Wish Promotion

AV業界ブログ

素人AV女優って本当に素人?やらせ?

AVにはさまざまなジャンルがありますが、その中の一つに「素人もの」というジャンルがあります。
街中でナンパしてそのまま撮影にというものが多いのですが、そういったAVに出演しているのは本当に素人なのでしょうか?
WISHでもそういった質問を受けることがあります。
そこで、ここでは素人AVに出演している女優について紹介していきたいと思います。

 

1.残念ながら本物の素人はほとんどいない

数多くのジャンルの中でも「素人もの」は人気のジャンルとなっています。
では、そこに出演している女性は本当に本物の素人なのでしょうか。
結論から言えば「ほとんど全員が素人ではない」ということになります。

まず普通に考えて街角でナンパしてAVに出演しても良いという女性はほとんどいません。
特に本業を持っている社会人などはそれがバレると本業を失う可能性もあります。
一般的なナンパよりもはるかに成功率が低い誘いとなるのです。
街角でしつこくAVに出演しないかというナンパを繰り返していると最悪の場合は警察を呼ばれる可能性もあります。
スカウトに対する法規制が厳しくなったことから、こういったAV出演の勧誘行為などは法律に触れる場合が多々あるのです。

そもそもAVに出演するというのはそれほど簡単なことではありません。
女性はプロダクションに所属して、メーカーとの間に出演契約書を交わした上で撮影が行われるものです。
これはさまざまなトラブルを回避する目的があります。
本当に街角でナンパをしてそのままAVの撮影を行った場合、後々に「同意していなかった」「約束していた金額をもらえなかった」「病気をうつした(うつされた)」などのトラブルが発生することが考えられるのです。

そしてそれらのトラブルを考えてもナンパして出演させたいと思っても、それらのリスクを上回るレベルの女性を出演させられるかは別問題です。
AVとして販売するためには、当然それなりのルックスの女性でなければいけません。
そんなレベルの女性がいきなりナンパされてAVに出演するという可能性がそもそも限りなく低いのです。

 

2.では素人ものに出演しているのは誰なのか

本物の素人ではないのであれば素人ものに出演しているのは誰かという問題になります。
これはほとんどが「AV女優」です。
もちろん名前の売れている単体女優や企画単体女優では素人として出演させるのは不可能なので、まだそこまで「名前が売れていない企画女優」もしくは「デビューしたてのAV女優」ということになります。
こういった女優はそこまで名前や顔が知られていませんので、素人のフリをして出演することが可能なのです。
そのため、こういった作品の出演者欄には名前が出ることはありません。

では、素人ではないのに顔の部分にモザイクをかけている作品があるのはなぜでしょうか。
まず一つの理由は「演出」です。
モザイクをかけることで本当に顔出しNGの素人が出演しているように思わせるというものだと言えます。
見ている側からしても「顔にモザイクがかかっているし、もしかしたら本当に素人?」と思う場合があります。

もう一つは、他の作品に出演しているAV女優の場合、顔でわかってしまうことがあるので、それを防ぐために素人ものの作品の方にモザイクをかけてわからないようにするという理由です。
どちらの場合にしても出演しているのはAV女優ということになります。

3.昔は本当に素人が出演していた?

今のAV業界はクリーン化が進められており、以前のようなブラックなイメージ、アンダーグラウンドなイメージを払拭していこうとしています。
そのため、AVの出演に関してもメーカー、プロダクションを通じて契約書を交わした上で出演するということが徹底されています。

しかし少し以前までは現在ほど規制が厳しくなかったために本当に素人が出演している作品があったとされています。
昔のVHSのアダルトビデオのころの「素人もの」に出演している女性と、現在の「素人もの」に出演している女性では明らかに雰囲気が違うのです。
最近販売されている素人ものに出演している女性は演技がわざとらしかったり、セックスの際にもカメラの位置やカメラ映りを意識した体位などを確認しながら行っている場合があります。
本当に街角でナンパされたばかりの素人がカメラアングルを意識しながら体位を変えていくということはありえません。

ただ、昔の素人もののアダルトビデオに出演している女性は着けている下着や男性に触られたときの反応、カメラを無視した反応などが本当の素人を感じさせるものが多いのです。

 

4.現在本物の素人が出ている可能性はありえないか?

では本物の素人がAVの作品に出ている可能性は絶対にないのでしょうか?
これは可能性は低いものの「絶対にないとは言い切れない」ということになります。

まず「SOD(ソフトオンデマンド)」のような大手のメーカーが本物の素人をナンパしてそのままAVに出演させるようなことはまずありえません。
実際に行うには多額の費用がかかるだけでなく、法律に触れる可能性もあるのでそこまでリスクを背負ってまでそんな作品を作る必要がないからです。
まだ名前が売れていない企画女優を使って素人ものを作る方がはるかに安く安全に作品を作ることができます。

たまに作品の中で素人をナンパして「時間内にイけたら10万円」「生で中だしなら20万円」などと現金をちらつかせているシーンがある作品があります。
それらをすべてクリアしていくとその女性に数十万円を支払うということになってしまうのです。
ただ、企画女優が1本の作品に出演してもギャラは3~10万円程度というのが実状です。
そう考えれば費用対効果の面から考えても実際にはありえないということがわかります。

では大手ではないメーカーであればどうかということになります。
「地下レーベル」と呼ばれるようなマイナーがメーカーの場合は法律スレスレの作品を作っている場合があります。
そのため、販売価格も大手のメーカーのものと比べて非常に高く設定されている場合があります。
こういったメーカーの作品であれば、本物の素人を使っている可能性はあります。
ただ、その値段設定さえも演出の可能性がありますので、値段が高いから、マイナーなメーカーの作品だから必ず本物の素人かどうかという保証にはなりません。

 

5.本物の素人が出演している作品とは

中には実際に本物の素人が出演しているという作品も堂々と販売されていることがあります。
これは簡単に言えば「セックスをしない」というものです。
素人をナンパしてきて、下着姿の撮影までで止める。
つまりセックスをしないもので撮影だけにしていれば、素人の可能性があるということになります。
まれにナンパされてきたものの、セックスをしないで「やっぱり無理」ということで女性が帰ってしまうというものもあります。
こういったものであれば、本物の素人の可能性があります。

また、You Tubeなどの動画配信を個人で行っている場合です。
中には露出度が高い服装で動画を配信している女性もいます。
こういった個人で配信しているものの場合は素人である可能性が非常に高くなります。

 

まとめ

「素人もの」は非常に人気の高いジャンルではありますが、そこに出演しているのは本物の素人である可能性は非常に低いものとなっています。
あくまでも演出として踏まえた上で楽しむというのが正解なのかもしれません。