Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優の求人はなぜ減らないのか、人気の理由

AV女優を希望する女性はますます増えており、求人もどんどん増えていると言われています。

昔はイメージがあまり良くなく、AV女優になりたいという女性はそれほどいませんでした。

ではどうしてこれほどAV女優を希望する女性が増加しているのでしょうか。

WISHにも数多くの女性がAV女優になることを希望して訪れています。

ここではAV女優を希望する女性が増えている理由について紹介していきたいと思います。

 

1.窓口が広がった

まず大きく昔と変化したのは応募窓口です。

昔はAV女優になるというのは特殊なルートを通ってなることが多くありました。

アンダーグラウンドなイメージが強いのもこの名残だと言えます。

そして街中でスカウトマンが声をかけるということもありました。

しかし現在、スカウトマンは大きく数を減らしており、アンダーグラウンドな力が働くこともなくなってきています。

 

その代わりに一般のテレビ番組にAV女優が出演していたり、AV女優たちのアイドルユニットがイベントを行ったりしていることで、AV女優に対する垣根は大きく下がっています。

それぞれのプロダクションでは透明化が進み、わかりやすいホームページが作成されています。

ここから簡単に応募することができるようになっており、以前ほど複雑な手順を踏まずにAV女優になることができるようになっているのです。

 

大学生がアルバイト感覚で、主婦が小遣い稼ぎにAVの仕事をすることができる世の中になっている現在では、「希望すれば簡単になれる」という状況になっているのです。

 

 

2.AV女優やAV作品が増加した

現在日本には1万人ほどのAV女優がおり、毎年5000人ほどが新しくデビューしていると言われています。

それだけのAV女優がいることで、AV作品も月に数百本、年間に1万本もリリースされているという状況です。

その多くは複数で1本の作品に出演する「企画もの」と呼ばれるAVとなっており、そこに出演してもそうそう顔バレ、身バレしないという状況になっているということもAV女優になるハードルが下がっている要因だと言えます。

中にはむしろ風俗で働く方が知り合いに会う可能性が高いという女性もいます。

風俗などで出会ってしまうと別人であるとごまかすのは非常に困難ですが、企画女優として仕事をしていても、「似ているだけ」とごまかすことができるのです。

こうしたこともAV女優が人気であることに関係していると言えます。

 

3.お金を稼ぐという目的のため

これは昔からあった理由ですが、「お金を稼ぐ」という目的のためにAV女優を希望する女性もいます。

大学生がアルバイト感覚で、主婦がパート感覚で仕事をするということもありますし、ある程度まとまったお金を貯めるまで、という理由で仕事をする女性もいます。

AV女優はみんなが同じギャラというわけではなく、ランクによって収入は変わってきます。

単体女優で1本50~100万円ほど(トップクラスで100~200万円のことも)

企画単体女優で1本30~50万円ほど

企画女優で1本3~10万円ほどと言われています。

 

このうち、単体女優はメーカーと専属契約を結んでいるために月の撮影本数が1~2本程度と決められています。

しかし企画単体女優や企画女優は仕事のオファーさえあれば、多くの本数に出演することが可能ですので、それだけ高収入を狙うことも可能なのです。

もちろん、すべてのAV女優が常に数多くの仕事があるわけではありませんが、月に数本出演することができれば、それなりの収入を得ることができるのです。

このようにお金を稼ぐという目的でAV女優を目指す女性も多くいるのです。

 

 

4.好奇心や欲求不満から

意外と多くいるのが「好奇心」という理由です。

特にお金に困っているわけではないものの、単調な仕事、平凡な生活に嫌気が指して刺激を求めるためにAV女優になりたいという女性もいます。

これは普通の大学生や主婦などに多く、特にAV女優として上を目指していきたいということはなく、「一度やってみたい」という好奇心によって出演を希望するというものです。

この中には、夫や彼氏は居るものの、セックスレスなどによって欲求不満になっている女性も含まれています。

こうした女性は家庭を壊すというつもりはなく、欲求不満を解消するためにAVへの出演を行うのです。

欲求不満が解消できて、お金ももらえるということで満足をしています。

 

また、セックスに対する好奇心というものもあります。

AVの撮影ではプロの男優がセックスの相手をします。

そのため技術もプロのものとなっており、日常とは違う快感を味わうことができるのです。

企画ものなどの作品では「コスプレ」「レイプ」「SM」のような日常ではできないようなことも行われることがあります。

こうしたことに興味はあるが、自分の夫や彼氏相手にはなかなかできないという女性がAVでそれらを試してみるということがあるのです。

 

 

5.普段の仕事からの現実逃避、ストレス解消

AV作品はジャンルに分けられることがあります。

それらの「教師、講師」「看護師」「キャビンアテンダント」などの仕事系のジャンルの中には、出演している女性が本当に現職のその仕事に就いているということがあります。

こうした「基本的に堅い仕事、真面目な仕事」とされている職業の女性が淫らに乱れることで、強いギャップが発生して人気となっています。

本職の役を演じているため、よりリアルで臨場感あふれる作品が出来上がっているのですが、これらの女性は本職の方で「疲れている」「ストレスを溜めている」ということが多くあります。

 

そうした女性が現実逃避のため、ストレス解消のためにAVに出演しているということがあるのです。

こうした女性もあくまで副業としてAVに出演していることがほとんどで、本職を辞めてAV女優専門でやっていこうという女性はあまりいません。

あくまでも本業は辞めることなく、一時的な仕事として行うため、長い期間はAVの仕事をしないという特徴もあります。

 

 

6.AV女優に憧れて

こちらも多い理由ですが、「AV女優に憧れて目指す」というものがあります。

テレビのバラエティー番組にタレントとして出演していたり、アイドルユニットを組んでイベントに参加していたりすることで一般の人がAV女優を見る機会は増加しています。

中には、蒼井そらのように日本だけでなく中国でも大人気となって多くのファンを抱えているようなAV女優もいます。

 

最近ではYou Tuberとコラボして動画に出たり、撮影会、握手会を行ったりと、その活動の枠はますます大きくなっています。

そうして大活躍するAV女優を見て憧れ、「○○さんのように自分もなりたい」とAV女優を志す女性もいるのです。

実際に現在トップクラスの単体女優として活躍している女優の中には、以前に活躍していたAV女優に憧れてこの道に入ったという女優もいます。

 

この理由でAV女優を志す女性は、他の理由で一時的に副業としてAVの仕事を行うというのではなく、企画単体女優、単体女優を目指してやっていくという女性が多いという特徴があります。

自分が憧れていた有名女優のように自分もなりたいというところが関係していると言えるでしょう。

 

 

7.まとめ

AV女優になりたいという女性はますます増加の傾向があります。

そのためそれぞれのプロダクションでは常に求人が出ている状態で、多くの女性がそこに応募をしています。

WISHでもAV女優の求人を出していますので、興味を持たれた女性はぜひ一度訪れてください。