Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優のプライベートセックスはどんな感じ?

 

AV女優と言えば、カメラの前で仕事としてセックスをするのが仕事となりますが、ではこういったAV女優のプライベートセックスはどのようなものなのでしょうか?

仕事通りなのか、一般の人と同様なのか気になるという人もいるかもしれません。

そこでここではAV女優のプライベートセックスについて紹介していきたいと思います。

 

1.女優によっての差が激しい

まず結論から言えば「女優によっての差がかなりある」ということになります。

これは女優それぞれの性格や性欲などにもよりますが、女優の立場にもよるためです。

AV女優には「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」というランク分けがされており、それぞれでギャラはまったく違うものとなります。

 

単体女優であれば、月に撮影は1~2本程度でギャラは50~100万円ほどとなります。

その他の日は握手会、撮影会、サイン会などのイベントをこなしたり、テレビのバラエティ番組に出演しているという女優もいます。

企画単体女優は1本のギャラは30~50万円ほどとなっていますが、撮影本数に制限はないので月に数十本の作品に出演しているという女優もいます。

ここまで人気の女優になれば、それだけで十分に生活していけるので専業のAV女優として生活をしているということになります。

また、高い知名度から芸能人や人気YouTuberと絡むことも多く、扱いは芸能人タレントと同じような扱いとなってきます。

 

しかし、AV女優の8割以上は「企画女優」と呼ばれるランクの女優で、ギャラは1本3~10万円ほどとなっています。

そのため、それだけで生活をしていくということは難しく、他に仕事を持っている、もしくはAV女優の仕事がバイト感覚の副業であるということになります。

普段はOLであったり、主婦であったりすることも多く、その女性たちからすれば、プライベートは一般人のものと変わらないというものになります。

また、単体女優や企画単体女優ほど知名度がないために、知り合いにバレたり、街中で注目を浴びるということもほとんどありません。

 

こういったAV女優としての立場によって、その女性のプライベートは大きく変わってくることになるのです。

まずはこれが大きな要因と言えるでしょう。

 

2.AV女優でもプライベートセックスはする

色々なAV女優がいますが、当然「セックスをするのが好き」という女性も多くいます

こういった女性は「仕事のセックス」と「プライベートのセックス」を分けて考えており、仕事でセックスをしてきても、プライベートでもしっかりとセックスをしています。

ある意味、完全に割り切って考えているとも言えます。

 

2-1.セックス自体が好きな女性の場合

 

AV女優という仕事をしている女性は働いている理由がさまざまです。

ただ、共通しているのは「セックスが嫌いだとつらい仕事である」ということです。

仕事と割り切っていたとしても嫌いなものを仕事としていくのはやはりつらいこととなります。

 

しかし、中には「セックスが大好き」という女性が多くいるということも事実です。

こういった女性からすると仕事でセックスをして収入を得ていても、プライベートは別にセックスをしたいということになるのです。

AV女優の仕事をしているうちに知識やテクニックもついてくることになり、それをプライベートセックスに活かして、さらに激しさを増すという場合があります。

 

また、こうした女性はAV女優という仕事を始める前からセックスが好きだったということが多いのも特徴です。

「かなりの経験人数がある」

「特殊な性癖のセックスもこなしてきた」

「複数や屋外などもプライベートで経験済み」

といった女性が多いのです。

 

本業がOLの場合は、社内で恋愛していてプライベートでもセックスをしているということもありますし、主婦の場合は家に帰れば夫ともセックスをしているということになります。

中には、ナンパされてそのままラブホテルへ直行した。

デート中にセックスがしたくなってそのまま屋外でセックスをしたという女性のエピソードもあります。

 

2-2.セックスが好きだとAVの仕事にも有利か

このようにプライベートでもセックスが好きだということはAVの仕事をしていく上で有利になることが多くあります。

仕事自体を楽しくできるということもありますし、プライベートでのセックスの経験によって、さらにセックスのセンスが磨かれていくという有利性があるからです。

とにかく競争が激しいAV業界ですので、普段からセックスを多くしていて、それだけの経験を積んでいることで活動にも幅が広がっていくということがあるのです。

 

 

3.プライベートはいたって普通という女性も

AV女優の全員が淫乱と呼ばれるほどセックスが好きだというわけではありません。

あくまでもAVの出演を「仕事」と割り切っていて、プライベートはいたって普通という女性も多くいるのです。

 

3-1.仕事のことを考えてプライベートではほとんどしない女性

まずAV業界では性病などの検査が頻繁に行われています。

これは女優が男優が性病にかかっていた場合、病気が広がってしまうというリスクが高いためで、検査が厳しく行われているのです。

プライベートでセックスをしていると、当然性病にかかるというリスクもあります。

このリスクを考えて、プライベートではほとんどセックスはしないという女性もいるのです。

もちろん、永遠にしないというわけではなく、AV女優という仕事をしている期間はしないというだけで、引退すれば普通にするということになります。

また、単純に仕事でセックスをしているのに、プライベートでもするのは不要と考えていることもあります。

この場合もプライベートではほとんどセックスをしないということになります。

 

3-2.プライベートでは普通にセックスがしたい

AV作品でのセックスと言えば、「先生と生徒」「義理の母と息子」などのキャラ付けが行われることも多く、セックスも本人たちが楽しいというよりも「カメラ映り」「見せるためのセックス」を心掛けなければいけません。

 

ただ、仕事が終われば、普通に恋愛がしたいという女性が多いのです。

こうした女性はもちろん相手はAV男優やスタッフなどではなく、一般の男性を望みます。

そしてセックスについても、AVで行っているようなセックスをするのではなく、普通の恋人同士が行うような恋愛の延長戦上のセックスをすることを好んでいます。

優しく扱われたい、普通に恋愛がしたいという女性が多いのです。

 

これは有名な単体女優でも同様です。

有名女優の一人である「紗倉まな」がテレビ番組に出演した際に「出会い系アプリ」を使って普通の恋人を探していると発言したことがありました。

これはAV女優としての「紗倉まな」ではなく、普通の一人の女性として恋愛をしたいと考えているということの表れです。

このように仕事とプライベートは完全に分けていて、プライベートにはAV業界のことは持ち込まないという考え方をしている女優も数多くいるのです。

 

 

まとめ

AV女優のプライベートセックスは普通の女性と同じく「個人差」が激しいという結果になっています。

もともとセックスが好きな女性はプライベートでもセックスを数多くしていますし、AVの仕事を「仕事」と割り切って行っている女性はプライベートは普通の女性としてセックスをしたいという考えが多いようです。

結局その女性次第という部分が大きいのだと言えるでしょう。