Wish Promotion

AV業界ブログ

現役看護師や現役保育士のAV女優が人気!その理由は

AV女優の中には本業として行っている女優だけでなく、他に本業を持っていて副業としてAV女優をしているという女性も多くいます。

その中でも、最近人気が高まっているのが「現役看護師」「現役保育士」といった職業のAV女優です。

WISHにもそういった職業の女性が数多く訪れています。

では、なぜ今そういった職業の女優が人気になっているのでしょうか、ここではその理由について

 

1.本業とのギャップがある職業が人気となっている

現在AV業界では毎年5000~6000人が新しくデビューしており、常時1万人ほどのAV女優がいるとされています。

それだけいるAV女優の中で安定して出演をしていける女優はそれほど多くはいません。

そのため、AV女優を本業として、そのギャラだけで生活をしていると言われるのは「単体女優」「企画単体女優」と呼ばれるトップクラスの女優だけで、他の女優は別の仕事を持っているとされています。

AV女優を本業としている女優の中には副業として風俗やキャバクラなどで働いている女性もいます。

この場合は「現役AV女優」という肩書を持って仕事ができるために仕事をしやすい、収入を得やすいというメリットがあります。

 

それとは別に本業があって、AV女優を副業としているという女性も多くいます。

中には専業主婦の女性もいますし、一般の仕事についているという女性もいます。

そういった女性の中で特に人気となっているのが「AVと本業とのギャップが大きい」職業です。

教師や看護師、保育士など真面目で堅そうな職業の女性がAVでみだらな姿を出すというギャップが人気となっているのです。

有名大学を卒業している女性や一流企業に勤めている女性、国家資格を持っている女性なども多数います。

それらの職業の中でも特に「看護師」や「保育士」はAVの世界との距離が遠いイメージがあり、普段の仕事の姿とのギャップも大きいことが人気の理由となっています。

 

2.本業への影響は

AV作品に出演する際にも色々な方法があります。

例えば顔出しNGとして出演していれば顔に目線やモザイク処理をすることで誰かわからないようにするということも可能です。

この場合は本業への影響はほぼありません。

また、メーカー専属契約をしているような単体女優や、数多くの作品に主演クラスで出演している企画単体女優であれば、どうしても広く知られることになりますが、1本数万円のギャラで出演している企画女優の場合であれば、それほど目立って出演するわけではありませんので本人だと知られる可能性は低くなります。

どうしても本人だと知られるとまずい、本業に影響があってしまうという人はこういった出演の仕方が良いでしょう。

中には自営業や飲食店、接客業などを行っている女性もおり、こういった女性は逆にAV女優であるということが客集めにつながることもあり、メリットとして受け取られることもあります。

「あの人に会える」という意識がその理由ですが、風俗やキャバクラなどと違って気軽に行くことができるということが関係しています。

 

ただし、教師や保育士、看護師などの職業の場合は、あまり知名度が高くなると本業の関係者に知られる可能性も高くなりますので注意が必要です。

テレビ局のアナウンサーや教師といった仕事についた女性が過去にAV作品に出演していたことが知られて本業を辞めないといけなくなったということもあります。

どうしても知られたくないという人は目立ち過ぎないようにしないといけないかもしれません。

 

3.どうして本業を持っている女性がAVに出演するのか

では看護師や保育士といった本業を持っている女性がなぜAVに出演しているのでしょうか。

大きく分けると2つの理由が考えられます。

まず1つ目は「ストレス、好奇心、性欲」といった理由です。

看護師や保育士、教師などは非常にストレスが大きい仕事です。

普段の職場でのストレスを解消する手段としてAVに参加するという女性もいるのです。

また、こういった職業の女性は学生時代からずっと真面目に勉強をしてきたという女性も多くいます。

そうした女性が好奇心としてAVに興味を持ち、実際に出演してみるということもあります。

その際、「普段の自分とは違う姿」を出せるというメリットもあります。

普段は濃い化粧をすることができずに着飾ることなく仕事をしています。

しかしAV作品に出演する際にはプロのメイクさんに化粧をしてもらって出演をします。

こうして普段とは違う姿を出せるということにメリットを感じる女性も多くいるのです。

そして「性欲の解消」です。

看護師や保育士は激務でもあり、プライベートの時間が思うようにとれないということがあります。

そのため出会いの機会も少なく、彼氏を作る暇もないという女性がいます。

そうした女性が性欲を解消するのにAVの出演をするということもあるのです。

 

2つ目の理由は「お金」です。

看護師や保育士は非常に過酷な仕事内容であるにも関わらず、20代のうちなどはかなり給料は低く設定されていることがあります。

長時間働いているのに給料が安い、これだけではやっていけないという女性が思いのほか多くいるようです。

かなりしんどい仕事なのに給料が安い、特に地方から都心に出てきて一人暮らしをしているような女性は足りない分、単純にお金が必要となります。

しかし、看護師や保育士は労働時間が長く、不規則な時間ということもあって思うように一般のアルバイトをすることもできません。

そんな時、短時間でまとまったお金を稼ぐことができるAVという仕事は非常に魅力的に見えるのです。

そうして本業をメインにおきながらもアルバイトとしてAV女優を行うという女性が増えています。

中には「AVは割りの良いアルバイト」と割り切っている女性もいます。

 

4.実際に人気のAV女優で看護師だった女優は?

もともと看護師をしていてAV女優になり、人気女優となった例としては「N・Hさん」がいます。

大学病院で看護師として働いていながらAV作品に出演をしていた彼女は人気に火がつき、ついに看護師を辞めてAV女優を本業としました。

看護師の資格と経験があることからナースものの作品に出演することが多く、リアリティ溢れる演技が評判となりました。

やはり実際の経験がない女性が看護師や保育士を演じるのとは違って、その職業の経験がある女性が行うと違った演技になるようです。

 

最近では制服ものや職業ものなどが細かくジャンル分けされており、その中でも職業ものなどは人気のジャンルとなっています。

看護師や保育士、教師など実際にはなかなかそういったプレイをしない職業の女性が出演することで、さらにエロチシズムを高めているのかもしれません。

ちなみに羽月希は単純に看護師というだけでなく、中出しやアナルセックスなどのハードなプレイもこなす女優であったことが人気を高めた理由にもなっています。

こういったプレイも看護師が行うというところにさらなる付加価値がついているのだと言えます。

 

 

5.まとめ

最近では本業を別に持っていて、副業としてAVに出演するという女性も増えてきています。

その中でも、本業の職業をAVに活かすことで人気となる女優も出てきています。

人気ジャンルである職業ものの中でもAVとのギャップが大きい看護師や保育士といった職業は特に人気となっている傾向はさらに高まっていくでしょう。

WISHでもそういった女性たちを全力でバックアップしていきます。