Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優に演技力は必要?AV女優の演技とは

AV女優は「女優」である限り、演技力が必要かと思われるかもしれません。

WISHでもそういった質問を聞くことがあります。

では実際にAV女優に演技力は必要なのでしょうか?

ここではAV女優の演技について紹介していきたいと思います。

 

1.AV女優に演技力は必要か

まず結論から言えば「絶対に必要というわけではない」ということになります。

というか、演技がそこまでできるAV女優は少ないということになります。

舞台女優やドラマの女優などは演劇の練習をしてきています。

小さいころから劇団に入っていたという女優も多くいるほどです。

しかしAV女優は小さいころから演劇の練習をしている人は少なく、そもそも演技の練習を長時間にわたってするということもありません。

そのため演技力がそれほどないという女優の方が多いのです。

 

もちろん演技ができた方が良いのですが、台本で演技部分がそれほどないようにしたり、編集でうまくつなげたりすることでカバーできる部分があるのです。

監督、脚本、編集がうまく機能すれば女優の演技力がなくてもカバーできるということになります。

これは視聴者がそれほど演技部分を重要視していないということも関係しています。

AV作品を見ている人の多くはセックスシーンが重要なのであって、ドラマパートはそれほど重要視していません。

中には早送りやスキップで飛ばしてしまうという人も多くいます。

こういったことも関係していると言えるでしょう。

 

その分、重要になるのがセックスシーンです。

ここで視聴者に強い印象、興奮を与えることができるのであれば問題はないのです。

逆に言えば、セックスシーンでのインパクトが弱い、見ていて面白くないと判断されるとAV女優としては大きな打撃になるということになります。

 

2.演技力は無くても良いが、あった方がかなり良い

演技力がなくてもAV女優としては仕事をしていくことはできると説明してきました。

ただ、最近のAV作品はただただセックスシーンがあるというものは少なく、ドラマ仕立てになっているものが多くなっています。

この部分であまりにも演技が下手すぎる、セリフを覚えられない、不自然な会話になるというようになってしまうと当然良くはありません。

編集をするにしても限度がありますし、見ている人もあまりの下手な演技に冷めてしまうこともあります。

何度も撮影を取り直すとそれだけ手間と時間とお金がかかることにもなってしまうので、メーカー側からしても使いにくい女優と判断されてしまうかもしれません。

 

しかし全体的には演技力が低い女優が多いというのも事実です。

ということは演技力が高ければそれだけ目立つということにもなります。

演技力が高ければドラマパートも見やすくなりますし、監督は自分の指示通りに演技してくれるので撮影もしやすくなります。

撮影現場の人が使いやすいと感じていれば、それだけ仕事をする機会が増えることにもつながります。

仕事をする機会が増えれば、それだけファンが増えることにもつながりますし、ギャラのアップにもつながっていくでしょう。

逆に演技力がなさすぎる、台本や監督の指示通りに演じることができない女優はどうしてもメーカーや監督が使いにくいということになり、仕事のオファーを出しにくくなってしまうのです。

そう考えると演技ができた方がやはり有利になるのは間違いないと言えます。

 

 

3.演技力に定評のある女優は

近年、単体女優や企画単体女優の中でもさらにトップクラスと呼ばれる女優の多くは演技力があると言われています。

やはり大きな人気を得るためには、「顔が綺麗、かわいい」「スタイルが抜群」「プレイ内容が魅力的」という飛びぬけたもののほかに演技力も必要であるということがわかります。

それだけ見ている人を引き込む力があることの証明なのかもしれません。

 

ではある程度早い段階から人気となった女優ではなく、演技力でランクを上げていった女優はいるのでしょうか。

もちろん、そういった女優もおり、その中でも特に有名なのは「有村千佳」だと言えるでしょう。

有村千佳は2010年に企画女優としてデビューをしました。

一般的に企画女優では素人役で出演したりするため、女優名が出ることはほとんどありません。

しかしそのまま彼女は女子校生役、人妻役、清掃員役などさまざまな年齢層、職業の幅を演じ分けていきます。

どういった役を演じてもその役を演じ切る演技力が評価され、次第に現場からの評価も高まっていき、2011年には企画単体女優として本格的に活躍をしていきます。

このころは特に人妻役が多く、その妖艶な演技が大人気となりました。

ただ、その時期になってもまだ女子校生役などの企画作品に変わらず出演しており、その演技の幅はさらに広がっていきます。

2012年にはさらにいやらしいお姉さん役、痴女役などの役を演じたり、ドMの役やコスプレなどの作品にも出演し、知名度を上げていきます。

 

ただ、まだこのころはトップクラスの単体女優と比べるとまだまだ広くは知られていない存在でした。

その名前を一気に上げたのは2014年の「龍が如く」という人気ゲームの出演をかけた投票です。

彼女は多くの人気女優を抑えて1位となったのです。

企画女優からスタートして地道に作品に出ていた彼女がここまで名前を上げたのは間違いなく、その高い演技力だと言えます。

演技力があれば、企画女優からでもトップクラスの人気女優になれるということを証明した例だと言えます。

彼女は人気絶頂のまま2015年に引退しますが、その名前は多くの人の記憶に残っています。

活動期間は4年ほどですが、300を超える作品に出演し、さまざまな役柄を高いレベルで演じきった彼女の演技力は誰もが認めるものだったのです。

 

4.演技力が将来的にも役に立つかも

演技力が高い女優はAV女優という仕事をしている最中でも、引退した後にでも役に立つという可能性があります。

近年、AV女優はテレビ番組やイベントなどに出演する機会が増えてきています。

そこでミニコント、ミニドラマを演じることもありますし、MCとのやりとりをすることもあります。

こういった時に演技力が高いとなんでもうまくこなせることが多いのです。

 

また、AV女優という仕事を引退した後にも影響してきます。

AV女優を引退してからタレントやドラマ女優、舞台女優などに転身する人も多くなってきていますが、そもそもの演技力がなければこういった仕事に就くことはできません。

AV女優から芸能界へと活躍の場を移そうとしている人にとっては演技力は絶対に欠かせないものだと言えます。

 

これは水商売や風俗に勤務するという場合も同様です。

そういった場ではその時のお客に合わせて、求められる女性像を演じ切るということが良い接客につながる場合があります。

自分の素を出すことで喜ばれる場合もありますが、それが多くのお客に受け入れられるとは限りません。

やはりさまざまな対応を演じきれる方が仕事の幅も広がるでしょう。

 

まとめ

AV女優にとって演技力は必要かどうかということについて紹介してきました。

演技力が絶対になければ仕事ができないというわけではなく、演技力がなくても人気となっているAV女優は実際にもいます。

しかし、やはり演技力がある方が演じきれる役の幅が広がりますし、撮影現場でもスムーズに撮影を進めていくことができます。

そのため、「絶対に必要なわけではないが、あった方が有利になる」というのが答えとなるでしょうか。