Wish Promotion

AV業界ブログ

パパ活とAV女優活動は何が違うの?女性の稼ぎ方は多様になる時代

2010年代に入って「パパ活」という言葉が広がってきました。

耳にすることは増えてきたこの言葉ですが、「援助交際」との違いや実際に何をするのかはよく知らないという人が多いのも事実です。

では、そのパパ活とAV女優として活動するのではどう違うのでしょうか。

ここではその違い、女性の稼ぎ方について紹介していきたいと思います。

 

1.パパ活とはどういったもの?

実は単純にパパ活といっても明確な定義があるわけではありません。

最初にパパ活という言葉が発生したときには、

「肉体関係は持たないで年配の男性が若い女性とデートをして、お小遣いをわたす」という意味で使われていました。

つまり「セックスをしないで簡単に稼げる」ということから若い女性の中で非常に流行っていったのです。

しかし実際には肉体関係を持つ人たちがいるのも事実ですし、年配の男性といっても年齢の幅はかなり大きくなっています。

そのため少しずつ意味合いは曖昧になってきており、現在は「男性と女性の利害が一致していること」といった程度の定義しかありません。

 

シンプルな目的としては男性側は、

・若い女性とデートしたい

というもので、女性側は、

・お金が欲しい

というものです。

こうして利害が一致して関係が成立します。

 

また、パパ活を行っている男性は「金銭的に余裕がある人」「社会的身分が高い人」が多くなっています。

そのため、そういった男性と会話をしたり、高級料理店に連れていってもらうということを目的としている女性もいます。

 

2.パパ活と援助交際の違いは?

パパ活と援助交際では似ている部分と違っている部分があります。

援助交際とは「体の関係」を前提としており、その行為に対して金銭のやり取りが発生します。

その流れもシンプルで、事前にSNSなどで出会う場所、金額などについてやりとりを行って、双方が納得すれば実際に出会います。

実際に出会ったらウロウロすることはなく、基本的にはホテルに直行します。

そしてセックスをして男性が女性に金銭を支払うということになります。

金額の相場も地域や女性の年齢層などでだいたい決まっており、とんでもない金額になることはほとんどありません。

単純明快なシステムとなっているのですが、これは実際には「違法行為」となります。

性行為を目的として金銭のやり取りを行うことが「売春行為」に当たるためです。

もちろん、未成年の女性が相手の場合はさらに罪が重くなることになります。

 

それに対してパパ活は原則としては体の関係はありません。

その場合は「お茶をする」「食事をする」「カラオケなどに行く」というデートを行うことになります。

1回のお茶で数千円~1万円程度支払われるということもあって、お茶しただけで1日普通のアルバイトをしたくらいの金額を稼げるということで人気になっています。

何度もその女性と合う場合は月に何度合うという条件で月単位で支払いが行われることもあります。

そしてこのパパ活の特徴として「金額のばらつきが激しい」ということがあります。

援助交際の場合は普通のサラリーマンなどが行うこともあって、だいたいの相場が決まってきますが、パパ活の場合は金銭的な余裕がある年配の男性が行っていることが多いため、金額の上限が上がりやすいのです。

単純にセックスがしたいだけであれば風俗に行ったり、援助交際をした方が早いし確実なため、パパ活を行っている人はそれだけゆとりがあることが多くなっています。

そのため、無理に体の関係を迫ってくることも少なく、女性としても安心できるというメリットがあります。

もちろん、体の関係がありませんので違法行為に当たることはありません。

 

中には肉体関係を含めたパパ活が行われることもあります。

この場合は当然金額も高くなっていきます。

ただ、援助交際と違うのは実際に会ってもいきなりホテルに直行したりせず、まずはお茶をしたり食事をしたりして、その後に流れとしてホテルに行くというようになります。

あくまでもデートの延長ということで違法行為として摘発される可能性は低くなるのですが、「肉体関係を含めていくらの金額」ということを明確にしている場合などは摘発される可能性があります。

パパ活であっても絶対に違法行為にならないということではないのです。

 

3.パパ活の流れとは

パパ活を行うもっとも主流となっているのがパパ活専用のサイトやアプリです。

パパ活をしたい男性と女性が利用するものになっているため探しやすいというメリットがあります。

とにかく利用しやすく、スムーズに話が進みやすいので利用する人が多くなっています。

そういったサイトを使わずに自分のツイッターなどでパパ活を行う女性もいます。

ハッシュタグなどで「パパ活」などのキーワードを使うことで検索されやすくしているのです。

 

昔からある方法としては会員制の交際クラブなどを利用するという方法もあります。

運営会社が運営を行っていて、身元がはっきりしている人が会員となっていることから安全性が非常に高いというメリットがあります。

 

実際に顔を合わせて相手を探したいという人には「パパ活パーティー」に参加するという方法もあります。

近年結婚相手を探す方法として「婚活パーティー」がさかんに行われていますが、それのパパ活版だと思えば良いでしょう。

実際に相手を見ることができるため、好みの相手を探しやすいというメリットがあります。

 

これらの方法を使って相手が決まれば、実際にデートをしてお金をもらうということになります。

ちなみにパパ活の場合はこのお金を「お手当」と呼んでいます。

1回だけということもありますし、お互いに相手を気に入れば関係が継続するということもあります。

 

4.パパ活とAV女優活動の違いとは

ここまでパパ活について紹介してきましたが、AV女優活動とは明確に違うということがわかります。

パパ活の場合は特定の男性を相手にデートを行い、金銭をもらうことになります。

女性によってはパパを複数持っている女性もおり、「月に10万円くれるパパが1人」という場合もあれば「月に1万円くれるパパを4~5人」という場合もあります。

基本的にはデートをすることで金銭を稼ぐことになりますので肉体関係はないこともあります。

当然相手の男性は一般の人です。

肉体関係があって金銭のやりとりが行われる場合には違法行為となる可能性もあります。

これはパパ活は個人で行う活動であって仕事ではないからです。

 

それに対してAV女優として活動をする際はプロの男優を相手にセックスをして、撮影されることでギャラが発生します。

プロダクションと契約を交わして仕事として行う行為ですので、当然合法的なものです。

特定の男性を相手にするということはなく、相手はプロの男優となります。

企画女優として仕事をしている場合は1本数万円~10万円ほどのギャラとなりますので、ある程度本数に出ればパパ活よりもはるかに収入的には大きくなります。

人気が出て単体女優、企画単体女優となっていけばギャラは1本30~100万円ほどにもなっていくでしょう。

パパ活との一番大きい違いは、AV女優としての活動はあくまでも「仕事」だということです。

合法的に行われている仕事という点が何より安心できるポイントです。

 

5.まとめ

時代とともに女性の稼ぎ方もさまざまな方法が出てきています。

ただしAV女優活動などと違って個人で行うパパ活や援助交際は違法行為となることも多く、すべてが合法的というわけではありません。

WISHのようなプロダクションに所属して仕事として行うものとは違っているのです。

どんどん働き方は多様化していきますが、それが本当に安全なものなのかは確認しておきましょう。