Wish Promotion

AV業界ブログ

VRのAVってどんなの?

近年のAV業界で劇的にその勢力図を塗り替えたのが「VR」です。

専用の機器を使うことで「リアルに目の前にいる」ようにAVを視聴することができるのがこのVRです。

すでにかなりのVR配信用の作品が作られており、これからさらに増加していくと考えられています。

そこでここでは話題のVRのAVについて紹介していきたいと思います。

 

1.VRのAVとは

AVを見ながら「もっとリアルな臨場感が欲しい」と思ったことがある男性は多いでしょう。

もちろん刺激的なAVを視聴するのは楽しいものですが、それが良い作品、良い女優であればあるほどもっと臨場感が欲しくなるものです。

そこで誕生したのが「AVのVR」です。

 

VR自体はこういったアダルト作品以外でも普及してきています。

専用のゴーグルをつけ、臨場感あふれる仮想空間を体験できるシステムです。

VRとは「バーチャルリアリティー」のことで、コンピューターによる三次元空間を意味しています。

これを使用してのゲームや映像はすでに広がりつつあり、体験したことがあるという人も増えてきています。

それの「アダルト版」だと考えれば良いでしょう。

リアルでエロティックなAV女優が臨場感たっぷりに使用者に迫ってくれるというものです。

 

 

2.VRのAVのすごさとは

提供と同時に大きな反響を呼び、VR専用の作品も急激に増加していることからもわかるようにこれにはまる男性は一気に増加しています。

では何がすごいのかについていくつか紹介していくと、

 

「自分が男優になった気分になる」

AV作品を見ていると、美人でスタイルの良い女優とセックスをしているのが「自分だったら」と考えたことがある男性は数多くいるでしょう。

VRはその願望をかなえてくれるものです。

もちろん自分が体験したいと思ってもAV男優になるということはできないという男性がほとんどでしょう。

その点、VRでは「自分視点」で楽しむことができます

自分が「胸を見たい」と思えばそちらに視点が、「お尻を見たい」と思えばそちらに視点を移すことができます。

自分の好きな部分、角度で女優を見ることができるのです。

この視点の違いというものがVRの利点なのです。

 

「女優の演技がさらにリアルに」

一般的にAVの作品では台本があって、監督の指示にしたがって台本通りに撮影が行われていきます。

それを第三者の視点から見るというものになるのですが、VRではざっくりとした台本はあるもののほとんどカットされることなく撮影が行われています。

当然女優の個性やアドリブも出やすくなっており、現実のような感覚を覚えることができるのです。

 

「気軽に楽しめる」

自宅で楽しむこともできるVRですが、自宅では少しハードルが高い場合もあります。

それについては後で述べますが、最近ではVR対応のビデオ試写室も増えているので、そういったところを利用するというのも良いでしょう。

場所や地域によっても値段は違っていますがたいてい1時間1000~1500円ほどで利用することができます。

風俗店で同じ時間利用すると1~2万円かかることを考えれば破格の安さだと言えます。

まして初めて行く風俗店などではそれだけのお金を払っても「ハズレ」と感じてしまうようなことすらあります。

VRのAVに出ている女優は自分が選んだAV女優ですのでハズレるということもあり得ません。

 

3.VRのAVを利用するのに必要なもの

まずはVR専用のゴーグルです。

これを使うことで頭に固定することができ、高画質でVRを楽しむことができるようになります。

そしてその利点の一つに「両手がフリーになる」ということがあります。

片手にスマホを持って不自由に、ということがありません。

パソコンやDVDプレイヤーなどの大型機器が必要ないというのも大きなメリットだと言えます。

 

ただVR専用のゴーグルはかなり高価であるということがあります。

2~3万円するものも多く、いきなりそれだけは出せないということがあるかもしれません。

そういった場合は1000~3000円程度で販売している簡易ゴーグルを利用するのも良いでしょう。

これにスマホをセットすることでVRを気軽に楽しむことができます。

 

そこまで用意できれば次は「VRアプリ」をダウンロードしていきます。

FANZAのような大手アダルトサイトによってVRを利用するためのアプリは異なっています。

事前に確認しておくと良いでしょう。

このアプリだけであれば無料でダウンロードできるというものも多くなっています。

 

 

4.VRのAVを利用する際のデメリットとは

メリットばかりを述べてきましたがVRのAVにもデメリット、もしくは注意点というものはあります。

ここではそれらについて述べていきます。

 

4-1.周囲に気づけない

AVのVRを自宅などで利用していた男性に要注意なのがこれです。

ゴーグルを着用して視界が奪われ、イヤホンによって聴覚が奪われている状態で利用することになります。

そのため、近くに人が居ても気づけないという弱点があるのです。

一人暮らしの人やビデオ試写室などで利用している人であれば問題ないかもしれませんが、家族と同居している人が利用する場合は細心の注意が必要となります。

最悪の場合、あられもない姿で楽しんでいるところを家族に見られてしまうという事態に陥ります、

 

4-2.VR酔いになることがある

これは体はその場から動いていないにも関わらず、VRの中では視界がどんどん変わっていくという状況になるため人によっては「酔ってしまう」ということがあります。

もちろん個人差はかなりあるものですが、もし利用していて酔った、気分が悪くなったという場合はすぐに休憩することをおすすめします。

また、すぐに気分が悪くならなくても長時間連続して使用していると酔うこともあるため、定期的に休憩をとるのが良いでしょう。

 

4-3.想像以上にはまってしまう

これはデメリットではないかもしれませんが、今まで利用したことがない人がVRのAVを利用した場合、想像以上にはまってしまうということがあります。

普通のAVに満足できないようになってしまうだけでなく、リアルな女性に対しても「必要ない」と考えるようになってしまう男性もいます。

ご利用はほどほどにした方が良いのかもしれません。

 

 

5.VRを利用できるサイト

「ADULT Festa VR」

こちらは初めてアダルトVRを販売したサイトです。

それだけ歴史があるだけにVR作品の数も多く、サンプルも充実しています。

また、このサイト独自のコンテンツとして「超高画質の匠シリーズ」があります。

これは画質にとことんこだわったもので、まさにリアルな臨場感にこだわったものとなっています。

VRを利用するのであれば、まずこのサイトから利用するのが良いでしょう。

 

「MPO」

こちらは比較的最近VR市場に参入してきたサイトです。

そのためまだまだ作品数は少ないのですが、ジャンル分けが使いやすく、登録するだけで動画が1本無料で利用できるというサービスもあるので、ぜひ利用をおすすめしたいサイトとなっています。

利用者も急増しているということもあって、サービスも充実しているという特徴があります。

 

「AVVR」

2017年に大規模なリニューアルを行ったことで一気に使いやすいサイトになったと評判のサイトです。

無料登録をすれば見ることができるサンプルも充実しており、このサイトオリジナルのVR動画も多く揃っているため、満足度が非常に高いという特徴があります。

それぞれの作品にはサンプルがついているので購入前にどういった作品かを確認できるという強みもあります。

 

 

まとめ

VRはAVに大きな革命を起こしました。

これからさらにVRの作品が増えていくことが予想されているということもあり、こちらに力を入れるメーカー、プロダクション、女優が増えていくことが考えられます。

VRに興味がある女性はぜひWISHに相談をしてください。