Wish Promotion

AV業界ブログ

人間関係が良いAV女優事務所の特徴とは

AVのプロダクションは一度所属すると簡単に移籍をするということはできません。

そのためプロダクション選びは非常に重要となってきます。

仕事に関することもそうですが、長く続けていくためには「人間関係が良い」ということが大切なのです。

そこでここでは、人間関係が良いAV女優事務所、プロダクションの特徴を紹介していきたいと思います。

 

1.AV業界は信頼関係が重要である

AVの業界は商社のように「物」を仕入れて来て売るというような商売ではなく、「人」が中心になって回っている業界です。

例えば、AVを作成するに当たって女優を探すとします。

現在AV女優は1万人ほどいると言われており、その中から絞って仕事依頼をするということになります。

そんなときに、「マナーが悪い」「態度が悪い」「遅刻や欠勤が多い」といった女優に仕事を依頼しようとは思いません。

やはり、「真面目に仕事に取り組む」「コミュニケーションをとりやすい」「言葉遣い、マナーが良い」という女優に優先的に仕事が回ることとなります。

態度が悪く、メーカーや現場のスタッフから嫌われるようになればAV女優として仕事をしていくことはできないでしょう。

 

これはもちろん、所属しているプロダクション内でも同様です。

プロダクションに仕事依頼が来た際に、どの女優に仕事を紹介しようかとなると、やはり信頼関係のある女優に優先的に仕事を紹介することとなります。

態度が悪い、遅刻や欠勤が多い、信頼関係が築けていないという女優は後回しになるでしょう。

AV業界は人間関係、信頼関係が重要なのです。

 

 

2.プロダクション選びも重要である。

気持ちよく仕事をしていくためには人間関係が良いプロダクションを選ぶ必要があります。

一度契約をしてしまうと、なかなか簡単に移籍はできない業界ですので、事前にしっかりとそのプロダクションのことを調べておくということが重要です。

 

しかし、業界に詳しくない人はどうやってそれを調べればよいのかわからないということもあります。

そこでプロダクションを判断していく、いくつかの方法を紹介していきます。

・情報を隠さない

AVの作品は、メーカー、プロダクション、女優を中心として制作されます。

この時、メーカーとプロダクションだけで話が進み、仕事の内容やギャラなどについて女優になかなか正確に知らされないということがあります。

このような情報の隠匿は人間関係を築いていく上で大きな障害となります。

女優が求める情報をできる限り公開してくれる事務所とであれば信頼関係を築いていけるでしょう。

 

・女性スタッフが複数いる

プロダクション面接の際には女性は全裸になって肌の状態や刺青の有無、全身のスタイルなどがチェックされます。

しかしプロダクションによっては、こういったチェックを男性スタッフが行うというところもあります。

デビューしてギャラが発生している仕事であれば、男性の前でも脱ぐのは仕事の一部ではありますが、契約前の段階から男性にチェックされるのは抵抗を持つ女性が多くいます。

こうした役目を女性スタッフが行っているというプロダクションは気遣いができているプロダクションだと言えるでしょう。

 

・メールや電話のときと対応が違うところは避ける

面接応募などのメールや電話では丁寧に対応されたが、実際にプロダクションに行ってみると高圧的な態度、横柄な態度をとられたということもあります。

女優もしくはこれから契約をしようとする女性に対して、高圧的な態度をとるスタッフがいるプロダクションは避けた方が良いでしょう。

 

そもそもプロダクションは会社ではありません。

AV女優はそのプロダクションに所属はしていますが、社員ではなく「個人事業主」という立場です。

プロダクションとは「マネジメント契約」を結んでいるという関係ですので、プロダクションのマネージャーなどは上司ではありません

そのため、高圧的な態度をとられるということは本来ない関係性なのです。

 

・その雰囲気が自分に合っているかどうかを考える

プロダクションは都心に150ほどあると言われており、それぞれに特徴があります。

どのジャンルに強いということもありますし、どういったタイプの女優が所属しているかということもあります。

これがズレてしまっていると、自分がそこでうまくやっていけないということにつながりやすいのです。

 

自分が熟女系、巨乳系で売り出していきたいと思っているのに、妹系、ロリ系、貧乳系に強いプロダクションに所属すると違和感があるでしょう。

所属している女優やスタッフともうまくかみ合わないかもしれません。

そのプロダクションの雰囲気、どういったジャンルに強いのかといったことは事前に調べておき、自分にあっているかどうかを考えることが重要です。

 

3.人間関係がうまくいかないと仕事も続けにくい

最近ではプロダクション面接も狭い門となっており、なかなか合格しないようになってきています。

合格するのは面接を受けた人の10~20%前後と言われており、かなりの難関であることがわかります。

 

これはプロダクションとしても、「人気が出る女優」「売れる女優」を見極める必要があるからです。

仕事をとれない、売れない女優と契約をしても、手間や時間がかかるだけとなるため、全員と契約をしていくわけにはいきません。

 

そこで面接で色々と判断していくこととなります。

その際の合格基準はもちろんプロダクションによって違っています。

「巨乳」「スタイルが良い」「顔が綺麗」「珍しい職歴がある」などその女優の武器となる部分を見ていき、勝負していけると判断されれば合格となります。

そのため、これらの理由によっては、Aというプロダクションで不合格でもBというプロダクションで合格となる場合はあります。

それぞれのプロダクションの求めている人物と一致するかどうかが関係するからです。

しかし、近年それらの武器に加えて「誠実さ」「態度、マナー」などが判断基準に入っていると言われています。

これから一緒に仕事をしていく中で、人間関係を築いていけない、メーカーの人や現場のスタッフと信頼関係を築いていけないと判断される女性は、契約をしたとしても順調に仕事をしていくことができないと判断されるのです。

そのため、いくら顔が良い、スタイルが良い女性であっても誠実でない、態度が悪いという女性はプロダクション面接に合格できません。

 

また、プロダクション面接で態度が悪かった、迷惑をかけたという場合や、所属しているプロダクションで問題を起こした、態度が悪いといった理由でプロダクションを辞めたとしても、他のプロダクションに行けるかどうかはわかりません。

業界内は広いようで狭いものです。

プロダクション同士に関わりがあれば、情報が共有されることもあります。

顔やスタイルは好みに違いがありますが、態度が悪いのは共通で嫌われるのです。

 

 

まとめ

AV女優が多くの仕事をしていく、長く仕事を続けていく上で、プロダクションやメーカーとの人間関係、信頼関係は欠かせないものとなっていきます。

自分に合ったプロダクションを探すということが重要となりますし、そのプロダクションがどのような運営を行っているのかということも重要となります。

まずは人間関係が良いプロダクションを探してみましょう。

もちろんWISHはスタッフと女優の人間関係は非常に良好となっています。

ぜひ一度訪れてみてください。