Wish Promotion

AV業界ブログ

ハーフで人気のAV女優とは

AV女優にはさまざまなタイプの女性がいます。

それぞれのタイプにファンがいるのですが、その中でも人気になっているタイプに「ハーフ」があります。

ハーフは顔立ちが整っていることが多く、スタイルも日本人離れしたものとなっていることがあるため、人気のジャンルとなっているのです。

そこでここではハーフで人気のAV女優を紹介していきたいと思います。

 

  1. Rio(柚木ティナ)

デビュー:2006年

父母の国:日本、ポルトガル

 

とにかくかわいい顔立ちと抜群のスタイルで人気の女優です。

ハーフ系というジャンルを抜きにしてもトップクラスの知名度を誇っており、テレビ出演も多く、参加したユニットでの活動で知っているという人も多いかもしれません。

 

その可愛い顔立ちでありながら、メイド服などのコスプレものや、淫乱OLものなどにも多く出演しており、そのギャップがさらに人気の秘訣となっています。

有名作品も多い彼女ですが、特にコスプレでの潮吹きなどは圧倒的な人気を誇っています。

 

2.ティア

デビュー:2010年

父母の国:日本、アメリカ

 

日本人とアメリカ人のハーフであるティアはその圧倒的なルックスとダントツのエロさが人気の女優です。

もともと高い人気を誇っていたのですが、さらに事務所を移籍した際に解禁されたNG項目「ぶっかけ」「ごっくん」「放尿」が刺激的です。

移籍第1作では、制服を着たままの着衣ファック、これでもかというぶっかけ、恥ずかしそうな放尿シーンなど魅力が満載です。

 

また、彼女はYou Tubeに出演していることから身近に感じることができる女優でもあります。

日本語と英語のバイリンガルでもあり、海外からの訪問者も多くなっています。

さらに東京六本木のキャバクラ「RedDragon」にも在籍しているため、実際に会いに行くことができるという女優でもあります。

 

 

3. 水咲ローラ

デビュー:2012年

父母の国:日本、ロシア

 

美女が多い、色白な女性が多い、スタイルが良い女性が多いと評判のロシアですが、そのロシアと日本のハーフ女優が水咲ローラです。

とにかく「かわいさ」と「美しさ」を兼ね備えた顔立ちに圧倒的なスタイルが人気となっています。

 

出演作品では、セラピスト、警官、ナースなどのコスプレがとにかくエロく、興奮させてくれます。

服を脱ぐと色白な肌、パイパン、整った顔立ちで激しく騎乗位を行うというプレイが見ごたえ抜群です。

積極的に腰を振るシーンは刺激的ですし、少し受け身になる部分は可愛さを引き立たせています。

どういったシーンも見る価値があると言えるでしょう。

 

4. 藤井シェリー

デビュー:2008年

父母の:日本、アメリカ

 

学生だったころにAVを見たことがきっかけでAV女優になることを決めたという生粋のエロ女子です。

作品もそういったエロさを前面に出したものが多く、特に人気なのは「10発中出しするまで強制的に勃起させる」という作品です。

 

痴女となって男優を射精させていくのですが、10発中出しするまでは強制的に勃起をさせていきます。

フェラ、全身リップからの立ちバック、騎乗位、正常位などさまざまなパターンでセックスをするほか、男優から逆襲の手マンやクンニをされると豪快に潮を吹くという技もポイントです。

 

また、引退作ではそれまでNG項目に設定していた「アナルファック」を解禁し、強烈な印象を残して引退していきました。

かわいらしい顔立ちと積極的なエロさを持つ彼女のファンは多く、復活が期待されています。

 

5. 白石マリエ(塔堂マリエ)

デビュー:2013年

父母の国:日本、ロシア

 

厳密に言えば彼女はクォーターですのでハーフではないのですが、ハーフ系のAV女優では彼女が一番だという人の多さがその人気を表しています。

その美しすぎる外見、抜群のスタイル、圧倒的なテクニックと淫乱ぶりからすぐにトップスターに登りつめた彼女ですが、活動期間が2年未満という短さだったことが悔やまれます。

