Wish Promotion

AV業界ブログ

月100万稼ぐAV女優にはどうなったらなれる?

AV女優として仕事をしていくのであれば、やはり大きく稼ぎたいと思うかもしれません。

しかし1万人いると言われているAV女優の全員が高額な収入を得ているというわけではありません。

では、月に100万円稼ぐにはどうすれば良いでしょうか。

ここではAV女優として月に100万円稼ぐ方法について紹介していきたいと思います。

 

1.まずは単体女優を目指すこと

まったくAVの業界の知識がない人からすると「AV女優になれば大金を手にすることができる」と思うことがあるかもしれません。

これはまったくの間違いではありませんが、大部分に関しては正しくありません。

 

まずAV女優には「企画女優」「企画単体女優」「単体女優」という3つのランクがあります。

 

1-1.単体女優とはどういった女優か

メーカーと専属契約をして作品に単体、つまり一人で主役として出演する女優が単体女優です。

他の女優と共演することもありますが、基本的には主役を演じることとなります。

月に1~2本程度の撮影で、ギャラは1本当たり50~100万円前後となります。

その中でもトップクラスの単体女優はギャラが300万円前後にもなることがあり、テレビ番組などに出演したり、イベントなどにも多く出演することもあります。

 

高い知名度と人気がある女優が多く、人気女優と呼ばれる女優の多くがこのランクとなっています。もしプロダクションやメーカーがいきなり単体女優としてデビューさせようとしている場合は、その女性がかなりの逸材であるか、元々アイドルやタレントなどをしていた芸能人で知名度が高い女性であることがほとんどです。

 

1-2.単体女優の収入とは

一般的なギャラは1本50~100万円ほどとされていますが、もちろん多少の前後はあります。

2000年代ごろには1本が500~1000万円ほどの破格のギャラの人気女優もいましたが、現在はかなり落ち着いてきており、そこまでのギャラになることはほとんどありません。

 

こうしたAV作品の出演の他に撮影会や握手会、交流会、テレビ番組などへの出演などの仕事内容によって収入は変わってくることになります。

特にテレビ番組の出演で知名度が大きく上がったりした女優はゲームやパチンコなどに起用されることも多く、そちらでの収入も大きなものとなっていきます。

つまり月に100万円以上稼ぐためには、単体女優として仕事をしていくというのがもっとも確実な方法なのです。

 

2.企画単体女優について

続いて企画単体女優について紹介していきます。

 

2-1.企画単体女優とはどういった女優か

メーカーと専属の契約はせずに主に単体で作品に出演している女優です。

1本のギャラは30~50万円ほどとなっていますが、作品の出演数に制限がないので、女優によっては数多くの作品に出演することで単体女優よりも稼ぐ場合もあります。人気の企画単体女優は月に10~20本もの数の作品に出演することがあるのです。この場合は単体女優をしているよりも収入が高くなるのです。

 

企画女優から人気が出てきて企画単体女優になるということが多く、すでに作品に多く出演してきている女優が多くいます。

企画単体女優の中には単体女優になることも可能なのに、あえて企画単体女優を続けているという女優もいます。

これは仕事の形態が関係しています。

単体女優になるとメーカーと専属契約となり、月に1~2本しか作品には出演できません。

しかし企画単体女優の場合は専属の契約をしていないために、オファーされあれば制限なく出演できるということになります。

そのため、多くの作品に出演するためにわざと企画単体女優をしているという女優もいるのです。

過去には「朝河蘭」が年間に300本以上の作品に出演したと実績があります。

 

2-2.企画単体女優の収入とは

かなり収入にバラツキが出るのが企画単体女優です。

人気や知名度にかなりの差があり、イベントなどへの参加が多くて、AV作品に数多く出ている女優の中には単体女優よりも収入が高いということもあります

 

3.企画女優について

最後に企画女優について紹介していきます。

 

3-1.企画女優とはどういった女優か

1万人ほど居ると言われるAV女優の90%以上がこれに当たります

複数の女優で一つの作品に出演することが多く、女優名がついていないまま参加している女優もいます。

ギャラは1本3~10万円ほどのものが多く、他に本業を持っていたり、他の仕事と兼業で行っている女優がほとんどです。

 

AV女優を始めるという場合は、ほとんどがこの企画女優から始めることになります。

ここで多くの作品に出演していくうちにファンがついてきたり、スタッフに気に入られたりすることで単体女優や企画単体女優へとステップアップしていくというのが王道なのです。

 

3-2.企画女優の仕事内容とは

企画女優は「素人もの」「ナンパもの」などで一般人の設定で出演したり、複数で1本の作品に出演する、単体女優の作品の脇役として出演するといった仕事を行います。

素人ものやナンパものの作品に出演する際には、女優名が出ないことも多く、あくまでも素人を演じることが多くなっています。

 

また、複数で1本の作品を作るという要素が強いために、学校ものなどで複数の生徒役で出演したり、オムニバス形式を取られるということもおおくあります。

 

3-3.企画女優の収入とは

1本のギャラが3~10万円ほどということもあって、これだけで十分な収入を得られているということはあまりありません。

また、企画女優はとにかく多数居るために仕事が取り合いになってしまうという側面もあります。

 

そのため、企画女優の中には「本業がある」「他にも仕事をしている」といった人が多く居るのが特徴です。

中には「現役AV女優」という肩書きを使って風俗やキャバクラなどで働いている女優もいます。

この肩書きは店にとっては集客効果があるだけでなく、女性にもお客が付きやすい、単価を上げてもらえるというメリットが多いために有名な兼業となっています。

 

 

4.兼業や副業について

AV女優として月に100万円以上稼ぐためには単体女優になるか、企画単体女優として多くの作品に出るというのが基本路線となります。

企画女優として月に数本の作品に出演しているだけでは、なかなかそこまでの収入を得ることができません。

 

しかし、人気が出るまで待てない、すぐに多くの収入を得たいということもあるかもしれません。

そういった場合には副業をすることとなります。

 

AV女優という仕事と相性が良いのがキャバクラや風俗店です。

こういった店で働く際には「現役AV女優」という肩書きを使うことができるため、集客しやすく人気も出やすいというメリットがあります。

店側としても看板になるので高めの給料設定にしてくれることが多いのです。

AV女優をしながら高額な収入を得ていきたいという人におすすめです。

こうして仕事をしながらAV女優としてステップアップしていって単体女優を目指していくという方法もあるのです。

 

まとめ

いきなり全員が月に100万円以上稼ぐということは難しいのですが、十分に狙っていける仕事なのがAV女優という仕事です。

まずは単体女優、企画単体女優を目指していくというのが確実な方法だと言えるでしょう。

もし、そこに達するまでにもっと収入を得たいという場合は副業を考えるのも良いかもしれません。

その場合は所属しているプロダクションに相談すると良いでしょう。

もちろんWISHでもそういった相談はいつでもお待ちしております。