Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優になった決め手、みんなの声はこれ!

AV女優という仕事は昔よりも身近に感じることができるようになったと言われています。

毎年多くのAV女優がデビューしているという現状があるのですが、ではそんな彼女たちはどういったことが決め手となってAV女優という仕事をするようになったのでしょうか。

ここではそんなAV女優になった決め手について紹介していきたいと思います。

 

1.スカウトされたことがきっかけ

インターネットが普及してきたことがきっかけとなって、AVプロダクションのホームページなどから女性が簡単に応募することができるようになってきています。

また、こういったホームページなどからプロダクションについての情報を集めることもできますし、AVという仕事についても調べることが可能となってきました。

こうしたことが多くの女性がAV業界に入りやすい環境を作っているということは間違いないと言えます。

 

しかしこういった動きは、女性がAVに興味がある、AV女優になりたいという希望を持っているということが前提となって始まるものです。

もとから興味があった女性にとっては、それは自然な流れでもあり強烈な決め手になっているとは言えない部分もあります。

 

ただ、「スカウトされる」ということは別の話になります。

繁華街などを歩いている、人と待ち合わせをしているという時にスカウトされるということがあります。

もちろん声をかけてくるのがすべてAVのスカウトというわけではありません。

中にはタレント、モデル、風俗といったものもありますし、化粧品などのセールスの場合もあります。

 

その中にAV業界のスカウトマンもいるのです。

AVのスカウトマンも手当たり次第に声をかけているわけではありません。

その女性がAV業界で有名になれそう、人気が出そうな女性でなければ声をかけることはないのです。

すなわち、スカウトマンが声をかけてきた時点で「見込みがある」と評価されていることになるのです。

AVに強い興味はなかったものの、こうして声をかけられたことがきっかけとなってAV女優の道に入るということがあるのです。

スカウトマンに声をかけられてスタートしているので、最初からある程度の評価をされているということが強みであり、決め手となったと言えるでしょう。

 

 

2.お金のため

昔から今までAV女優になった決め手として、もっとも大きい理由は「お金」だと言われています。

一般の仕事をしていてはとても稼げないようなお金をAV業界では稼げるという可能性があります。

 

企画女優として月に数本出演するというだけでも10万円以上稼ぐことが可能となっており、企画単体女優、単体女優となって人気が出てくれば月に数百万円稼ぐことも可能であり、それだけ夢がある仕事とも言えます。

 

何のためにお金を稼ぐのかは女性によって理由は違っています。

例えばすでに一般の仕事を本職としている女性がアルバイト感覚でAVに出演する場合は、生活費の足しにする、遊興費のためなどが考えられます。

また、学生が行う場合は一般のアルバイトをするよりも短い時間で多くのお金を稼ぐことが可能となっていることが言えます。

 

最近では「熟女」「人妻」のジャンルが人気になっていることから主婦がAVに出演することも増えてきています。

この場合も生活費の足しにするということが理由として多くなっています。

 

その他には、「自分の店を持つ資金を貯める」「資格取得や留学の費用を貯める」「借金の返済」などの理由が考えられますが、これも大金を稼げる可能性があるということが決め手になっていると言えるでしょう。

 

お金を稼ぐという理由であれば風俗も考えられますが、風俗で大金を稼ぐにはそれだけ長い時間働く必要もありますし、直接男性と会うことから身バレ顔バレする可能性も高くなります。

AVでも単体女優や企画単体女優として有名になってくれば身バレ顔バレは防ぎにくくなりますが、企画女優として仕事をしているのであれば、その可能性は低く抑えることが可能です。

バレにくさとお金の稼ぎやすさのバランスを考えるとAV業界の方が良いと判断されることがあるのです。

 

3.有名になりたい、タレントになりたい

テレビのバラエティ番組やネット番組などに現役のAV女優が出演するということが増えてきています。

中には「ゴッドタン」「おねがい、マスカット」などの人気番組でさらに知名度を上げ、番組内で組まれたアイドルユニットとして全国でイベントを行ったり、ゲームやパチンコに起用されるというAV女優もいます。

 

こうした女優を見ていることで、「自分もこうなりたい」「有名になりたい」と思った女性がAV業界に入るということがあるのです。

もちろんデビューしていきなりこういった番組に出演することはできません。

ああいった番組に出演している女優は単体女優や企画単体女優としてすでに人気や知名度をある程度得ている女優たちであり、元から知られている女優が番組出演などをきっかけにさらに知名度を上げているのです。

そのためまずはAV女優として知名度を上げていく必要があるのは間違いありません。

 

さらに最近ではアプリゲームやYou Tuberとのコラボなどもますます増えてきています。

このことで一般の人が目にする機会が急激に増えており、それまでの固定されたAVファン層から外れた人たちからも注目されることが多くなっています

こうしたことも有名になりたいという女性をさらに引きつける魅力となっていると言えます。

 

 

4.興味があった、欲求不満だった、新しいことに挑戦してみたかった

その他の決め手としてはメンタル的なものが多くなっています。

元々AV業界に興味はあったものの、環境やタイミングで業界に入ることができなかった。

そういった女性が環境の変化などによって挑戦できるようになったことで業界に入るということがあります。

この場合は、その環境の変化やタイミングが決め手となったとも言えます。

 

また、主婦がAV業界に挑戦する理由として「欲求不満」ということがあります。

単純にセックスがしたい、しかし家庭は壊すつもりはない。

こうなると知り合いと不倫というわけにはいきません。

しかしAVへの出演であれば、仕事として割り切れるということもありますし、プロダクションではアリバイ対策も行ってくれます。

そして出演すればギャラとしてお金も稼ぐことができるので、一石二鳥となるのです。

この場合、セックスの相手をするのがプロの男優ということもメリットとなります。

プロの技でセックスができるだけでなく、プロの男優は性病検査などもしっかりと行っているために一般の男性とセックスをするよりもよほど安全だと言えます。

 

そして年齢を問わず、女性たちがAV女優になる理由としてあるのが「挑戦してみたい」という気持ちです。

学校を卒業したから、東京に出てきたから、子育てがひと段落したから、などタイミングは様々ですが、そのタイミングに「新しいことに挑戦してみたい」となったときにAV女優になるという選択肢が出てくるのです。

自分が今まで経験をしたことがないことに挑戦できる、知らなかった業界に飛び込むということが可能であり、それを実現するためにAV女優になるのです。

 

 

まとめ

AV女優になる決め手はそれぞれの女性によって違います。

しかしどの女優にも決め手となった理由があるのです。

それが精神的なものなのか、金銭的なもの、肉体的なものなのかはそれぞれですが、そういった理由を見ていくというのも興味深いところがあると言えるでしょう。