Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優の顔バレ以外のリスクは何がある。始める前に知っておこう

AV女優が抱えるリスクとしてはもっとも大きなものとして「顔バレ」「身バレ」というものがあります。

これはAV作品に出演していることが家族や親類、周囲の人などにバレてしまうというもので、大きなリスクとなっています。

しかしAV女優にはこの顔バレや身バレの他にも注意しておかなければならないリスクがいくつかあるのです。

もちろんそういったリスクに対してはWISHのようなプロダクションができる限り削減する努力はしていくものですが、まったくゼロというわけではありません。

そこでここではAV女優の顔バレ以外のリスクについて紹介していきたいと思います。

 

1.社会的リスク

AV女優という職業についてのマイナスイメージは昔と比べるとかなり改善されているのは間違いありません。

人気女優たちがタレントやアイドルとして一般のテレビ番組に出演するということも多くなっており、以前ほどのダークなイメージではなくなっているのです。

ただし、それでも社会的に見るとまだまだ完全に公に認められている職業とは言えません。

顔バレや身バレによってのリスクはAV女優本人よりもその家族や親類などにも影響してきます。

家族が堅い仕事に就いていた場合はそちらに影響してしまうということもありますし、出身が地域性の強い田舎だったりするとすぐに地域で噂になってしまうということもあります。

AV女優という仕事は都会や若い人たちの間ではイメージが向上してきていますが、田舎やお年寄りの間ではやはりイメージが良くないのも事実です。

そういった意味のでの社会的リスクがまだまだあるというのが実状なのです。

 

それらを防ぐためにAV女優のプロフィールなどは本当のことと嘘の情報が混ざっています。

芸名を使うのはもちろんですが、血液型や出身地などはたいていが嘘の情報です。

まったく違う都道府県を出身とすることもありますし、無難に「東京都」としていることも多くなっています。

 

2.精神的リスク

AV業界は約1万人の女優がいると言われ、毎年5000人ほどが新しくデビューしていると言われています。

そういった中で「単体女優」「企画単体女優」としてトップクラスに位置するのは非常に難しいことです。

毎年デビューしている女優の中である程度の知名度を得て、作品に何度も出演することができる女優は全体の数%に過ぎないのです。

その厳しい競争に打ち勝っていかなければならないという精神的なリスクがあります。

 

また、最初からAV業界のことをある程度知っており、どういった仕事をするか覚悟を決めてAV女優になった人であればそれほどではないかもしれませんが、中には最初は「アイドル」「モデル」「パーツモデル」として仕事をすることを希望していた人もいます。

もちろんそれらで人気が出て十分な収入を得ることができる場合もあるのですが、やはりそれだけでは仕事量があまりなく、収入が足りないということでAV女優の道に入るという人もいます。

そういった人は自分の理想と違う仕事をすることになるために精神的な負担を抱えてしまうということもあります。

収入のためにと仕事を続けているとますます精神的な負担は大きくなってしまうでしょう。

 

3.身体的リスク

AV女優は文字通り「体を張って」仕事をする職業です。

現場では何度も性行為をしなければならないということもあります。

また、女性器にはかなり個人差があります。

何度性行為をしても摩擦などに負けることなく快感を得ることができる性器であればAV業界では非常に重宝されるのですが、膣が浅い、狭い、摩擦に弱いといった女性にとって何度も性行為をすることは苦痛に感じるかもしれません。

そして全力で性行為をするということは体力勝負にもなりますし、撮影に向けては体調もしっかりと整えて望まなければいけません。

撮影が続くことで体調不良に陥ることもあるのです。

AV女優の中には人気絶頂のなか、そのハードスケジュールのために体調を崩してしまい引退してしまった女優もいるのです。

そういった身体的なリスクがあると言えます。

 

4.病気のリスク

これはよく一般の人に思われているイメージで、AV女優は性病などの病気のリスクが高そうだというものです。

しかしこれに関しては一般の人や風俗嬢と比べるとかなりリスクは低いというのが現実です。

AVでは撮影で相手をするのはプロのAV男優です。

男優は普段から体調管理につとめ、撮影前には性病などの検査を受けなければいけません。

この検査で陽性となってしまうと撮影には参加できないのです。

もちろん女優も同様の検査を受けています。

そのため、検査を受けていない一般の男性を相手にしなければならない風俗嬢や、お互いにそういった検査を受けていない一般の人同士の性行為よりもはるかに病気のリスクは低いのです。

そう考えればこの病気に関するリスクは考えられているよりは低いものと言えます。

 

5.金銭感覚に関するリスク

AV女優のギャラは「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」でそれぞれ違っています。

もちろんその人の人気や所属しているプロダクションなどによって違ってきますが、1本の作品の目安としては、単体女優「50~150万円」、企画単体女優「15~50万円」、企画女優「2~15万円」ほどとなっています。

やはり単体女優がもっとも高いギャラとなっていますが、単体女優は毎月1本の撮影となっています。

それに対して企画単体女優の場合は月に数本の撮影が入ることがありますので、その女優によっては企画単体女優の方が収入が高くなるということがあります。

こうした収入を得ていた人は引退後に普通のOLのような一般職に就いた時に収入の低さにがく然とすることがあります。

1ヶ月しっかりと働いて1本の撮影のギャラよりも低いということになるからです。

高い収入を得ていたAV女優ほど高いレベルの生活水準になっていることが多く、引退後に生活水準を落とせないということがあるのです。

そうして高い収入を得るためにキャバクラや風俗で働いたり、AV女優に復帰をするという女性もいます。

現役AV女優で高い収入を得ているときに、生活水準を上げ過ぎずに貯蓄に回して金銭感覚を保つことが理想的な対処法ですが、やはり実際にそれを行うのが難しいという現実もあります。

 

6.過去の出演作品のリスク

これは引退後にかかってくるリスクです。

AV女優を引退して一般の生活に戻った際にも過去にAV作品に出演していたということがリスクとして残る場合があります。

それほど知名度が高くなかった女優ほどこのリスクは低くなりますが、ある程度の知名度があった単体女優などの場合は作品数も多く、引退後もその作品が残ってしまうために活動が縛られるということがあります。

ただしこれは元AV女優の森下くるみのように過去の出演作品の販売停止や配信停止を要求することで防ぐことができるという対応も可能です。

とはいえ、個人がDVDなど当時購入して所持しているものまで処分することはできませんし、人々の記憶にも残っているために完全に過去の出演を無かったことにするということはできません。

そういった過去の出演作品に対するリスクというものはどうしても残ってしまうのです。

 

まとめ

AV女優にはどうしても顔バレ以外にもリスクがあります。

それらの中にはある程度対策を取れるということもありますので、まずはどういったリスクがあるのかということを正しく知ることが重要です。

そして自分が不安に思っていることを所属するプロダクションに相談し、プロダクションにも協力してもらうことでそのリスクを減らしていきましょう

WISHでも所属している女優のリスクについては全力で減らしていく努力を行っています。