Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優としての演技力を鍛えるにはどうしたらいい?

AV女優は「女優」と名前がついている通りに「演じる」必要があります。

そのため演技力が必要とされているのは間違いありません。

では、その演技力を鍛えていくにはどうすれば良いでしょうか。

WISHでもそういった相談を受けることがあります。

そこでここではAV女優としての演技力を鍛えていく方法を紹介していきたいと思います。

 

1.演技力は絶対に必要というわけではない

AVの作品はそのすべてがセックスのシーンというわけではなく、作品を通して「ドラマ」のように作られていることがあります。

そういった作品に出演するにはセックス以外の部分でも作品中の役を「演じる」という必要が出てきます。

 

しかしAV作品を見ていると、このドラマパートでの演技が本当にひどい女優もいるのが現実です。

もともとAV女優になる女性が演劇などによって演技の練習をしているとは限りません。

特に普通の大学生や主婦がAVに出演することが多い最近ではそういった演技をカメラの前でできるということが難しいのかもしれません。

 

そのため、AVに出演するのに演技力が絶対に必要というわけではないということになります。

AVの撮影では台本があり、監督や助監督の指示に従って撮影が進んでいきます。

大きな問題なく撮影が進んでいき、撮影したデータを編集したりすることでちゃんとした作品にすることができるからです。

また、セックスシーンだけに興味がある視聴者はドラマの部分は早送りなどで飛ばしてしまうということもあるのでそこまで重視されていないということもあります。

 

 

2.必要ではないが演技力はあった方が有利である

演技力は絶対に必要というわけではなく、実際に演技力がある女優はそれほど多いわけではありません。

それは考えようによっては「演技力があれば目立つ」ということでもあります。

1万人ほどの数がいるというAV女優の中で目立っていこうとすると何か武器があった方が有利です。

ドラマパートで自然でリアリティーのある演技をしていると、撮影スタッフ、監督からしても良い印象が持たれることになります。

 

演技がスムーズに進めば、撮影もスムーズに進むことになりますので撮影する側からすると使いやすい女優ということになります。

現場のスタッフが使いやすい、また仕事をしたいということになれば、次の仕事のオファーにもつながっていきます。

仕事のオファーが多くなって、多くの作品に出演するようになるとそれだけ人気を集めて、ファンを増やすということにもつながってきます。

逆に演技が下手過ぎて撮影がスムーズに進まないと現場のスタッフが「もう仕事を一緒にしたくない」と思うようになります。

そうなると当然次の仕事のオファーは来ないことになりますので、AV女優の仕事が減ってしまうことになります。

そう考えるとやはり演技力は無いよりもあった方が良いということになるでしょう。

 

3.演技力が必要となるのはどういったシーンか

まず演技に関してですが、「セックスシーン」と「ドラマパート」の部分があります。

やはりAV作品ですので、視聴者にとって重要なのは「セックスシーン」ということになります。

 

ただ、ここであまり不自然に演技を意識しすぎるのはおすすめできません。

常に本気で感じるかどうかはわかりませんし、撮影現場には相手の男優や監督、カメラマンなど多くのスタッフがいることになります。

ここではセックスに集中できずに色々と考えてしまうこともあるかもしれません。

ここではあまり考えすぎずにプロの男優に流れを任せて、セックスに集中していく方が自然な演技となります。

 

特に技術面というよりは「カメラ映り」「カメラへの見せ方」の方が重要だと言われています。

やはりAV作品という特性上、もっとも重要になるのはセックスシーンであり、見ている人にどう見えているかを意識して撮影されることが重要です。

ある程度はカメラの方に女優の体が向くように男優が体位を調整してくれますが、細かい動作や視線などは女優側の工夫による部分が大きくなっています。

 

そしてドラマパートです。

ここは早送りやスキップなどで飛ばしてしまう視聴者もいますが、こういったところをじっくりと見る視聴者もいますので、適当に演じるわけにはいきません。

また、こういった部分の撮影でひどい演技をしていると撮影しなおしをしなければならなくなったりするために、余計に手間と時間がかかることになります。

特別上手ではなくても、ある程度スムーズに演じる程度の演技力は必要になってくると言えます。

 

4.演技力を鍛えるにはどうすればよいか

では演技力を鍛えるにはどうすれば良いでしょうか。

もちろん中には小さいころから演劇の指導などを受けてきたという女性もいるかもしれません。

そうした場合はドラマパートなどでの演技が基本的にできるはずなので、あとはセックスシーンでの演技に集中すれば良いでしょう。

 

演技の経験がないという女性は、「勉強」するのがもっとも確実な方法です。

単体女優や企画単体女優でトップクラスの人気を誇る女優たちはやはり演技力がある女優が多いのが現状です。

単純に上手いというだけでなく「目を引く」「夢中にさせる」という演技ができるのです。

本人たちの中には意識してやっている女性と自然にできているということがあるかもしれませんが、そういった演技を見て研究するのは非常に重要なことです。

自分の作品がすでにあるのであれば、人気女優の作品と見比べてみるのも良いでしょう。

どこが違うのか、どういった演技が目を引くのかという部分がはっきりするでしょう。

 

また、こうして見本にする際にはトップクラスの女優の作品を見るのが良いのですが、「演技力に定評のある女優」の作品を見るというのも非常に効果的です。

例えば「有村千佳」や「成瀬心美」などが良い例です。

どちらも企画女優として仕事をスタートさせており、その演技力で単体女優や企画単体女優として仕事をするまでになった女優です。

 

有村千佳は素人ナンパものの企画AVでデビューしており、このころは芸名もはっきりしていませんでした。

その後も女子校生役、OL役、人妻役など色々な役を演じることになりますが、その演技力が評判となってデビュー翌年には企画単体女優として仕事をするようになっています。

そのころには人妻役を演じて妖艶な色気を出すことが多かったのですが、ほぼ同時期に女子校生役、痴女役、コスプレや清掃員など何でもこなすことができるという業界でも評判の演技力となっていました。

活動期間は4~5年程度のものでしたが、その演技力は間違いないものと評価されています。

 

成瀬心美も企画女優として仕事をスタートさせています。

人気女優Rioに憧れてこの業界に入ったという彼女はロリ系、妹系の企画女優として仕事をしていたのですが、そのルックスと演技力がたちまち評判となり、すぐに企画単体女優として仕事をするようになっています。

AV女優でありながらアイドルユニットとして歌手活動をしたりもしており、その仕事の幅の広さがわかります。

引退後はAV業界の会社の広報部長として仕事をしており、そこでも活躍をしています。

こうした演技力が評判となっている女優の作品を見て研究するのが良いでしょう。

 

 

5.まとめ

AV女優として仕事をしていく上で「演技力」はあればあるほど有利なものです。

人気女優たちの作品と自分の作品を見比べることで、その違いを研究していくことができます。

演技力の向上について悩んでいることがあれば、所属しているプロダクションに相談するのも良いでしょう。

WISHでもそういった相談はいつでもお待ちしています。