Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優は写真映りも大事!自撮りのポイントとは

実際に撮影された作品には自信があっても、まずはその作品を選んでもらわなければ見てもらうことができません。

そのためAV作品では作品のパッケージ、インターネットや雑誌に掲載される写真も非常に重要となってきます。

また、最近では女優がSNSを使ってどんどん情報を発信しているということもあり、撮影されるコツ、自撮りのポイントを知っているかどうかも重要です。

そこでここではAV女優の写真映り、自撮りのポイントについて紹介していきたいと思います。

 

1.写真の重要性

これはAV女優だけでなく、風俗やキャバクラなどでも言えることですが、サービスの内容が重要なのは当然として、まずは「選んでもらう」ということがポイントとなってきます。

 

AV業界では1万人ほどAV女優がいるとされており、毎月数百本の作品がリリース、毎年数千人の新人デビューが行われています。

インターネットの動画配信サイトなどでも毎日、多くの作品が更新されて掲載されています。

もうすでに固定ファンを多く持っているトップ女優であれば、新作を出せばすぐに反応してもらえますが、まだそこまで有名でないうちは多くの作品の中からまずは「選んでもらう」必要があるのです。

 

数多くの作品の中から選んでもらうには、その作品のタイトルやジャンルも関係してきますが、やはり掲載されている写真が重要になるのは間違いありません。

そこで「かわいい」「綺麗」など見る人の興味を引かなければ選んでもらうことすらできなくなるのです。

一度見てもらえば気に入ってもらえる可能性がありますが、一度も見られなければその可能性すらありません。

 

そのために、まずAV女優は「目立つ」「目を引く」写真を撮ってもらい、それを宣材写真として使用するということが重要となってきます。

 

 

2.写真はいつ撮影されるか

写真は何度か撮影される機会があります。

まずはプロダクションに所属した際です。

ここで撮影された写真はプロフィールとともにメーカーへの売り込み用の資料として使用されます。

ここで目立つ写真が撮影できていれば、メーカー、プロデューサー、スタッフなどの目に留まりやすくなるので、作品に出演しやすくなります。

この写真はプロダクションに所属しているカメラマン、もしくは提携しているカメラマンが撮影してくれます。

もちろん、ヘアメイクなどを行った上で魅力的に撮影してもらえるので、任せておいて良いでしょう。

 

他には作品を撮影した際に、その作品の内容に関係したコンセプトの写真撮影が行われます。

これは作品のパッケージや、動画配信の際のサムネイルとして使用されることが多く、視聴者が作品を選んでいく際に重要なものとなります。

こちらももちろんプロのカメラマンが撮影してくれるので、任せておけば良い仕上がりにしてくれるでしょう。

 

3.近年重要になっているのは自撮り

プロのカメラマンに撮影してもらえる写真に関しては任せておけば安心ですが、注意するのは自撮りです。

近年、AV女優がTwitterやInstagramなどのSNSを通じて自分から情報を発信することが増えてきています。

 

このツールを使うことでファンの開拓、ファンの増加などを行うとともに、新作についての情報を発信することが可能となっており、非常に重要なものとなってきています。

これらをしている、していないで人気の出方もまったく違うものとなってくるため、利用している女優もどんどん増えてきています。

 

こういったツールには画像を載せるのが一般的ですが、常に人に撮ってもらった画像だけを載せることができるとは限りません。

特に自宅などでのオフショットはファンに親近感を与える貴重なものとなるのですが、こういった画像が常に誰かに撮られたものであっては不自然なものとなります。

そうなるとこれらの画像は「自撮り」で撮影することとなるのです。

 

そのため、自撮りの撮影が上手いか下手かによってその効果が大きく違ってくることとなります。

上手ければ、さらにファンを獲得することができたり、高い評価を得ることにつながりますが、自撮りが下手であれば、評価が下がることもあります。

やはり、自撮りのポイントを知っていることが重要だと言えるでしょう。

 

 

4.自撮りのポイント

まずSNSなどに載せる自撮りの画像はやはり笑顔のものが喜ばれます

暗い表情や、何を考えているかわからない表情よりも笑顔の方が明るくなります。

また、オフショットの時などは、あえてすっぴんや薄化粧のものを載せるというのも喜ばれます。

 

そして画像は下から撮影するよりも、アゴを引いて少し上から撮影した方が良く写ります

顔全体が少し引き締まって見えるので、輪郭が細く見える効果があります。

また、上から撮影することで少し上目遣いになるので、目が大きくなるのもメリットです。

 

そして顔だけを写すつもりでも、姿勢や体勢には気を配る必要があります。

変な姿勢であったり、猫背だったりするとどこかに不自然さが残るだけでなく、緩んだ感じに撮影されます。

姿勢をしっかりとしておくことで、引き締まった写真を撮影することができるでしょう。

 

スタジオなどでプロのカメラマンに撮影してもらう際にはヘアメイクがきっちりと髪型も整えてくれますが、自撮りの際には自分で整える必要があります。

顔には注意していても、髪にはそこまで注意していないという女優もいるので気を付けなければいけません。

 

自撮りで撮影する際には光の当たり方などで髪の色の印象も大きく変わってきます。

黒っぽく見えるようにして清楚な感じにするのか、明るい色合いにしてギャルっぽくするのかを考えて、意識して撮影するようにしましょう。

特に男性は綺麗な髪、落ち着いた黒っぽい髪を気に入る傾向があります。

色艶が出るように意識して黒っぽく仕上げていくと良いでしょう。

 

自撮りを顔だけでなく、身体も写す場合は胸や腹回りなども意識していきましょう。

自撮りの際には、多少胸を盛っても問題ありません。

谷間を強調したり、上からの角度で大きく見せるというのも良いでしょう。

谷間部分にシャドウを入れて大きく見せる方法もあります。

 

また、腹回りなどが写る際には、少しへこませた状態で撮影するというのも良いでしょう。

座ったりしている状態で撮影すると、お腹に肉が集まってしまったり、脚が太く見えてしまうことがあります。

こういった部分にも注意して撮影していきましょう。

 

 

5.反応を見ながら対応していくのも良い

自撮りした画像を掲載していて反応がイマイチという時は、それを見ながら違うパターンに変更していくのも良いでしょう。

色々なパターンのものを掲載していると、自分が思っている通りの反応ではないということがよくあります。

自分の判断だけを信じるのではなく、それを見ている人からの反応も大事にしながら変えていくことも重要なのです。

 

また、思うような結果が出ないときは、プロダクションなどのカメラマンに相談するという方法もあります。

色々なテクニックを教えてもらえますので、それらを試してみるのも効果的です。

 

 

まとめ

AV女優として仕事をしていく上で、写真や画像映りが良いということは非常に重要となります。

これが良いということで、作品の売り上げが変わる、仕事が増える、ファンが増えるという良い結果をもたらすことがあるのです。

特に自撮りの場合は色々と試してみる、プロに相談してみる、反応を見ながら対応するということを心掛けていくと良いでしょう。