もっと長く業界にいれば、さらに評価は高くなっていたことは間違いないでしょう。

 

作品では、彼女の代名詞でもある「フェラ」が人気です。

とにかく舌技がすごく、エロい表情、淫猥な言葉とともにフェラをするシーンが非常に特徴的です。

さらにそのルックスを惜しげもなく出して行うオナニーシーンなどはまさに一見の価値があります。

 

6. 西田カリナ

デビュー:2014年

父母の国:日本、アメリカ

 

彼女の特徴はとにかく「ベッキーに似ている」ということです。

ベッキーが騒動を起こした際には「ついにベッキーがAVに出演した」と話題になったほどです。

もちろん顔立ちはハーフ系らしくて美しく、手足が長くて色白、文句なしのスタイルです。

 

また、彼女はとにかく「エロい」ことも特徴です。

プロフィール欄には「緊縛されるのが好き」と書くほどで、毎日オナニーをしていると公言しているほどのエロさです。

作品も彼女のエロさを強調するものが多く、「1日に200回イク女」という作品では、媚薬を投入された挙句に男優にガンガン生でセックスされています。

理性が飛んでしまってからは体位を次々と変えながらイキ続けます。

 

他のハーフ系女優と共演していることもあり、それらの作品でも変わらず淫乱ぶりが目立っています。

講師役となって演じている作品でも生徒役の男優を複数相手にして乱れまくる姿はまさに圧巻です。

 

 

7. 上原花恋

デビュー:2012年

父母の国:日本、フランス、イラン

 

いくつかの国の血が混じっている彼女ですが、ハーフ系では珍しく「黒ギャル」であることも特徴です。

年齢よりも若く見えるということもあって、現役女子高生のようなムチムチの肌が人気となっています。

 

また、「黒ギャルのデカすぎる尻」のような作品に出ていることからも、お尻が健康的で大きく、尻フェチの人であれば、ぜひおすすめしたい女優です。

どちらかと言えば積極的に攻めてくる女優で、いやらしい表情でのフェラや、ねちっこい絡みが良い感じなのですが、男優に攻められると感じまくってイってしまうことも多く、その姿もポイントです。

下半身の肉付きが良いので騎乗位などで動く姿が特におすすめです。

 

 

8. クリスティーン北島(逢坂優)

デビュー:2013年

父母の国:日本、スウェーデン

 

整った顔立ち、すらりとしたスタイルが印象的な彼女は数多くの作品に出演したハーフ系女優です。

「中出し10連発」の作品では、次々と男優たちに中出しされていくのですが、泣きそうな顔で喘ぎながらのいやらしい声は興奮間違いなしです。

 

また、「極感の日焼けエステサロンへようこそ」では日焼けサロンの店員として演じており、綺麗な顔立ちと日焼けせずに白いままのおっぱいが煽情的なものとなっています。

ハーフ系でギャル系の彼女は幅広いファン層に満足してもらえる女優となっており、これらのジャンルに興味がある人はぜひ一度見ていただきたい女優です。

 

9. 高井ルナ

デビュー:2016年

父母の国:日本、アメリカ

 

元野球選手の娘という肩書でデビューした彼女はとにかく抜群のスタイルが印象的です。

顔立ちはハーフらしく整った顔で、長く活躍すればトップ女優になれたかもしれないと噂の彼女ですが、ネットでの書き込みなどが激しく、1年も経たないうちに活動を休止してしまった惜しまれる女優です。

綺麗な顔立ちであることと、淫乱なプレイのギャップが素晴らしく、ハーフ系が好きな人でなくても虜になってしまうでしょう。

 

 

まとめ

綺麗な顔立ち、日本人離れしたスタイルの女優が多い「ハーフ系」のAV女優の中でも特に人気の女優を紹介してきました。

ハーフ系の中でも色白、淫乱、ギャル系などの特徴がありますので、自分好みの女優を探していきましょう。