Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優は在宅アルバイトでも稼げる!

 

2020年に世界中を震撼させたコロナ禍はAV業界にも大きな影響を与えました。

今まで通りの撮影や販売ができなくなったことによって新たな分野で需要が伸びてきたのです。

それがAV女優の「在宅アルバイト」にもつながってきました。

そこでここではAV女優が行う在宅アルバイトについて紹介していきたいと思います。

 

1.コロナ禍がAV業界に与えた影響

2020年の年初より徐々に感染者を増やしていったコロナ禍によって、3~4月には緊急事態宣言が出されることとなりました。

そのため、濃厚接触を伴うAVの撮影自体ができないということになり、多くのメーカーが撮影を自粛するという状況となりました。

 

中小メーカーの中には撮影を続行したところもあったようですが、大手メーカーは1~3ヶ月の撮影自粛に踏み切ったことが多く、この間AV女優は撮影の仕事をすることができなくなったのです。

 

AVの作品を見る側としては、この期間に風俗などに行くことができなくなったため、AVの需要自体はなくなることはなく、むしろ増加したとも言われています。

そのため大手動画配信サイトなどでは、過去のAV作品を安い価格で見ることができるようにしたり、「見放題」というプランを打ち出したりしていきました。

 

また、AV女優はSNSなどを使ってファンと交流をしたり、You tubeに出演するなどの生活をしていたのですが、同時に大きくその数を増やしてきたのが「ライブチャット」です。

これがAV女優が在宅でできる仕事として人気となっていったのです。

 

2.ライブチャットとは

ライブチャットはこの時期にAV女優が新しく始めたものではなく、それ以前から普通に存在していたものです。

アダルトのものとアダルトではないものがあり、素人が配信しているものが多く存在していました。

そこに参入したのがAV女優です。

本業でAV女優をしているということもあって、素人のアダルト配信よりもエロさが期待できるというだけでなく、一方的な配信ではなく、双方向のチャットであれば、ここでファンと交流できるというものもあるのが特徴です。

 

こういったプロのAV女優が出演しているライブチャットでは高額な費用がかかるのか、という疑問があるかもしれませんが、たいていは大手の動画配信サイトで行われているということもあって、安心して利用できるようになっています。

 

大手の動画配信サイトでもアダルト、ノンアダルトの両方が利用できるところが多いのですが、ここではそれらの中でもAV女優が出演していることが多い人気サイトをいくつか紹介していきます。

 

2-1.FANZA

もともとは「DMM.com」という名前だった大手動画配信サイトです。

現在でも多くのAV動画が配信されている人気サイトだと言えます。

ここではAV女優のライブ配信も多く行われており、不定期で開催されることが多いAV女優の動画配信の中でもここは毎週のようにライブ配信が行われているという強みがあります。

 

それぞれのプランで料金が違っており、基本的には前払いでポイントを購入して利用するようになっています。

アダルト分野のライブチャットは、

「待機のぞき」「パーティーのぞき」が1分あたり100円

「2ショットチャット」は1分あたり250円

「双方ショットチャット」は1分あたり400円

という料金設定になっています。

動画配信サイトの中でもトップクラスの大手であり、料金も安めに設定されているので安心して利用することができるでしょう。

 

2-2.カリビアンコムガール

こちらは大手動画配信サイト「カリビアンコム」が運営しているライブチャットです。

素人ギャルから主婦、AV女優まで幅広くライブチャットを行っており、ライブだけでなく、後から録画モードのものも利用することができるようになっています。

なんといっても配信元が海外ですので、無修正で視聴することができるという強みがあります。

その分少し高めの料金設定となっており、通常のライブチャットでも1分280~300円程度の料金がかかるようになっています。

内容の過激さを考えるとそれでもお得と感じるかもしれません。

 

2-3.エンジェルライブ

こちらはどちらかというと素人ギャルが中心のライブチャットとなっています。

そのため、素人っぽい女性のエロを求める人におすすめです。

ここでも不定期にAV女優によるライブチャットイベントが開催されています。

サイトの雰囲気に合わせて、AV女優のライブチャットもいきなり過激になるのではなく、少しずつエロを深めていくような演出がされるために、そういったタイプが好みの人におすすめです。

 

また、料金設定も安めになっており、双方向の2ショットチャットの料金は1分あたり200円ほどと特に安く設定されています。

また、利用する会員は5つのランクに分かれており、ランクが上がるにつれてポイントの購入割引や特典を受けることができるようになっています。

 

 

3.海外でのチャット事情

アメリカを中心として欧米諸国では日本よりもライブチャットが盛んに行われているという現状があります。

その多くは無修正のものとなっており、過激なものも多くなっています。

中には日本語に対応しているサイトもあり、日本からも利用できるものもあります。

海外の過激なライブチャットを見たいという人にはぜひおすすめです。

 

例えば、「ImLive」というサイトは20年近くの歴史を持つ人気ライブチャットサイトです。

その評価は高く、業界内で受賞もしています。

また、有名なポルノスターがイベントを行うこともあり、そこではファンと交流することも可能ということもあって大盛況です。

 

料金設定も1分100~200円程度のものが多く、ノンアダルトのものはほとんどが無料で視聴することができるようになっています。

特に人気のポルノスターが出演しているライブチャットの場合は1分500~600円程度になることがありますが、全体的には安めの設定だと言えます。

 

また、アメリカでは大手のAVプロダクションが所属しているAV女優にAVを撮影できる機材を貸し出して自宅から撮影、配信するという試みもされています。

機材は高額なために数百万円程度の費用がかかっているということですが、コロナ禍などで外出、撮影ができない中でもAVを配信していくというシステムが構築されていると言えます。

 

 

4.これからさらに増加する見込みの在宅ワーク

昔のようにAVを撮影して、それをビデオテープで販売もしくはレンタルするという業態から、DVDの販売、さらにインターネットでの動画配信とどんどん形を変えてきているのがAV業界です。

そういった流れの中でコロナ禍があり、さらに動画配信への需要が高まっているという状況があります。

 

そう考えるとAV女優が在宅しながらライブチャットを行うというのは時代に合っているシステムだと言えるでしょう。

一ヶ所にスタッフを大勢集めて濃厚接触になりながら撮影を行うよりも安全で、自宅に居ながら仕事をすることができるというだけでなく、見る側からしても自分の好きなAV女優のライブチャットを安い値段で見ることができるというのは双方にメリットがあると言えるからです。

そのため、コロナ禍が落ち着いたとしても、このライブチャットによる在宅ワークはなくなることはないと考えられています。

 

 

まとめ

時代の流れやコロナ禍によってAV業界も大きく変わってきています。

その中でどんどん需要が高まっているライブチャットはAV女優が在宅しながらできる仕事として人気が高まっています

これからさらにAV女優が参入してくるということも考えられますし、まだ利用したことがないという人も試してみるということも増えてくるでしょう。