Wish Promotion

AV業界ブログ

企画AVからキャリアをスタートしてみる そのメリットとは

見ている方はそこまで意識していないかもしれませんが、AV女優には3つの分類があります。

それが「企画女優」「企画単体女優」「単体女優」と呼ばれるジャンルです。

どこから始まるかはその女優やプロダクションなどによって違うのですが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、それを知っておくことが重要となります。

もちろんWISHでもそのあたりは十分に説明をしてスタートしてもらうことになります。

ここでは、その中でも「企画AV」からキャリアをスタートさせていくことのメリットについて紹介していきたいと思います。

 

1.AV女優のランクとは?

AV女優には3つのランクがあり、それぞれで出演の仕方やギャラの額などが違ってきます。

まずもっともギャラ単価が高いのが「単体女優」です。

AV女優でありながらテレビのバラエティー番組に出演していたり、アイドルユニットを組んでイベントを行ったりしている高い知名度を誇る女優はほとんどがこのランクの女優たちです。

それだけの人気や知名度を誇っている女優たちですので、ギャラも1本50~100万円ほどが相場となっており、トップクラスの単体女優にもなれば200~300万円という女優もいます。

それだけに高収入が期待できるのは間違いないのですが、単体女優は基本的には特定のメーカーと専属契約を結んでAV作品の撮影を行うことになります。

そのため、その間は他のメーカーの作品に出演することができません。

そういった理由から1ヶ月に1~2本程度の撮影になることが多く、単価は高いものの本数に多く出演できるわけではないので、爆発的に稼ぐということは難しくなっています。

それでも単価の高さと知名度の高さは圧倒的で、テレビ業界などに参加していきたいというのであれば、単体女優になるのが近道だと言えます。

 

次に「企画単体女優」というランクがあります。

企画女優でもあるし単体女優でもあるような位置づけとなっており、ギャラも1本30~50万円程度と安定していることが多くなっています。

 

この企画単体女優には色々な理由でこのランクにいる女優が混じっています。

企画女優からステップアップしてきて単体女優を目指している女優もいますし、逆に単体女優からランクが下がってきたという女優もいます。

基本的にはここで人気がさらに上がれば単体女優になるということが可能なポジションだと言えます。

 

中には、単体女優になれる話があるものの、あえて断って企画単体女優をしているという女優もいます。

それはメーカーと専属契約を結ばずにフリーで仕事を受けられるということを活かして「本数」で稼ぐことが可能だからです。

1本あたりのギャラは単体女優よりも下ですが、出演する本数に制限がないため、単体女優よりも多くの作品に出演することが可能なのです。

そうして数多くの作品に出演すれば、それだけ高い収入を得ることができます。

 

そして「企画女優」です。

ここでは、デビューしたばかり、まだ女優名もついていない、目立ちたくないのでわざとしている、などさまざまな女優がここにいます。

ギャラは1本3~10万円ほどで、1つの作品に複数で出演するということが多くなっています。

「企画AV」という名前の通り、SFものやコント仕立てのもの、キャラものなどさまざまな作品があります。

普通に考えれば1本あたりのギャラも安いので、あまりメリットはないように思うかもしれませんが、実際にその特徴をうまく利用すればメリットもあるのが企画女優というポジションなのです。

 

2.企画AVからスタートしていくメリットとは

普通に考えればメリットはあまりなさそうな企画AVですが、実は女優の都合に

よってはここからスタートしていく方がメリットがある場合があります。

 

「顔出しNGなどでも仕事ができる」

AV女優という仕事をしてみたい、でも顔バレや身バレは避けたいということがあります。

しかし単体女優や企画単体女優はその作品の主役として出ることになりますので、顔を隠したりするということはできません。

また、雑誌媒体やインターネットなどでも広告、宣伝が行われるということもあって顔バレを防ぐということは困難です。

それに対して企画AVは複数の女優で作品を作るものです。

中には顔を隠したまま出演することができる作品もありますし、それほど目立って出演するわけではないので、もし怪しまれたとしても「似ているだけ」で通すことも可能です。

AVの仕事を副業として行う、一定期間だけ行うという人であれば企画AVの方が適しているとも言えます。

 

「将来的にも目立っていない方が良い場合も適している」

例えば大学生の間だけAV女優の仕事をして、卒業と同時に引退するつもりである。

一時的にアルバイト感覚で行うがすぐに辞めるつもりである。

といった際にも単体女優や企画単体女優として出演していると、知名度が高くなってしまう、パッケージなどに単体で大きく出てしまうために隠していくことが難しくなります。

AVの仕事をしていたことを将来的にあまり残したくないという場合も企画AVの方が良いこともあるのです。

 

「数多くの経験ができる」

単体女優になると1つの作品にずっと通して出演することになり、そこで演じる役もコロコロと途中で変わることはあまりありません。

また、出演本数に制限がかかるために1ヶ月に1~2本程度しか作品に出演できないことになります。

しかし企画女優は、その名前の通り、さまざまな企画のAVに出演します

コスプレや「時間を止める」ようなSFもの、素人ものなど無数のジャンルに参加することができるのです。

ここで数多くの企画AVに出演することで、とにかくAV女優として多くの経験を積むことができ、仕事の幅も広げることが可能となります。

そして色々なメーカーの作品に参加することで、人脈を作っていくことも可能です。

経験づくり、人脈づくりという点に関しては単体女優よりも企画女優の方がはるかに優れていると言えるのです。

 

「年齢、容姿などもとにかく受け皿が広い」

単体女優は「ルックスが良い」「スタイルが良い」「若くてかわいい」という女優が多いのが現状です。

そういった女優はテレビのバラエティー番組に出演していたり、イベントなども活発に行われています。

そのため、出演している作品も王道のものが多く、ストーリーもシンプルなものが多くなっています。

そして専属契約をしているために、自分が他に本業を持っていてそちらを優先するというわけにもいきません。

 

それに対して企画女優が出演する企画AVには「熟女もの」「コスプレもの」「素人もの」など多くのジャンルがあり、そこでは年齢や容姿も幅広く女優が必要とされます。

そのため、ある程度の年齢の主婦や、太っている、痩せているといった容姿の女優も需要があるということになるのです。

実際に熟女ものの作品には現実に主婦をしているという女性も多く出演しています。

ナンパものなどでは多くの女優を出演させなければいけませんし、爆乳や貧乳といったスタイルの女優も必要とされているのです。

 

 

3.まとめ

AV女優には単体女優、企画単体女優、企画女優といったランクがあります。

1本あたりの作品のギャラが大きく違ってくるので、普通に考えれば単体女優の方がメリットは大きいように思われています。

 

プロダクションによってはいきなり単体女優や企画単体女優などからデビューする場合もありますが、

実際には企画AVからキャリアをスタートさせた方がメリットが大きいということもあるのです。

もちろん女優の希望する働き方や目的にもよるので、一概には言えませんがWISHではそういった相談も受け付けています。

自分が望む働き方でAV女優という仕事をしてみましょう。