Wish Promotion

AV業界ブログ

簡単に解説!普通の女の子がAV女優になるまでの流れ

AV女優という仕事が昔よりも一般的になってきたことから普通の女の子もAV女優になりたいと希望することが増えてきました。

WISHにもそういった女の子が多く訪れるようになってきているのですが、やはりAV女優になる方法はまだまだよくわからないということが多いようです。

そこでここでは普通の女の子がAV女優になるまでの流れを簡単に紹介していきたいと思います。

 

1.まずAV女優になる条件を満たしていることを確認する

「AV女優になりたい」と思った女性が誰でもいきなりAV女優になれるというわけではありません。

最低限2つの条件を満たす必要があります。

その2つとは「年齢などの条件を満たしていること」「プロダクションに所属していること」です。

 

AV女優になるには「18歳以上であること」「現役の高校生でないこと」ということが条件となります。

そういうとAVの人気ジャンルに「女子校生」「女子高生」というものがあるじゃないかと思う人がいるかもしれません。

そういったAV作品の中では高校生の制服を着た女性が援助交際、ナンパなどを受けた設定になっていたり、学校内の教室などで男性生徒や男性教師とセックスをしたりしています。

こういった「学生もの」は比較的昔からある人気ジャンルであり、今でも上位の人気を誇るジャンルですが、実はこういった作品に出演しているのは本物の女子校生ではありません

女子校生という設定で出演しているプロのAV女優なのです。

もし本当に18歳未満の女子校生をAVに出演させていたとなると、制作メーカーやプロダクションなどは法令違反となって重い罰則を受けることになります。

ひどい場合は営業停止、関係者の逮捕ということもありますので、まともな制作会社がこういったことをするわけにはいかないのです。

こういった法令がしっかりと制定されて業界の中でも絶対に遵守するものだという意識が低かった昔は本物の女子校生が出演していたこともあるようですが、制度が厳格化している現在ではそういったことはできないのです。

 

そしてこれは女子校生がプロダクションなどの面接で虚偽の年齢を申告していた場合も同様です。

たとえ女性が虚偽の申告をしていたとしていても、18歳未満の女性をAVに出演させた場合はメーカーやプロダクションに責任があることとなるのです。

 

そのためプロダクションやメーカーでは面接時、撮影前に徹底して年齢確認を行っています。

多くのプロダクションでは顔写真が付いた身分証明書を確認したり、二種類の身分証をダブルで確認したりすることで厳しくチェックをしているのです。

 

また、もし18歳になっていたとしても現役の高校生であればAV女優にはなれません。

女性が実際に高校生であるのに自分の身分をごまかして面接を受けることは身分詐称、経歴詐称などの罪になることもあります。

このようにまずは「18歳以上で高校生でないこと」という条件を満たさなければいけないのです。

 

2.プロダクションに所属する

AV女優は基本的にはプロダクションに所属して仕事を行うこととなります。

多くの作品に出演しているベテラン女優がプロダクションを離れてフリーになるということはありますが、デビュー時からフリーということはまずありません。

これは実際にAVを制作するメーカーとしては、身元がはっきりした女性を使いたいということがあり、もし何かトラブルがあった際には責任の所在をはっきりさせないといけないからです。

また、出演する女優を自分の会社で探してきて面接をして契約するという手間を省くことができるというメリットもあります。

 

ただ、よく勘違いされるのはプロダクションに所属するといっても、そのプロダクションの社員になるというわけではなく、結ぶのは「マネージメント契約」ということです。

そのためAV女優はプロダクションの社員ではなく「個人事業主ということになります。

プロダクションの仕事としてはメーカーに対して所属女優の売り込みをかけたり、出演ギャラの交渉、女優スケジュール管理、交流イベントなどの開催を行ってくれます。

 

プロダクションに所属するには「自分で応募する」「スカウトを受ける」という2種類があります。

そのうちスカウトによる方法は昔は主流だったのですが、現在は法規制によってスカウト行為が禁止されているために、かなり減少している方法となっています。

スカウトされた場合はスカウトマンがどこかのプロダクションを紹介してくれますので、そのプロダクションで面接を受けるのが一般的な流れとなります。

 

近年増加しているのが女性が自分でプロダクションに応募するという方法です。

昔はどこに応募すればよいかわからない、どういったプロダクションかわからない、どのように応募すればよいかわからないということがほとんどで、それが応募の障害となっていました。

それが近年はインターネットの普及によって簡単に自分でプロダクションを探せるようになりました。

また、プロダクションのホームページからそのままかんたんに応募できるようになっていますし、プロダクションも綺麗な建物で爽やかな社員が働いていることで以前のようなダークなイメージはなくなってきています。

 

ではそういったプロダクションを選べば良いかということですが、実はここが重要となってきます。

AV業界では最初に入ったプロダクションを自分の都合によって別のプロダクションに移籍していくということは基本的にありません。

ほとんどの女優は最初に入ったプロダクションでデビューして、引退までそこに所属するというのが一般的です。

そのため「プロダクション選び」は重要になってきます。

まずは色々と調べてみましょう。

プロダクションの選び方は「公式ホームページなどで調べる」「自分があこがれている女優が所属している」といった点で選んでいきます。

それはプロダクションによって特色が違っているということが関係しています。

「ロリ系に強い」「熟女系に強い」「大規模である」「特定のメーカーとつながりが強い」など違った特色があるために自分の特徴にあったプロダクションを選ぶことが重要です。

自分の理想としているAV女優が多く所属しているプロダクションであれば、比較的マッチしやすいかもしれません。

 

応募したいプロダクションが決まったら、電話や公式ホームページから応募を行います。

ネットから応募した場合は、後日に電話やメールが来て面接の日時を決め、実際にプロダクションを訪れて面接に臨むこととなります。

この面接では単純に「合否」を決めるだけでなく、「プロダクションによる女性の評価」「AV業界についての説明」「給料について」などさまざまなことを決めたり、説明を受けたりしていくことになります。

面接シートに自分の身長や体重、スリーサイズなどを書き込んでいき、年齢確認が行われます。

そして胸の大きさや形、全体的なスタイル、肌の状態、キズや刺青(タトゥー)があるかないかなどがチェックされます。

プロダクションによっては、こういったチェックはすべて女性スタッフが行うという場合もあります。

そして業界の説明や給与に関しての話が行われ、双方の合意があればマネジメント契約が結ばれることとなります。

 

契約が結ばれるとプロダクションの所属女優となります。

そして実際にAV女優として仕事をしていくことになるのです。

 

 

まとめ

AV女優として仕事をしていくには「年齢などの条件を満たす」「プロダクションに所属する」というところから始めましょう。

WISHではそういった女性をいつでもお待ちしています。

AV女優モデルの募集・求人なら│WISH PROMOTION
1970.01.01
AV女優モデルの募集・求人なら│WISH PROMOTION
https://wish-models.com/wp-admin/post.php?post=1336&action=edit
AV女優・モデルで月収100万円を目指すなら実績No.1のAVプロダクションWISHにお問合せください。安心安全に要望に合わせた誠実な対応をいたします。