Wish Promotion

AV業界ブログ

AV撮影現場は過酷!女優の待遇は?

AV作品の撮影の現場は、過酷だとよく言われます。AV作品は一般の映画の度に比べれば予算が少なく、また短時間で撮影しなければいけないため、スケジュールが過密であることが多いからです。

そんな現場では働くスタッフの方、そして女優や男優など出演者の方の両方にとって負担が大きいとも言われます。

しかし、AV撮影の現場は過酷と言われたのも一昔前。最近では、撮影技術の向上によりAV撮影の現場の環境も改善されていると言われています。

AV撮影の現場で大変なことはどんなポイントなのか、そして女優さんの待遇うは今どうなってるのかといった、働く人が気になる点について、ここではお伝えしていきます。

 

1.デジタル撮影技術の向上で撮影にかかる時間は短くなった

まずAVの撮影にかかる時間ですが、こちらはデジタル撮影技術の向上で大変に短くなりました。

昔は、AVもフィルムで撮っていたため、一度撮影した後の撮り直しが難しかったのです。

また、撮り直しができないということは一度も撮影できちんと撮らなくてはいけなかったので、撮影前のメイクや小道具などのセッティングも、大変時間がかかっていたのです。

しかし、最近はデジタル撮影技術の導入でミスしても撮り直しも容易になり、またどこか一つのシーンでNGが起きたとしても、その部分だけを撮り直しすれば良くなっています。

そのため撮影の際のセッティングに、大変な時間をかけることもなくなりました。

またデジタル撮影技術の向上によって、画面のエフェクトなども簡単に加えることができるようになりました。

撮影時の高等な技術、高価な撮影加工部分をCGなどで補えるため、簡単に加工ができるようになったのです。

様々なカットを撮りながら、それをうまく組み合わせて一つの作品を作り上げるという撮影の方法になっているのです。

デジタル撮影技術の向上は、AVの撮影時間の全般的な短縮に大きく貢献しており、撮影現場でも20世紀の頃のような長時間労働ということはなくなっています。

昔は一本のAVを取るのに何日もかけるということもあり、また早朝に現場入りしてから深夜まで撮影をするということもありました。

しかし、最近では1本のAVを1日で撮り終えることができるようになったのです。

長時間労働が蔓延している職場というのは、全体的に神経質になったり、疲労感が漂うことが多く現場の雰囲気が悪くなりがちです。

スタッフがイライラしていると、怒号が飛び交ったりする現場になってしまい、AV女優の方も安心して働くことはできないでしょう。

またパワハラが横行しがちな現場にもなりがちですが、最近ではそういった風潮は全般的に敬遠されています。パワハラ的な演技指導をする監督などは、徐々に現場から排除されるようになってきています。

デジタル技術の向上によって、様々な人がAV撮影に参加しやすくなったこともあってかユニークな撮影技術などがAVに取り入れられるようになったのも大きな変化です。そういった技術向上が、AV撮影の現場に新しい風を吹き込む要因の一つとなっています。

AV撮影の現場は最近では若いクリエイターが参加し、自分の好きな映像を撮る現場として活用されている側面もあります。

そういった若い雰囲気が漂う現場になったことで、AV撮影の現場も活気がでるようになり女性が安心して安全に働けるような職場になってきているのです。

2.予算はやや減らされる傾向にある

一方で、AV撮影時、一本の作品を撮影する際にかける予算は減らされる傾向にあります。

まず単純に撮影時間が減ったということで、拘束時間が減りそのぶんスタッフに支払われるギャラは減らされる傾向にあります。

ただし、長時間労働が万円していた頃よりも、撮影時間の短縮で労働時間が短くなっているので、時給に換算すれば決して安くなっているわけではありません。

つまり、一本の作品にかける予算が安くなっているということだけです。また予算が低くなったからといってそれがAV作品の質に反映されているわけではなく、先ほど述べたようにデジタル撮影技術が使えるようになったので、AV作品の作品としての質はむしろ上がる傾向にあります。

AVを作るときには、まず撮影をして、その後の編集に時間をかけるようになったのです。

現場での撮影の後、編集スタッフ、CG加工スタッフなどの働きがより大きな比重を占めるようになっているのです。

そういった現場にAV女優さんが絡んでいくことはほとんどありません。そのため、AV女優さんの労働環境は、拘束時間が短くなり、時間単価はそれほど変わらないという感じです。

撮影時間が短ければたくさんのAV作品に出演することも出来ますから、大きく稼ぐチャンスが到来しているとも言えるでしょう。

そして撮影現場の雰囲気は良くなっています。平成初期や1980~90年代のAV撮影の現場よりもはるかに働きやすくなり、またAV女優さんを守ろうという雰囲気も現れています。

予算減ったからといって、それで現場の雰囲気が悪くなったり作品の質が下がっているわけではなく、短時間でよりクオリティの高い作品を取ろうという流れにつながっているのです。

 

 

3.女優さんを守ろうという意識は大変に強くなった

何よりも一番変わったのは、AV撮影の現場の雰囲気が、女優さんを守り、大切にしようという意識が強くなったということです。

かつてAV女優の撮影の現場は、男性中心の職場であり撮影内容の影響もあってか女性に対する態度はパワハラ・セクハラが蔓延していた時代もありました。

しかしそういったパワハラやセクハラが社会問題となり、また週刊誌やテレビなどでも取り上げられるようになったこと、そして世間の風潮がパワハラやセクハラを許さないという流れになったことにより、AV撮影の現場の雰囲気も大きく変わっていくことになったのです。

AV女優さん、男優さん、そしてスタッフの方達の労働環境も非常に改善が進みました。

かつてのような低賃金で長時間労働ということはなくなっています。

AV女優さん、特に演技や出演経験のない人は、AV撮影の現場は最初はプレッシャーを感じることが昔はよくあったそうです。

しかし、今はマネージャーによるサポートはもちろん、現場のスタッフも女優さんに対して非常に丁寧に優しく接する人が増えました。安心しながらAV女優の仕事に励む人が増えています。

そういった要因から、AV女優の労働環境は大幅に改善され、今ではAV女優に憧れる人も多くなっていることです。

アダルト業界というと、どうしても男性中心の業界ですから、女性の立場が弱いと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、今は女優さん中心に撮影の現場が動くこともあり、初心者の方でも安心して働けるようになってきているのです。

 

まとめ

どんな仕事でも初めて働くという時は、仕事をどのようにやらなくてはいけないのか、またスタッフと上手くやっていけるのかと不安を感じる人も多いのではないでしょうか。

WISHでは、AV女優として働く人が心地よく働けるように、全身全霊をもってきちんとサポートをさせていただきます。

契約についても女優さんに不利になるようなことはございませんし、きちんと報酬が得られるようなサポートまで懇切丁寧に行います。

安心して働けるAV女優の現場を探しているという方は、是非ともWISHまで、お問い合わせください。