Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優と昼の仕事の両立はできる?

AV女優の中にはそれだけの仕事をしているのではなく、他にも本業や副業を持っていたり、主婦や学生という姿を持っている女性が数多くいます。

WISHにもそういった女性が多く訪れているのですが、はたしてAV女優の仕事と他の仕事は両立できるでしょうか。

ここでは、そういったAV女優と他の仕事の両立ができるのかについて紹介していきたいと思います。

 

1.ほとんどの女性が他の仕事を持っている

AV女優というインパクトが強いため、それだけの仕事をしているイメージを持つ人が多いかもしれませんが、本当にAV女優の仕事だけをしているというのは実は全体から見ればほんの一部でしかありません。

AV女優は常に8000~1万人ほどいると言われており、その中で高いギャラをもらって作品の主演として出演できているのは「単体女優」「企画単体女優」と呼ばれるランクの女優だけです。

これらの女優は単体女優であれば1本30~100万円、企画単体女優であれば30~50万円ほどのギャラをもらうことができるため、それだけで仕事をしていくことができます。

 

また、こうした女優はその高い知名度を活かして「サイン会」「握手会」「撮影会」「交流イベント」などを行うことも多く、テレビ番組、ネット番組などに出演することもあります。

ただ、こういった女優は全体の数%程度に過ぎず、ほとんどの女優は「企画女優」と呼ばれるランクの女優です。

 

企画女優は「複数で一つの作品に出る」「脇役として作品に出演する」といった女優で、1本のギャラは3~10万円程度となっており、よほどの女優でない限り、頻繁に仕事があるわけでもありません。

そうなるとその収入だけでは生活がしていけないということになり、他に仕事をすることになるのです。

 

もう一つのパターンとしては「本業」があくまでもメインで、AV女優の仕事を副業として行っている場合です。

平日の昼はOLなどをしていて、休日などにAV女優の仕事をするという形式となります。

 

2.昼の仕事とAV女優の仕事は両立できるのか

普段はOLなどの一般の仕事をしていて、副業にAV女優の仕事を行うということができるのでしょうか。

まず、「別にバレてもまったく問題ない」という女性は少数派だと思います。

多くの女性が「副業として行いたいが、バレたくはない」と考えるでしょう。

バレてしまうと職場で気まずい思いをしたり、就いている仕事によっては処分を受ける可能性もあります。

 

副業でAV女優の仕事をするにはそれぞれ色々な理由があります。

昼の仕事だけでは収入が足りない、資格取得などのための費用を貯めたい、生活費の足しにしたいなどの金銭的な理由もあります。

また、ストレス解消のため、欲求不満解消のため、新しいセックスをしてみたいため、といった理由でAVに出演している女優もいます。

 

ただ、どちらの場合でも「身バレ、顔バレはしたくない」という女優が多いのが実状です。

しかし結論から言えば「あまりバレるということはない」ということになります。

ではどうすればバレることなく両立させられるのでしょうか。

 

2-1.徹底的に配慮していく

まずバレないためにさまざまな配慮を行っていくという方法があります。

AVの作品の中には「顔出しNG」のものもあります。

「素人もの」「ナンパもの」などでよくつかわれる手法で、顔にモザイク処理を行うというものです。

もちろんそういった作品に出演しているのは、本物の素人ではなくあまり知名度のない企画女優なのですが、顔を隠してしまうことで身バレ顔バレを防ぐことができます。

所属するプロダクションに採用される時に顔出しNGで契約するということも可能です。

さらに、インターネットや紙媒体の雑誌などに掲載される広告やパッケージなども露出を制限することもできます。

 

そうして制限をかけた上で、自分の生活にも徹底して注意を払うということです。

AV女優をしている人が身バレ顔バレしてしまう原因の多くが「女性自身の不注意」によるものです。

・生活が派手になる

・AVのスタッフやプロダクションの人間との連絡がバレる

・不自然な時間の使い方を指摘される

といったものから、

・自分でSNSなどで公表してしまう

・友達や知り合いに「秘密だけど」と自分でバラしてしまう

のように自分から周囲に告げてしまうというものもあります。

 

特に昼の仕事を本業としている場合などは、急に生活ぶりが派手になったりすると、周囲にはすぐに怪しまれてしまいます。

また、「秘密だけど」と誰かに話してしまうのは論外です。

周囲にバレることなく昼の仕事をしていくには、こうした「バレる可能性」を徹底的に減らしていくことが必要だと言えるでしょう。

 

2-2.実際にはあまりバレない

ただ、こうした努力をするまでもなく「放っておいてもあまりバレない」という現状があります。

副業でAVに出演している女優の多くは月に数本程度出演するだけの企画女優です。

企画女優は単体女優作品などの脇役や、複数で一つの作品に出演するという形式のためにあまり作品でクローズアップされることがありません。

パッケージなどにも大きく掲載されることも少なく、作品全編を通して中心となって出演しているわけでもありません。

そのため、よほど注目して見ない限り印象に残ることが少ないのです。

 

もちろん、企画女優として数多くの作品に出演し、スタッフなどに認められて企画単体女優や単体女優として作品に出演するようになってくると隠し通すことは不可能となってきますが、そうでない限りはまずバレる可能性は低いのです。

もし、怪しまれたとしても「似ているだけで別人」で通すことも可能です。

 

2-3.むしろキャバクラや風俗の方が両立は難しい

昼間の仕事とは別にキャバクラや風俗で副業をしている女性がいますが、実はこの方がはるかに両立は難しいものです。

AV女優として作品に出演することは不特定多数の人に見られるという可能性はありますが、あくまでも映像を見られているだけですので、確実に特定されることはなく、「似ているだけ」と押し通すことも可能です。

 

しかし、キャバクラや風俗に知り合いが来るとまず隠し通すことはできません。

実際にすぐそばで顔を見て確認されるために「似ているだけ」では通らないのです。

そのため、実際にはキャバクラや風俗で副業を行う方がAVに出演するよりもはるかにバレずに両立させることが難しいと言えるのです。

 

2-4.特殊な職業の場合は注意が必要

昼間の仕事と両立していくことは十分に可能なのですが、それが難しい場合もあります。

それは「教師や講師」「看護師」「キャビンアテンダント」などの職業を名乗ってAVに出演している場合です。

最近は「職業もの」のジャンルが人気で、その仕事の制服などを着てAVに出演するものが多くあります。

それらの中には「現役看護師がついにAVデビュー」などのタイトルで出演しているものもあります。

こういった作品では、職業がかなり限定されてくるために、知っている人に怪しまれると隠し通すことが困難となる場合があります。

こうした職業ものは人気が出やすいというメリットはあるのですが、どうしても周囲にバレたくない場合は避けたほうが無難だと言えます。

 

 

まとめ

AV女優と昼の仕事の両立は十分に可能であり、すでにそうして仕事をしている女優も多くいます。

しかし、「人気になりすぎる」「自分から周囲に発信してしまう」「職業が特定される作品に出演する」といったことはバレる可能性が高くなってしまいます。

バレずに両立していきたいという人はそのあたりも考慮して仕事をしていきましょう。