろいろなキャリアプランがあります

AV女優は多くは活動期間が短く、トップとなった女優でもいつまでもできるという仕事ではありません。

ではAV女優は引退後どうしているのでしょうか。

また、有名AV女優たちは引退後どうしているのでしょうか。

ここではAV女優の引退後にどのような選択肢があるかを紹介していきたいと思います。

 

1.どのような選択肢が考えられるか

AV女優の引退後にはさまざまな選択肢があります。

実際にあった例を見ながら紹介していきます。

 

・一般人として生活をする

おそらくもっとも多い選択肢がこちらになると思います。

引退後に結婚をするという女優も多く、もっとも多い選択肢となっています。

特にそれほど、大きく活躍しなかった女優、活動期間が短かった女優はそれほど問題なく、この道を選ぶことがあるようですが、ある程度の知名度がある場合、AV女優としての経歴が強く残ってしまうことがあるようです。

結婚をする場合も相手の男性がそれを気にするかどうかということになります。

 

また、一般の企業に就職をして社会人として生活をするということも普通にあります

ただしこの場合も、それほどAV女優として人気や知名度がなかった場合には特に違和感は起こりませんが、ある程度の知名度や人気があった女優の場合は過去の経歴がすぐに周囲にばれてしまうということや収入の格差に驚いてしまうということがあるようです。

AV女優として一定の収入を得ていた人が一般の企業に新人として就職すればほぼ確実に収入は激減します。

その感覚に慣れることができるかどうかがポイントと言えます。

 

・芸能界で活動をする

AV女優の中ではそれほど多くの割合ではないのですが、芸能界にタレントやアイドルとして入るということもあります。

少し前であれば飯島愛、及川奈央などがいましたし、最近では現役AV女優のままテレビ番組に出演しているようなトップ女優たちもいます。

そうしてタレントやアイドルとして活動をするということもあるのです。

ただ、この道を選ぶことができるのはかなりの知名度を誇るトップクラスの女優だけになりますので、みんなが選べる道ではありません。

 

・AV業界で裏方として勤務する

AV業界のことをわかっている女性として同じ業界で裏方にまわるということもあります。

スタイリストやメイクとして残るということもありますし、撮影班に参加するということもあります。

なかにはAVの監督を行っている元AV女優もいるほどです。

また、事務所やプロダクションでマネージャーや事務スタッフとして勤務するということもあります。

新しく仕事を始めるAV女優にとっても、その経験がある女性がスタッフとして働いていれば安心できるという大きなメリットがあります。

 

・漫画家、小説家、作家、構成作家などになる

 

AV業界のことをマンガや小説などに表現をするという人もいます。

中には官能小説家として有名になっているような人も出てきています。

また、テレビ、ラジオ、舞台などの脚本、構成を考える仕事をする人もいます。

この場合もリアルな現場を知っているということが活かされる仕事となっています。

 

・クラブ、キャバクラ、風俗で働く

クラブやキャバクラ、風俗などでは「元AV女優」という肩書はプラスになることが多くあります。

お客がつきやすい、時給が高く設定されやすいというメリットがあるために働きやすいのです。

また、お店からしてもその女性がお客を多く集めてくれるというメリットがあるためにwin-winの関係を築きやすいのです。

お客からしてもどんな女性が相手をしてくれるかわからないという不安がなくなり、安心して遊べるというメリットにつながっています。

 

 

2.有名AV女優の引退後は

数多くいるAV女優の中でもトップクラスの知名度を誇った女優たちの引退後を紹介していきます。

具体的な例を見ることで引退後がイメージしやすいかもしれません。

 

・蒼井 そら

生年月日 1983年11月11日

2002年にデビューし、そのあどけない顔立ちとメリハリのあるボディによって「妹系」というジャンルを確立させたと言われる日本を代表するAV女優です。

はっきりと引退を宣言したわけではありませんが、現在は新作は出されていません。

すでにテレビドラマにも出演をしており、バラエティ番組にも参加しています。

また、中国で絶大な人気を誇っているということもあり、中国でもタレント、女優として活動をしています。

2018年には結婚し、出産もしており、AV女優の引退後の生活として理想的だと言われています。

 

・みひろ

生年月日 1982年5月19日

こちらはAV女優になる前にはアイドルとして活動をしていた女優です。

性格が明るく、こちらも「妹系」のジャンルで絶大な人気を誇りました。

そのキャラクターとルックスの良さで2010年にAV女優を引退してからはタレントとしてテレビ番組に出演しています。

私生活では2015年に結婚をしましたが、2018年に離婚をしています。

 

・麻美ゆま

生年月日 1987年3月24日

とにかく愛嬌のあるかわいらしい顔立ちと、抜群のスタイル、明るい性格で人気となったAV女優です。

そのルックスとは裏腹にかなりハードな作品にも多く出演しており、幅広いファン層を獲得していました。

2013年に悪性卵巣腫瘍のため、子宮や卵巣をすべて摘出したほか、抗がん剤治療を続けていました。

2018年には他に転移は見られないという診断を受け、2019年度版のカレンダーでは水着姿を披露しています。

 

・上原亜衣

生年月日 1992年11月12日

「企画単体女優」の頂点を極めたと言われるAV女優です。

かわいらしい風貌とハードなプレイのギャップで絶大な人気を集めました。

特に「NGがない」とまで言われる参加ジャンルの幅の広さは他の追随を許しませんでした。

人気絶頂の2015年に「2016年の春で引退」と宣言し、多くの総集編やベスト盤が販売されました。

「普通の女の子に戻ります」とコメントを残し、完全にAV業界からも芸能界からも姿を消した上原亜衣は宣言通りに普通の女の子に戻ったと思われていましたが、2019年にツイッターを開設、さらにタレント復帰、YouTube開設、書籍発売など怒涛の復活劇を見せました。

復活後はAV女優時代よりもスリムになっており、新たな魅力を打ち出しています。

 

・森下くるみ

生年月日 1980年3月4日

日本初の「メーカー専属女優」という形式で12本の作品の出演契約を行いました。

顔立ちは「ロリ系」でありながら、ハードなプレイなどもこなすというギャップで大人気となりました。

しかしそのハードな要求がどんどんエスカレートしていくという理由で2008年に引退、その後は映画や舞台に女優として出演していました。

また、小説やコラムなどを書く作家としても活躍しています。

2015年に結婚し、翌年には出産、そして2017年には「今後の活動のため」として過去に出演したAV作品の販売やネット配信の停止を申し入れて認められています。

 

・成瀬心美

生年月日 1989年8月10日

AV女優の「Rio(柚木ティナ)」に憧れて業界に入った女優です。

とにかくかわいいルックスで人気となったのですが、映画出演、歌手活動なども並行して行っており、イベントにも積極的に参加する活動的な女優でした。

2013年にはそのあまりの多忙さに体調不良の状態が続き、引退を決意。

人気絶頂の時点での引退は非常に惜しまれました。

現在はAVメーカー「KMP」の広報部長として活動をしながら、ロックバンドの活動も行っています。

 

 

まとめ

AV女優は現役時代よりも引退してからの人生の方がはるかに長い仕事です。

ここに例を挙げた女優を見ても引退後に芸能界に入った人、裏方にまわった人、結婚や出産をしている人などさまざまです。

多くの選択肢の中から自分の希望に合う道を選んでいくことが重要です。

WISHでもそういった女優たちを全面的にバックアップしています。