Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優には何歳からなれる?

AV女優になりたい、と思った際に考えるのは「何歳からなれる?」「何歳までできる?」といったことかもしれません。

もちろん誰でも自由にできるというわけではなく、「年齢制限」は存在しています

そこでここではAV女優の年齢制限について紹介していきたいと思います。

 

1.最低条件は18歳以上であること

AV女優になる最低条件の一つは「18歳を越えている」ということです。

そして「現役の高校生ではない」ということです。

この条件によって18歳になっていても高校在学中は基本的にはAV女優になることはできないということになります。

プロダクションによって細かい規定が違っており、プロダクションによっては20歳を越えていないと契約しないというところもあります。

 

現在のように法規制がしっかりと確立される以前はこういった年齢確認が曖昧にされていることがあり、18歳未満の女性がAVの撮影を行っていたということもありましたが、現在は徹底して年齢確認が行われています

 

人気AVジャンルに「女子高生」「女子校生」「ロリ」といったものがありますが、そこに出演している女子高生を演じている女優はもちろん本物の女子高生ではありません。

制服などを着用する、学校の教室などの場所で撮影するといったことで女子高生のようにしていますが、それはみんなそれよりも年齢が上のプロの女優たちです。

 

年齢の条件を満たしてデビューする際に多く使われるキャッチフレーズとしては「デビュー」「処女」「10代」といった言葉があります。

どれも何回も使えるというようなものではないので、貴重な条件だと言えるでしょう。

特に「処女」はかなり限定されるということもあって、人気ジャンルとなっています。

 

他の10代の女性が多く出演しているジャンルとしては「素人もの」「ナンパもの」「ギャル」といったものが多くなっています。

デビューした直後は知名度も低く、企画女優として仕事をすることが多いので、素人ものなどとの相性が良いということも影響しています。

デビュー直後から単体女優などの契約がされるというのはほとんどありません。

その女性がもともと芸能人、アイドル、タレントなどをしていて知名度が高いというケースを除いては企画女優から仕事をしていくのが一般的となっています。

 

 

2.なぜ18歳以上でなければいけないのか

なぜAV女優の仕事をするのに18歳以上でなければならないのでしょうか。

これは法律で18歳未満を「児童」「子ども」「成人していない」と判断しているためです。

そのため18歳以上でなければならないのです。

 

では誕生日を迎えて18歳になった高校生はどうでしょうか。

もしプロダクションの面接時に「18歳」だと答えると間違いなく「高校生かどうか」を確認されることになります。

法律で高校生のAV出演を禁止しているわけではありませんが、基本的に「禁止」となっているのはほどんどのプロダクションで行っている判断です。

在学中のAVへの出演は他の生徒へ与える影響も大きく、その高校への影響も考えられます。

もし発覚すると高校で停学や退学といった処分を受けることもありえます。

そういった理由から義務教育でなくても、現役の高校生はAVには出演できないということになっているのです。

 

これはAV業界だけでなく風俗店などでも同様です。

18歳以上でなければ仕事ができない、現役高校生は働けないというルールで行われているので、AV女優と風俗を兼業でしていくというつもりの人も高校を卒業するまでは働けないということになります。

 

3.虚偽の申告をしていたらどうなるか

では18歳未満であったり、現役の高校生がプロダクション面接時に虚偽の申告をしていた場合はどうなるのでしょうか。

結論から言えばほとんどの場合は面接時にバレます

というのは、虚偽の申告をしていたとしても、18歳未満の女性をAVに出演させていたことが発覚するとメーカーやプロダクションが重い罰則を受けることになるため、年齢確認が徹底して行われるからです。

 

ほとんどのプロダクションでは顔写真が掲載されている身分証や、二種類の身分証を使用して年齢確認が行われます。

そのため、虚偽の申告をしてもそこで発見されることが多いのです。

このようにもし発覚した場合はメーカーやプロダクションに対して、営業停止や罰金、条例違反などさまざまな罰則が行われることになります。

 

では、虚偽の申告をした方はどうなるのでしょうか。

プロダクションなどの面接時に虚偽の年齢申告をしたからといって、すぐに逮捕されるということはあまりありません。

しかしこの虚偽の申告によってプロダクションやメーカーが大きな損害を出した場合は、本人の本人の保護者を相手に損害賠償請求が行われる可能性があります。

そうなると虚偽の年齢申告をしてAVに出演しようとしていたことが周囲に知られる可能性もありますし、将来的な進学や就職に不利になっていく可能性もあります

AVではない普通の会社で虚偽の申告をして雇用されるというのは「経歴詐称」に当たる行為です。

もしまだ18歳になっていない、もしくは高校在学中であるなら、この条件を満たすまで応募するのはやめておきましょう。

 

 

4.では年齢の上限は?

AV女優として仕事をしていくのに18歳以上という年齢制限があることについて述べてきました。

では逆に「上限」はあるのでしょうか?

これは「ない」というのが正解となっています。

 

やはりAV女優をしている女性でもっとも多いのは「20代」です。

数も多く、色々なタイプがいることから「若妻」「キャリアウーマン」「主婦」「女子高生」など幅広く対応できる年代だということもあるでしょう。

実際にトップクラスの知名度を誇る単体女優や企画単体女優の多くは20代です。

そして20代のうちに引退する、30歳を越えたあたりで引退するというのが少し前までの傾向でした。

 

このようにAV業界では、「何歳になったら引退する」という決まりはなく、「一般の生活に戻る」「目標金額が貯まった」「人気が落ちてきた」「周囲にバレてしまった」といった理由から女優が自分で引退をしていくというのが普通だったのです。

それが結果的に20代、30代前半くらいの引退が多いということにつながっていました。

 

しかし近年、爆発的に増えてきている需要に「熟女」というジャンルがあります。

これは主に30代、40代の熟女がAVに出演するというもので、「主婦」「NTR(寝取られ)」といったジャンルと複合しやすいということもあって急激に人気を伸ばしてきました。

当然、出演している女優は30代、40代の女優となりますので、こうした年代の女優が増加してきているという傾向があります。

この「熟女」というジャンルは幅広く、30代くらいの女性から上は50代、60代といった年齢層も含まれてくることになります。

 

では何歳までAV女優という仕事をすることができるのでしょうか。

日本の最高齢AV女優は2016年に81歳でデビューをした「小笠原祐子」です。

2021年には86歳になるこの女性は間違いなく日本最高齢のAV女優だと言えるでしょう。

このように本人の意志、健康状態、需要があれば何歳でもAV女優という仕事を続けることは可能です。

 

 

まとめ

AV女優になるには「18歳以上であること」「現役高校生ではないこと」といった条件があります。

逆に上限はないので、何歳でもAV女優をしていくことは可能です。

プロダクションでは年齢確認が厳格に行われますので、身分証明書を忘れないようにしましょう。

 

 

 

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。