Wish Promotion

AV業界ブログ

人妻AVで家族にバレるとこうなる!?バレないようにするには

AV女優という仕事をしている女性の中には「誰にバレても問題ない」という女優と「周囲の人にバレたくはない」という女優がいます。

特に人妻でAV女優という仕事をしている女優はバレると絶対にマズイということもあります。

WISHでもそういった相談を受けることがあります。

そこでここでは人妻AV女優が家族にバレてしまうと考えられる展開や、バレないようにするにはどうすれば良いかという方法を紹介していきたいと思います。

 

1.人妻AV女優が家族にバレた場合に考えられる展開

AVのジャンルに「人妻」のジャンルがありますが、そこに出演しているのが本当に人妻だという場合があります。

こうした場合、演技や設定がよりリアルなものになり、人気もでやすいということがあるのですが、人妻がなぜAV作品に出演しているのでしょうか。

 

もちろんその理由は人によってさまざまです。

・夫が低収入、もしくはリストラなどで職を失ったことによる経済的事情

・AV業界というものに対しての興味や関心

・欲求不満を解消するため

など数えていけば限りはありません。

 

ではそうして家族や周囲の人に隠してAVの仕事をしていた場合、バレたらどうなるのでしょうか。

ここでは過去の実例からいくつか紹介していきたいと思います。

 

「離婚する」

夫が自分の妻がAVに出演していたということをどうしても許せない場合は離婚することになります。

男性の中には、自分の妻が他の男性(この場合はプロの男優)とセックスをしていることが許せない、自分の妻が出演している作品が世の中に出回っていることが許せない、自分に内緒でそういった仕事をしていた妻が許せない、という男性はいます。

その思いが強ければ強いほど、どうしても許せないということになり、離婚に至ってしまうというケースが多いのです。

 

「夫が認めて仕事を続行する」

男性の中には、妻がAVに出演していたことを知ってもそれを認めて夫婦関係が続行するということもあります。

この場合は男性が寛容である、男性が低収入など負い目がある、男性も浮気をしていた、などが理由となって妻の仕事を認めるというケースです。

 

「夫の仕事に影響してしまう」

夫婦関係を続ける、続けないという話とは別に夫の仕事に影響を及ぼしてしまう場合があります。

夫よりも先に夫の職場の人間が気付いてしまった場合などに多く起こるもので、夫は職場で非常に気まずい思いをすることになります。

夫の職業によっては仕事を続けていくこと自体が不可能になってしまう可能性があります

夫婦関係を続けていくつもりで、夫が収入面の大黒柱であった場合などには大変なことになってしまうかもしれません。

 

 

2.人妻AV女優がバレる確率とは

では人妻AV女優がバレないようにするにはどうすればよいでしょうか。

そもそもAV女優であることをバレることを心配する人妻AV女優がは多く居るのですが、実際にバレる確率とはどれくらいなのでしょうか。

 

現在AV業界には1万人ほどのAV女優がいると言われており、毎年5000人近くの女優がデビューをしています。

それぞれのメーカーが毎月新作をリリースしており、その数は2000~3000本とも言われています。

そのうち、AV女優の名前がタイトルについて主演をつとめるような「単体女優」「企画単体女優」と呼ばれる女優は全体の1~2割程度となっており、その他は「企画女優」と呼ばれる女優となります。

 

企画女優は複数名で一本の作品に出演したり、単体女優や企画単体女優と一緒に出演したりすることが多くなっています。

そのため、女優名がはっきりと目立つことはあまりなく、作品中でも中心となって出演するわけではありません。

そうなると出演してもはっきりとその人だと断定もしにくくなるため、バレる確率は非常に低いものとなります。

 

毎月数千本も新作がリリースされている中でのことですので、実際に見つけて断定するのは至難の業ということになり、実際にバレる確率は1~2%程度と言われています

そう考えれば、自分から公表したり、ランクが上がって単体女優になって主演をつとめるようになったりしない限りはなかなかバレるものではないと言えるでしょう。

 

3.バレてしまう理由とその対策とは

ではバレてしまうのにはどういった理由があるのでしょうか。

まずそのバレてしまう理由をはっきりさせてそれに対して対策を正しくとっていれば、バレる確率はさらに下がるということになります。

バレる理由は大きく分けると「自己起因型」と呼ばれる自分に原因があるものと「他者起因型」というその他の原因が考えられます。

 

3-1.自己起因型

これは自分の行動や発言などで周囲にバレてしまうというものです。

具体的な例としては、

・スケジュール帳やスマホを放置していて他人に見られた

・高額な給料が入り、財布や通帳などが他人に見られた

・金遣いが急に荒くなった

・撮影に関する台本や指示書などを持っているのが見つかった

・マネージャーなどのスタッフと行動しているのを見られた

・マネージャーからの電話、メール、LINEなどが見つかった

・行動が不自然なものが多くなった

・「内緒だよ」と何人かに話した

・パソコンやスマホなどで自分に関する情報を検索していてバレた

といったものがあります。

これらはほとんどが不注意や油断が絡んでいるものです。

家族や周囲にバレると困るという人であれば、こういった行動には特に注意をしてバレないようにするということを心掛けなくてはいけません。

 

3-2.他者起因型

こちらは自分に原因というよりも他人が主導で発見されたというものです。

・知っている人が出演しているAV作品を見た

・インターネットに掲載されている情報などが発見された

・雑誌に掲載されているものが発見された

・知り合いがAV女優になろうとしてプロダクションや撮影所で出会った

などがあります。

かなり偶然が絡むものが多いのですが、他者に発見されるものがこちらに当たります。

 

 

4.どういった人妻がバレやすいのか

では実際にどういった人がバレやすいのでしょうか。

実はバレている人には似た傾向があることがわかっています。

まず、ちゃんとアリバイ工作ができない人です。

人妻の場合は夫の職業や子どもの年齢などによって自由になる時間が違っています。

この自由になる時間に撮影に行ったりするわけですが、その間のことを誰かに聞かれたときにうまく答えることができず、しどろもどろになってすぐに白状してしまうということがあります。

確実にアリバイ工作を行う、聞かれてもはっきりと答えるということを徹底する必要があります。

 

 

5.自分の作品の宣伝などにも制限をかけることができる

AV女優として出演した作品の宣伝はできるだけ大きな規模でなされた方が多くの人の目にとまりやすく、人気も出やすくなっています。

宣伝される媒体としては、

・インターネットのHPやサイトなどへの掲載

・地上波のテレビ

・BS/CS放送

・スポーツ新聞

・週刊誌、マンガ誌、風俗誌などの雑誌

といったものがあります。

 

プロダクションに所属する際には、こういった媒体にどれだけ露出するかということを決めていきます。

この程度によってバレる可能性も大きく変化していきます。

AV業界ではこの露出制限の範囲を「パブリシティ」と呼び、通称「パブ」と呼ばれています。

バレたくないという人はこのパブを強めにかけると良いかもしれません。

ただし、その分宣伝効果が下がってしまうため人気は出にくくなるというデメリットもあります。

人妻がAVの仕事をする際に、どうしてもバレたくないのであれば、これは避けられない部分かもしれません。

 

 

まとめ

人妻がAV女優という仕事をしている場合は、周囲の人にバレたくないという人も多くいると思います。

そういった人はバレてしまう理由を知り、それに対して対処をしていくことでバレる可能性を下げるということができます。

どう対処すれば良いのかわからないという人は所属するプロダクションに相談してみましょう。

WISHでもそういった相談はいつでも受け付けています。