Wish Promotion

AV業界ブログ

超一流AV女優はこれだけ稼ぐ!AV女優は夢のある仕事

AV女優として働く上で、目的やモチベーションとして大きいのが「稼ぐ」ということです。

AV女優といってもトップ女優からデビューしたての企画女優までさまざまですが、超一流と呼ばれる女優にもなると破格の収入を得ることとなります。

そこでここでは、超一流女優が稼ぐ収入について紹介していきたいと思います。

 

1.まずはギャラのシステムを理解する

AVの業界はなかなか一般の人にはわかりにくい部分がある業界です。

そのため、AV業界をよくわかっていない女性は「AVにデビューさえすればすぐに100万円くらいもらえる」と思っていることもあります。

しかし実際に1本の作品に出演して数十万円以上のギャラをもらえるような女優は「単体女優」「企画単体女優」と呼ばれるトップクラスの女優だけです。

 

超一流と呼ばれている女優はたいてい「単体女優」か「企画単体女優」のどちらかです。

「企画女優」で超一流というのはまずありえません。

 

単体女優になればメーカーとの専属契約となり、出演は月に1~2本程度となります。

数千人いると言われているAV女優の中でもまさにトップの知名度や人気を誇る女優だと言えるでしょう。

この単体女優になれば1本50~100万円ほどのギャラとなりますので、単純にギャラアップを考えるのであれば「単体女優を目指していく」という方法があります。

 

単体女優の中でもさらにトップクラスの女優であれば、1本200~300万円というギャラになることもあります。

2000年代ごろにはさらに高いギャラが設定され、年収が1億を超えるという女優もいましたが、最近ではなかなかそこまでのギャラ設定はされにくくなってきています。

それでもテレビ出演など他の仕事も合わせればそれくらい稼ぐ女優もいます。

 

また、企画単体女優は1本30~50万円ほどと単体女優よりはギャラが低くなりますが、月の出演本数に制限がありません。

そのため、人気の企画単体女優となれば月に10本以上出演しているということもあり、ギャラの総額では単体女優を超えるという女優も存在しています。

数多くの作品に出演するために「企画単体女優を目指す」という方法も有効です。

 

ただ、これらの単体女優や企画単体女優は元アイドルやタレントとして知名度がもともとあった場合や、よほどの逸材としてメーカーやプロダクションに見込まれる場合しかいきなりなるということはありません。

多くの場合は企画女優として経験を積み、人気や知名度が上がってくればランクアップするというようになっています。

この企画女優は1本のギャラは3~10万円ほどで、これだけで十分な収入を得るのは難しいランクとなっています。

まずはここから始めて単体女優や企画単体女優を目指していくというのがギャラアップの王道となってきます。

 

 

2.AVの撮影以外で稼ぐ

AV女優のメインの仕事は作品の撮影であることは間違いありませんが、早めに収入を増やすためには撮影以外の方法で稼いでいくというのも1つの手段です。

もちろん超一流になれば、色々と稼ぐ手段は増えてきますが、とにかく「稼ぎたい」という場合はさまざまな仕事をしていくということも重要なのです。

ここではそれらの方法を紹介していきます。

 

2-1.モデルの仕事をする

まずモデルとして仕事をするという方法があります。

ある程度の知名度があることが前提となるものもありますが、新人女優でもすることができる仕事もあります。

 

写真集を撮影してもらって出版するという仕事があります。

これはプロに撮影してもらい、写真集として販売するというものです。

もちろんカメラマン、メイク、スタイリストなどプロの人たちが関わって、1冊の作品と仕上げていきます。

ロケのために北海道や沖縄、海外に行くこともあり、ギャラも数十万円~数百万円に達する仕事ではありますが、ある程度の人気や知名度が必要となってきます。

 

イメージビデオ、イメージDVDと呼ばれる作品に出演する仕事もあります。

こちらはアダルト作品よりも爽やかな作品に仕上げられることが多く、ここで人気が爆発した場合はグラビアアイドル、アイドル、タレントとして仕事をしていくということも多くあります。

現在人気のタレントなどもイメージDVDに出演していたということはよくあることなのです。

また、ギャラも10万円以上あることが多く、やりたいという希望が多い仕事です。

 

雑誌やインターネットに載るモデルの仕事もあります。

こちらはかなり一般的な仕事となり、新人女優でも行うことがある仕事です。

カメラマンやメイク、スタイリストなどはプロであり、撮影もしっかりとしたスタジオなどで行われています。

ギャラも数万円~10万円ほどとなっており、人気の仕事となっています。

 

アダルト雑誌、アダルトサイトのモデル

こちらは全裸、着衣、パンチラなど幅広く需要がある仕事となっています。

その女優の特集として撮影が行われる場合もありますし、顔や目の部分にモザイクをかけたり、目線を入れることで素人っぽく演出するというものもあります。

気軽に購入できるものから、マニア向けのものまであり、アダルトショップ限定で販売されるものなどには「成人シール」が貼られる決まりとなっています。

こちらの場合はその仕事内容によってギャラは大きく変動するようになっており、数万円~10万円程度のものが多くなっています。

 

2-2.撮影会、握手会、サイン会、交流会などのイベント

AV女優の仕事は撮影以外にもファンとの交流イベントに参加するというものがあります。

所属しているプロダクション主催で行われるものが多く、これらに参加することでギャラをもらうことができます。

 

撮影会は登録しているファンや会員による撮影会でモデルをするというものです。

あくまでも個人の撮影に限られており、ここで撮影されたものを売買、SNSなどに掲載することは禁止されています。

 

握手会やサイン会などはファンとの直接的な交流となります。

DVDの販売にリンクして行われるものが多く、売上にも影響してくるものとなっています。

その他にもファンとの交流ツアーなどのイベントが組まれることがあります。

 

3.超一流の女優の収入源は

単体女優や企画単体女優の中でもトップと呼ばれる超一流のAV女優になると、収入減も色々なものとなってきます。

まずはAV撮影のギャラです。

単体女優の場合は専属契約しているメーカーの作品に出演することで発生するものですが、撮影は月に1~2本のため、他の日は他の仕事をすることになります。

 

超一流の女優ともなると、雑誌の撮影、雑誌の取材、握手会、サイン会、撮影会など多くの仕事を行うことになり、それぞれで収入が発生することとなります。

また、最近増えてきているものとしては、パチンコ台とのコラボやテレビやネット番組への出演、アプリゲームへのコラボ出演、YouTuberとのコラボなどがあります。

こうしたものは、もともと知名度がある女優しか行うことのできない仕事であり、しかもこうした仕事を通じてさらに知名度を高めていくということにもつながる仕事となっています。

AVをあまり見ない人でもゲームのコラボで出てきて、そこで知るということもあるのです。

超一流の女優は、AVの撮影のギャラだけでなく、こうしたものからも収入を得ることとなり、高額の収入を稼ぎ出しているのです。

 

 

まとめ

高額な収入というと風俗の仕事などが思いつくかもしれませんが、超一流まで上り詰めたときのAV女優のような爆発的な収入を得ることは風俗ではできません。

もちろんこのような超一流の女優になれるのは一部の女優だけですが、それでも夢のある仕事であると言えるでしょう。