Wish Promotion

AV業界ブログ

AV監督とAV女優の恋はある?

AV女優も人間ですので仕事以外で恋愛関係になる男性を持つということがあります。

しかしAVの仕事をメインで行っている女優はあまり一般の男性と出会うきっかけがないのかもしれません。

では、AVの撮影現場の男優や監督、スタッフなどと恋愛関係になる場合はあるのでしょうか。

ここではAV監督などのスタッフとAV女優の恋愛について紹介していきたいと思います。

 

1.基本的にスタッフとの恋愛は禁止されている

AV監督とAV女優との恋愛や結婚と言えば、村西とおる監督や溜池ゴロー監督などが有名ですが、基本的にはAV業界においてスタッフとAV女優との恋愛は「禁止」というのが一般的です。

それには色々と理由があります。

 

「撮影に悪影響が出ることが多い」

AV女優が現場のスタッフと恋愛関係になるとします。

しかしAV女優は当然、いつも通り撮影では全裸になってAV男優とセックスをすることになります。

ジャンルや企画によっては、複数プレイや凌辱プレイなど激しいセックスをすることになるでしょう。

それを恋愛関係にあるスタッフは撮影することになるのです。

そういった光景を見てなんとも思わない、興奮するという男性もいるかもしれませんが、多くの男性はやはり不快に思ったり、嫉妬したりするということがあるのです。

冷静に撮影に参加できないかもしれません。

まして監督が恋愛相手だった場合は、思うような演出ができなくなってしまったりすることもあるでしょう。

 

また、それは女優の側からしても同じです。

仕事だとわかっていても恋愛相手がすぐそばで撮影しているのに、違う男優相手にセックスをしなければならないということで思うように演技できないということもあります。

このようにスタッフ側に恋愛相手がいると撮影に悪影響が出ることが多いのです。

 

「立場が違うので禁止されている側面がある」

AV監督や撮影スタッフと言えばAVを制作する側のメーカーに所属している立場であり、AV女優は出演する側のプロダクションに所属している立場です。

当然制作側にはギャラの取り分や他の女優のギャラなどの情報があり、それを違うAV女優に知られるというわけにはいきません。

しかしAV監督などのスタッフとAV女優が恋愛関係にあると、それらの情報が筒抜けになってしまう場合があります。

これは大きなトラブルに発展することもあるので、業界として禁止されているという側面があるのです。

 

「引退時期を早めてしまうことがある」

本来まだまだ活躍できるというAV女優であっても、その仕事を交際しているスタッフが「辞めさせたい」と思うことがあるかもしれません。

女優がそれを受け入れて引退してしまうことで、力を入れて売り出していこうとしていたプロダクションなどに大きな迷惑をかけてしまうことがあるのです。

その引退が男性スタッフの意向によるものだとわかれば、スタッフが所属しているメーカーとプロダクションの関係は悪くなり、違反金などが請求されるということもあります。

スタッフが個人で処罰を受けることもあるでしょう。

その女優がまだまったく無名の企画女優であれば、それほど大きな問題にならないかもしれませんが、ある程度知名度のある単体女優や企画単体女優であった場合、プロダクション側はかなり大きな損失になってしまうことが考えられます。

 

 

2.そもそもAV女優は彼氏を作らないということもある

AV女優の中でも真剣にプライベートの恋人を探しているということもあります。

人気AV女優である「紗倉まな」は出会い系サイトで彼氏を探していると公言したこともあります。

しかし、多くのAV女優は「仕事をしている期間は彼氏を作らない」「彼氏を作るにしても一般人」という人がほとんどです。

 

まずその理由として大きいのが「仕事が制限される」というものです。

彼氏ができたとしても、AV女優という仕事をしていることがわかれば、仕事内容に意見してきたり、AV男優に対して嫉妬してきたりと束縛が厳しくなることがあります。

それによって仕事が制限されることが嫌だという女優は彼氏を作らないのです。

 

逆に彼氏には「AV女優であることを知られたくない」と思う場合もあります。

夫や彼氏にはAVの仕事をしていることを知られたくない、隠していたいと思う女性も彼氏を作らないという選択をすることが多くなっています。

 

そしてどうしても彼氏を作りたいという時は、紗倉まなのように一般の男性を探すということを選びます。

やはり、AV業界の男性を恋愛相手にすると、仕事でもプライベートでも常に一緒にいることになります。

そうなるとプライベートな時間を持てない、落ち着かないという女性も多いのです。

また、上記のように基本的にはAVのスタッフとAV女優の恋愛はタブーとされていますので、そもそも恋愛対象にしないということもあります。

 

3.AV監督などのスタッフと恋愛関係になるには

タブーとされているAV監督などのスタッフとAV女優が恋愛関係になるにはどうすれば良いのでしょうか。

まず考えられるのは「堂々と公開してしまう」という方法です。

村西とおる監督のように公開してしまって、それをネタにするような態度をとっていれば、周囲も文句を言いづらいということがあります。

ただ、これは男性スタッフがある程度の立場にいることが前提となります。

立場の弱いスタッフであった場合はこの方法は使えないでしょう。

「どこまでも徹底して隠し通す」という方法もあります。

現場でもそういった素振りはまったく出さない、当然一緒に出勤したり帰ったりしない、二人で街中をウロウロしないなどを徹底することで、周囲に隠し通すという方法です。

それだけの演技を押し通す覚悟があれば、可能かもしれません。

 

「バレた時の覚悟をしておく」ということも必要かもしれません。

男性側がそれほど強い立場でなかった場合などは、二人の交際がバレることで撮影に影響が出てしまった時には違反金や損害賠償金が請求されることがあります。

もし、請求されなかったとしても男性スタッフやAV女優の信用は大きく落ちることになりますので、仕事を続けていくことが困難になるかもしれません。

二人ともがAV業界から離れて仕事をするという覚悟も必要な場合があります。

 

「バレる前に女優が引退してしまう」という方法もあります。

これは女優が仕事に未練がない場合に限られますが、バレる前に引退してしまうことで堂々と交際するというものです。

ただし、後で引退理由がスタッフとの恋愛だったということがわかれば、何かしらの罰則が発生することがありますので、当分は隠しておく必要はあるでしょう。

 

 

4.実際に交際したカップルはうまくいっているのか

多くの障害を乗り越えて交際、結婚したスタッフとAV女優も居るのですが、実際にはなかなかうまくいかないようです。

女優が仕事を続けていた場合は複雑な気持ちで撮影が行われることになりますし、女優が引退したとしても男性スタッフは常に他の女性のセックスを毎日のように目の前で見る仕事だからです。

結婚に至ったカップルでもそのほとんどが数年のうちに離婚していると言われている現状があります。

 

 

まとめ

ここではAV監督とAV女優の恋愛について紹介してきました。

基本的には「タブー」とされていることが多いのが一般的で、もし交際するにしても隠し通す、我慢するといった障害が多いようです。

また、結婚したとしてもあまりうまくいっていないという現状があると言えるでしょう。

もしスタッフとの恋愛を考えているのであれば、それらも合わせて考える必要があると言えます。