Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優はメンタル管理が重要。その方法は

AV女優は体力的にも厳しい仕事ですが、メンタル管理も重要な仕事です。

精神的に負担が大きい仕事だからこそメンタル管理をしなければいけないのです。

そこでここでは、AV女優のメンタル管理について紹介していきたいと思います。

 

1.AV女優は精神的に追い詰められやすい

テレビやネットのバラエティ番組に出演しているAV女優を見ていると楽しそうに見えるので、精神的な負担は無いように見えますが、実はAV女優は精神的な負担が非常に多い仕事でもあります。

正しく対処していれば大丈夫ですが、対処しないままストレスを感じていくとメンタルが疲れてしまうことにもなってしまいます。

では、AV女優が精神的に疲れるのにはどういった理由があるでしょうか。

 

まずあるのが、「焦り」です。

AVの仕事を完全に副業と割り切ってやっていて、むしろ有名になりすぎると顔バレして困るという女優であれば、これは悩まないかもしれません。

しかし、AV女優として有名になっていきたい、単体女優を目指していきたい、ゆくゆくはテレビなどで活躍できるようになりたいという女優は「焦り」を覚えることとなります。

現在AV女優は1万人いると言われており、その多くが「企画女優」です。

知名度を上げて人気になっていくには、その多くの企画女優の中で目立っていかなければいけません。

もちろん、すぐに人気が出る女優もいますが、なかなか知名度が上がらないということもあります。

そうして焦りの中で企画女優の仕事をしているうちに精神的に疲れてしまうことがあるのです。

 

そして、人気が出たら今度は「人気を持続する」というプレッシャーを感じることとなります。

AV女優としての平均勤務年数は1~2年ほどと言われており、人気女優でも人気のピークは数年ほどと言われるほど入れ替わりが激しい世界です。

単体女優として人気になった、テレビやネット番組にも出演したという女優がだんだん人気がなくなってきて、企画単体女優へと変わったり、テレビやネット番組に呼ばれないようになってくると引退を考えるという女優もいます。

人気を持続することの難しさを感じてしまうとつらくなってきてしまうのです。

 

インターネットが普及してきたからこそというものもあります。

インターネットが普及してきたことでAV業界にも大きな変化がありました。

媒体が「アダルトビデオ」から「DVD」へと変わり、「動画配信」へと移ってきたのです。

そのため、スマホがあればだれでも簡単にAVを見ることができるようになりました。

これによって気軽にAVを見ることができる、若い女性などでも気にすることなく視聴することができるようになってきたのですが、逆に「口コミ」「評価」などが簡単に書き込めて、それをAV女優の方も見ることができるようになってきています。

こういった口コミを見ない、見ても気にしないという女優は良いのですが、必要以上に気にしてしまう女優からすると大きなプレッシャーになってしまうのです。

2.その他のストレスとは

例えば所属しているプロダクションに不満がある場合などは大きなストレスを感じることとなります。

自分がやりたい仕事を紹介してくれない、思うように売り出してくれないということがあっても、プロダクションを簡単に移籍することは難しいので我慢することがストレスとなってしまいます。

 

また、多くのAV女優が悩んでいるのが「顔バレ、身バレ」です。

周囲の人や家族などが仕事のことを知っていれば問題ありませんが、内緒で仕事をしている場合には顔バレや身バレで悩むこととなります。

実際に企画女優として月に数本の仕事をしているくらいではなかなかバレるものではありませんが、「もしかしたら」と考えていくと不安になってくることがあるのです。

 

3.AV女優のメンタル管理について

まず基本的には「我慢しない」ということです。

仕事をしている人すべてに当てはまることですが、どこかで息抜きは必要となります。

買い物やお酒などは手軽に行うことができる息抜きです。

ただ、これらを自由にしていると「買い物依存」「アルコール依存」などの依存症につながることもあります。

金額を決めて自由に買い物をする、飲む量を決めて飲むということで管理していくと良いでしょう。

難しい場合はプロダクションや友人に相談するのも良いかもしれません。

 

誰かに相談する、愚痴を聞いてもらうということもメンタル管理に役立ちます。

日ごろの愚痴を聞いてもらうだけでもストレス発散が可能なのです。

ただ、AVの仕事の内容のこととなると誰でも相談できるというわけではないかもしれません。

プロダクションのスタッフ、マネージャー、同業者などであれば相談しやすいでしょう。

まずは話を聞いてもらうことでストレス解消をしていきましょう。

 

散歩、小旅行などの外出をするというのもおすすめです。

何より気分転換になりますし、太陽の光を浴びることでセロトニンが吸収され、自律神経を整える効果があります。

 

また、できるだけ夜は早く寝て、早く起きる、軽い運動をするという基本的なこともなかなか忙しい生活になってくるとできないという人がいるかもしれません。

こういった基本的な健康管理をすることで落ち着いた精神状態にすることが可能なのです。

 

あとはストレスの原因となっているものを解決していきましょう。

まず焦りや人気の持続については、自分がどういった仕事をしていきたいのか、どの時点で引退を考えるのかということを落ち着いて考えていくことで解決できる場合があります。

もともと副業として考えていたのであれば焦る必要もありませんし、引退のタイミングを自分で考えていた場合は悩まなくても良いことがあります。

口コミや評価が気になるという人は見ないようにするか、良いことが書いてある部分を中心に読むと良いでしょう。

 

4.プロダクションのメンタル管理が重要

仕事が忙しい、ストレスを感じやすいという女優のメンタル管理を行うのはプロダクションの仕事でもあります。

過去に人気の企画単体女優が月に20本以上の作品撮影を行っていて、健康を害するということがありました。

人気になって出演依頼がくると当然それらに全部出たいという気持ちはわかりますが、体調管理、メンタル管理ができないままにそういった生活をおくっていると必ずどこかで無理が起こります。

 

こうしたスケジュールの管理、女優の体調管理は所属しているプロダクションの仕事でもあります。

AV女優はプロダクションの社員ではなく、個人事業主ではありますが、プロダクションとマネジメント契約を結んでいます。

そうして所属している女優ですから、プロダクションはしっかりとマネジメントをしていくという義務があります。

 

女優が仕事をし過ぎていないか、女優におかしいところはないか、ということをチェックし、無理のないスケジュールでの仕事を組んだ上で、女優の体調管理を行っていくという仕事をしていくのがプロダクションなのです。

また、女優側もスケジュールについての相談、体調面での相談、メンタル面での相談をプロダクションにしていくことで解決できることもあります。

 

まとめ

AV女優は一見メンタルが強そうな仕事に見えるかもしれませんが、実はストレスやプレッシャーを受けやすい仕事でもあります。

それぞれに対処法がありますので、ストレスを溜めない、こまめに発散していくことで精神的につらくならないように仕事をしていきましょう。

悩んだときはプロダクションに相談するのも良いでしょう。

WISHではそういった相談をいつでもお待ちしています。