Wish Promotion

AV業界ブログ

ギャルっぽいAV女優は人気が出やすい!

現在AVには色々なジャンルがあり、それぞれにファンがついている状態となっています。

その中でも比較的以前からあるジャンルで今も人気のジャンルに「ギャル」というものがあります

このジャンルには元々がギャルという女優と、ギャルのジャンルの作品に出演するためにギャルとなっている女優がいます。

そこでここでは、ギャルのジャンルの中でも特に人気の女優を紹介しながら、なぜギャルっぽいAV女優が人気なのかを紹介していきたいと思います。

 

1.なぜギャルは人気なのか

男性自身が毎晩のようにクラブなどに通っているようなことが無い限り「ギャル」と出会える、セックスができるというシチュエーションはそうそうありません。

しかし、「白ギャル」「黒ギャル」と呼ばれるようなギャルとのセックスに憧れる男性は非常に多いのも事実です。

ギャル系のAV作品は「若い」「スタイルが良い」「S系女性」「M系女性」「屋外でのセックス」などの要素と絡むことが多く、多くの男性の好みに合った作品が多いというのも特徴です。

 

また、若いギャルの作品は「女子校生」「学園もの」という人気ジャンルと複合することも多くあります。

AVの紹介サイトでも「ギャル」「女子校生」などは非常に人気の高いキーワードとなっています。

最近では「熟女」が人気となってきているのですが、それでもやはり「ギャル」は安定した人気を誇っているのは間違いないのです。

 

 

2.黒ギャルの中でも特におすすめAV女優は

2-1.AIKA

ギャル系のジャンルが好きな人であれば、おそらく真っ先に名前を挙げるのが「AIKA」です。

ギャル系の中でもトップと言われている彼女は「黒ギャル」という王道女優ではないジャンルでありながらも「DMM.R18アダルトアワード2016優秀女優賞」「スカパー!アダルト放送大賞2017女優賞」しているという本格派です。

 

2011年に黒ギャルとして21歳でデビューをしており、この10年でもっとも知名度が高い黒ギャル女優だと言われています。

その高い知名度によって、バラエティ番組やイベントに出演することも多く、トップクラスの女優であるのは間違いありません。

 

ギャルらしい肌、ピアス、Sっぽい雰囲気でありながら、関西弁で明るく話す性格やセックスの際の本気度といった特徴もあるという人気女優です。

 

2-2.泉麻那

AIKAがデビューする前にNO.1ギャル系女優と言われていたのが「泉麻那」です。

もともとソープで働いた彼女は2009年にAVデビューしました。

「ギャル系AV女優の女王」と呼ばれていた彼女は、黒ギャルの肌、全身タトゥーによってギャルらしいギャルと言われています。

 

こげ茶色の肌、金色の髪、全身のタトゥー、ねちっこさ満載のいやらしいセックスとまさにギャル系の王道をいく彼女は2009年のデビューから大人気となっていましたが、2012年に突然引退を発表し、引退後はメイクなどの仕事を行っています。

そのすっきりとした引退も彼女らしいと大きな話題となりました。

 

2-3.RUMIKA

活動期間が2008~2011年までと3年間ほどしかなかったにも関わらず、ギャル系のAV女優としてレジェンドと評価されているのが「RUMIKA」です。

デビューから1年間ほどはそれほど人気は出ていなかったのですが、その可愛らしい顔立ちとギャル系の雰囲気、整ったスタイルで人気が出始め、引退することには「黒ギャルのカリスマ」と評価されていました。

 

明るい性格と小悪魔的な笑顔、小さいながらも形の良いおっぱい、いやらしいフェラに定評があり、「エッチなフェラ顔」ではトップクラスだと言われています。

さらに挿入したまま潮吹きをする「ハメ潮」も業界随一と言われ、人気となっていました。

 

2-4. 立花樹里亜

こちらは白い肌のころには「ゆりあ」という名義で、いくつかの作品に出演をしていました。

そして2012年3月に黒ギャル「立花樹里亜」としてデビューを果たし、瞬く間に人気女優へと成長していきました。

ギャルとして女子校生役やショップ店員役などを演じ、その幼い顔立ちと八重歯が特徴的な彼女はとにかく「可愛い」と人気となったのです。

 

また、2012年の3月にデビューをして2013年には引退をしてしまうという短い活動期間ではあるものの、その可愛らしい顔立ちから「ロリギャル」としての地位を確立させたことは非常に評価されています。

その外見とは裏腹に「淫語」「乱交もの」など色々なジャンルに出演するというギャップがさらに人気の秘訣となったと言えます。

 

2-5.今井夏帆

こちらは現役バリバリのトップクラスの「黒ギャルAV女優」です。

2019年にデビューしたばかりですが、2020年10月の時点で、すでに100作以上に出演しているという人気女優です。

まだまだそこまで人気や知名度は高いとは言えませんが、これからさらなる期待ができる女優です。

 

日焼けによって黒ギャルとなっているため、水着跡は真っ白な肌となっており、そのコントラストが評価されています。

また、健康的な肉体はスポーティなセックスに非常に適しており、男性に対するドSな態度や強制クンニなどのプレイが特徴的です。

これからの飛躍が期待されるギャル系女優と言ってよいでしょう。

 

3.白ギャルの中でも特におすすめAV女優は

ギャルは黒ギャルだけでなく「白ギャル」もいます。

ここでは、その白ギャルの中でも特におすすめの白ギャル女優を紹介していきます。

 

3-1.成瀬心美

こちらは2009年デビュー、2014年に引退をした人気女優です。

「SOD大賞」を2度受賞、「スカパー!アダルト放送大賞」の女優賞を受賞するなど数々受賞しているトップAV女優です。

 

さらにバラエティ番組に多く出演するだけでなく、「OFA21」や「me-me」などのユニットにも所属してイベント活動を行っていたためにとにかく高い知名度を誇っています。

そのルックスの良さ、ロリ系のかわいさ、積極的なセックスが売りでどれも高い評価がつけられています。

その人気から出演作は1000本を超えるという数字を残しており、ソフトなものからハードな作品まで幅広く出演しています。

白ギャルが好きな人であれば、まず押さえておきたい女優と言えます。

 

3-2.七海ひな(七瀬ひな)

こちらは2019年にデビューしたばかりのAV女優です。

デビューして1年ほどですでに100本もの作品に出演しており、急激に人気が高まっている女優です。

「このAV女優がすごい!2019年夏」で一般部門と新人部門をW受賞しており、「MGS動画の月間検索トレンド1位」などすでに実績を挙げています。

 

「七瀬ひな」としてデビューしたのですが、事務所の移籍に伴って「七海ひな」と改名をしています。

そのため、以前の作品を検索するには「七瀬ひな」で検索をすると良いでしょう。

実際にはレベルの高いお嬢様学校の出身であるにも関わらず、その外見からギャルAV女優として人気となっており、ギャルでありながらドMというジャンルを築き上げています。

 

まだデビューしてそれほど経っていないということもあり、これからのギャル女優業界を引っ張っていく存在として期待されています。

特に「白ギャル」としてはすでにトップクラスに位置していると言っても良いでしょう。

 

 

まとめ

「ギャル」というジャンルは今も昔も変わらない人気ジャンルです。

「若い」「ビッチ」「女子校生」などのカテゴリーと複合することも多く、「黒ギャル」「白ギャル」それぞれに多くのファンがいます。

「ギャル」は検索キーワードとしても上位に位置している人気ジャンルです。

興味がある人はぜひ、「ギャル」と検索してみるか、ここでおすすめした女優の作品を見てみましょう。