Wish Promotion

AV業界ブログ

コロナ不況でAV女優になる人が増えた?どんな人がAV女優になってるの

2020年世界中を襲った新型コロナウイルスですが、このことによって風俗やAV業界にも変化が起こりました。

有名芸人が「コロナによって今までよりも美人が経済的に困って風俗店で働くようになる」と発言して大炎上しましたが、これは果たして本当なのでしょうか。

ここではコロナ不況でAV女優になる人は本当に増えたのかどうか、どういった人がAV女優になっているのかについて紹介していきたいと思います。

 

1.風俗店はかなりのダメージであった

まず先ほどの有名芸人の発言に関してですが、半分は正解で半分は外れているということになります。

このコロナによって3~5月の間、外出自粛や飲食店や接客サービス店に対しての休業要請が出されることになりました。

このことによって「箱もの」と呼ばれる店舗型のキャバクラや風俗は壊滅的なダメージを受けることになりました。

休業する店も多く出ましたし、開店していても訪れるお客は極端に減ったのです。

 

デリバリー系の風俗が少しマシという程度でしたが、こちらもかなりの減少となったのは間違いありません。

濃厚接触自体を避けたいという考えも増えましたし、学校の休業、会社のテレワークなどによって家族がみんな家に居るという状態になったため、家庭持ちの男性は風俗を利用することができなくなったのです。

もしこんな状態の時に風俗を利用していて、コロナになったりすれば命の危険と同時に社会的な立場が危うくなります。

病気にならなくても誰かに見られるだけで終わってしまうでしょう。

 

そのため、普通にOLをしていたような女性が経済的に苦しくなったというのは事実で、その中には風俗でアルバイトをしようとした女性も居たかもしれませんが、しようとしても需要がないという時期であったのです。

 

 

2.AV業界への影響は

ではAV業界に対してはどういった影響があったのでしょうか。

4月あたりの雑誌には「3月、4月にAV業界に多くの女性の応募があった」と掲載しているものも多くありました。

これを見ると、AV業界には多くの女性が参加しようとしているように思うかもしれません。

ただ、実はこれは「例年通り」なのです。

もともと3月や4月は進学によって上京したり、就職や転職なども多い時期なので応募が増える時期なのです。

そのため、他の時期と比べて3月や4月はもともと応募が多いため、それがコロナの影響かどうかということはわからないのです。

実際に自粛や休業が続く5月にはすでに応募は落ち着いてきているとされています。

そしてその応募に対するプロダクションの反応はさまざまです。

 

3.AV業界はコロナ禍のあいだどうしているのか

風俗店などが休業していく中で、AV業界ではどういった影響があったのでしょうか。

AVの撮影に関しては当然ですが、激しく濃厚接触をすることになります。

撮影を屋内でしている場合は男優と女優以外にも監督、助監督、カメラマン、音声、メイク、スタイリストなどが撮影に参加することになります。

そのため、この期間はAVの撮影自体もほぼ行うことができないという状態になったのです。

ただ、3月くらいまではまだ撮影は行われていたため、4月以降に発売されているAV作品はこれに当たると考えて良いでしょう。

 

では、AVの売り上げに関してはどうでしょうか。

風俗店に行くことができない、利用することができないと考えるとAVの利用が増えそうなイメージがあります。

しかし実際には売り上げは減少しています。

まずDVDはネットで購入することもできますが、実際には店頭販売が多くなっています。

この期間は店を訪れて購入するということ自体が減少したため、DVDが売れないという状態になっているのです。

店頭販売をメインにしていたメーカーなどはかなり苦戦をしています。

 

ではインターネットでの配信用の作品はどうかということですが、実際には外出自粛、テレワークの増加、学校の休業ということもあって家族がみんな家に居るという状態になっていた時期です。

一人暮らしの男性であればそれほど影響はなかったかもしれませんが、家族がいる男性にとってはAVの購入もできにくい時期であったのです。

ただ、店頭販売のDVDよりは売り上げの減少幅は小さく、一定数の売り上げは確保されています

 

 

4.AV女優はコロナ禍のあいだどうしているのか

では撮影を行うことができないAV女優はこの期間どうしていたのでしょうか。

実際に濃厚接触になる撮影を行うわけにはいかないため、この期間は作品の撮影は行われていません。

外出自体もほとんどできない時期だったために、多くの女優は自宅待機していたようです。

ただ、そのまま何もしていなかったわけではありません。

 

ファンを維持するため、また、この時期でも新しいファンを獲得するために行動していた女優も多く居ます。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSの投稿、動画の生配信、ブログの更新などによってファンとの交流を行っていました。

中にはこの時期にそういった活動を通して新たなファンを多く獲得した女優もいます

 

 

5.どんな人がAV女優になっているのか

ではどういった人がAV女優になっているのでしょうか。

これはこれからのコロナの動きによっても大きく影響される部分でもあります。

実際に6月あたりに一度落ち着いたコロナですが、人々が日常生活に戻ったことが影響してか、7月には再び爆発的にコロナ患者が増えています。

外出自粛にすればコロナ患者は減らせるかもしれませんが、それだけ経済は疲弊していきます。

倒産や失業も増えることになります。

かといって解禁してしまうとこのように第二波、第三波が襲ってくることになります。

コロナ患者が急増してくると、やはり飲食店や風俗店などは真っ先に休業の対象となりますし、ならなかったとしても訪れるお客は減ることになります。

これはワクチンが開発されて、一般に広く普及するようにならなければ止めることはできない波だと言えます。

 

そのため、こういった仕事に就いている人ほど経済的に困窮することになります。

政府が当初、休業補償の対象から「接待を伴う飲食業」や「風俗業」を除外していたことからもわかるように、こういった業界には支援が届きにくいという実状もあります。

一般の飲食業に努めている女性や、コロナ不況によって収入が大きく減った女性などがAV業界に参入してくる可能性があります。

ただし、主婦についてはコロナが流行している間は夫や子どもが家庭に居ることが多くなるため、長時間の外出はしにくい、という理由からあまり増えることはないと予想されています。

一人暮らしのOLやフリーターの女性などに多くなると考えられます。

 

また、風俗店で勤務をしている女性はコロナがひどくなると再び店が営業できなくなる可能性が高くなっています。

そうなるとAV業界に参加する可能性は高くなっています。

AV業界はもともと衛生面や性病の検査などに厳しい世界です。

条件を満たしていれば撮影も可能ということもあります。

みんなが家に居て風俗に行けないという状態になれば、ネット配信でのAV作品はやはり一定数の需要が見込めるという期待もあります。

そのため、風俗嬢がAV女優に転身するということは十分に考えられる展開だと言えるのです。

 

 

まとめ

コロナ不況によって風俗業界やAV業界も大きな影響を受けています。

その中で、AV女優を目指すという女性がいることは間違いありません。

もしそういった考えをお持ちであれば、ぜひWISHを訪れていただければ幸いです。