Wish Promotion

AV業界ブログ

OLの副業でAV女優をしている人は、どんな生活サイクル?

1万人ほどのAV女優が活躍していると言われている現在、AV女優の仕事を副業として行っている女優も数多くいます。

中には普段はOLとして働いていて、副業としてAV女優をしているという女優もいるのです。

ではこういった女優はどういった生活サイクルをおくっているのでしょうか。

ここではOLの副業としてAV女優を行っている女性の生活サイクルを紹介していきたいと思います。

 

1.なぜOLが副業としてAV女優をするのか

まずOLがなぜ副業としてAV女優という方法を選んでいるのかということですが、これにはそれぞれの理由があります。

 

・OLの仕事だけでは収入が足りない

物価が安い地方で働いている場合や、実家から通勤している人はそれほど感じないかもしれませんが、地方から上京して一人暮らしを始めた若いOLなどの場合は単純に収入が足りないということがあります。

勤めたばかりのOLでは収入が少なく、手取りが15~20万円弱程度ということがほとんどです。

東京は家賃が高く、小さい部屋でもそれなりに家賃がかかってきます。

さらに光熱費や食費などがかかってくると、OLだけの収入では足りないということがあるのです。

こうして生活費の足しにするために副業としてAV女優をする女性がいるのです。

 

・貯金をしたい

OLとして生活をしながら、貯金をしたい、もしくは資格や免許などのためにお金を貯めたいという場合、OLの収入では足りないということもあって副業としてAV女優をすることがあります。

 

・風俗よりもバレにくい

AVの方が顔バレ、身バレしやすいと考える人がいますが、実際には風俗で働く方が顔バレ、身バレの可能性は高くなります。

AVでも単体女優、企画単体女優として活躍し、テレビなどへの露出をしているような女優であれば顔バレを防ぐことはできませんが、企画女優として月に数本の作品に出演しているような働き方の場合、注目されることが少ないということから特定される可能性はかなり低くなります。

 

それに対して、風俗の場合は知り合いがお客として来た場合、まず隠し通すことはできません。

至近距離で接客をするために、「似ているだけの他人」だと逃れることができないのです。

そう考えると風俗で副業をするよりもAVの仕事の方がバレにくいということになるのです。

 

 

2.OLが副業でAV女優をする場合はバレないこと重視で

OLが副業でAV女優をする際にもっとも注意をすることが顔バレ、身バレしないということです。

もともとAV女優の仕事は家族や友人などには秘密で行っている人も多いのですが、OLの場合は会社の人間にバレてしまうと、そこで働きにくいという状況になってしまう可能性があります。

そのため、出演する作品にも色々と工夫される場合があります。

 

・素人、ナンパものの作品に出演する

AVの中には「素人もの」「ナンパもの」の作品があります。

出演している女性はもちろん本当に素人ではなく、AV女優なのですが、素人という設定のために女優名がクレジットされなかったり、顔にモザイク処理が行われるということがあります。

こういった作品であれば、出演してもまずバレるということはありません

 

ただし、こういった作品は全体の中では数が少ないというだけでなく、他の顔出し作品と比べるとギャラが低く設定されるという傾向があります。

また、希望する女優が多いと出演競争も激しくなりがちです。

 

・目立たないように企画女優としてのみ仕事をする

複数の女優で1本の作品に出演をする企画女優は1人が目立つことが少ないために、身バレや顔バレしにくいというメリットがあります。

名前がクレジットされることも少ないですし、注目されにくいということが大きなメリットです。

 

ただ、企画女優として仕事をしているうちに人気が出てきたり、メーカーや現場スタッフから評価されるようになってくると企画単体女優や単体女優へとステップアップすることがあります。

こうなると注目度がまったく違ってきますので、顔バレ、身バレの危険性は急激に高まります。

あくまでも本業がOLで、AVの仕事を副業として行うというつもりなのであれば、こういったステップアップはしない方が安全です。

 

AVの仕事をメインとしてやっていく、AV女優を本業としてやっていくという人はステップアップを目指していきますが、そうでないならば企画女優のまま仕事を続けることをおすすめします。

 

3.副業として行うAV女優の収入は

では副業としてAV女優の仕事を行った場合、どれくらいの収入が見込めるのでしょうか。

企画女優は複数の女優で一つの作品に出演する、もしくは単体女優の作品の脇役で出演することが多く、女優名がついていないまま素人ものやナンパものの作品に参加している女優もいます。

 

そのためギャラは1本3~10万円ほどのものが多く、他に本業を持っている、主婦や学生がアルバイトで行っている、他の仕事と兼業で行っている、これから売り出していく女優がほとんどです。

 

複数で1本の作品を作るという要素が強いために、学校ものなどで複数の生徒役で出演したり、オムニバス形式の作品に出演することが多くなっています。それらの作品は1本のギャラが3~10万円ほどということもあって、これだけで十分な収入を得られているということはあまりなく、企画女優の中でも競争が激しいために、これだけの仕事で十分な収入を得ているという人はあまりいません。

ただ、副業として行うのであれば、月に数本作品に出演すれば10~20万円ほどの収入になるので十分な額と言えるのかもしれません。

 

また、他の女優がNG項目にすることが多いジャンル「レズ」「乱交」「ハードSM」「中出し」「スカトロ」などの作品に出演する場合は、高めにギャラが設定されることが多くなっています。

こういったジャンルに抵抗がないのであれば、出演していくのも良いかもしれません。

 

 

4.OLが副業でAV女優をする場合の生活サイクルは?

ではOLが副業としてAV女優をする場合、どういった生活サイクルになるのでしょうか。

まず一般的には平日の朝から夕方までは本業のOLの仕事をすることになります。

この間にAVの仕事をするのは難しいでしょう。

また、残業が頻繁に発生する可能性がある場合は平日の夜に撮影を入れるのは難しいということにもなります。

 

そのため、AVの仕事は土日をメインに行われることとなります。

AVの撮影は1日もしくは2日となることが多いため、土日のどちらか、もしくは両方を使って参加するということになります。

本業を持っている人はこのように週末などに集中して撮影に参加することが多くなっています。

 

ちなみに本業が主婦の場合は逆で、平日に夫や子どもがいない間の方が時間が取れることが多く、週末は家族が家に居るために都合が悪いという場合が多くなります。

そのため、「主婦もの」「熟女もの」「人妻もの」の作品は平日の朝から夕方にかけて撮影することが多くなっています。

 

このようにOLが副業でAVの仕事をする場合は、平日は本業、週末にAVの撮影といったサイクルになりやすくなっています。

毎週必ず撮影が入るわけではありませんので、撮影が入らない週末は普通に休みということになります。

 

 

まとめ

現在、AV女優の半数以上は主婦やOL、学生など他の仕事を持っていると言われています。

そのため、OLが副業としてAV女優をしているということも普通にあります。

本業に支障がないように働くことも可能となっていますので、興味がある人はぜひ挑戦してみましょう。

WISHでもそういった相談はいつでもお待ちしています。