Wish Promotion

AV業界ブログ

営業力のあるAV女優事務所はここが違う!

AVの事務所、プロダクションは自由に移籍できるものではありません。

そのためプロダクション選びが重要となってきます。

その際にはプロダクションが行う仕事を理解しておき、どの部分を重要視するのかを自分で判断していかなければなりません。

事務所、プロダクションによって特徴が違うのですが、重要となってくるのは「営業力」です。

そこでここではAV事務所の「営業力」について紹介していきたいと思います。

 

1.AV事務所、プロダクションの仕事とは

AVを制作するのはメーカーの仕事です。

そのAVに出演する人をメーカーに紹介するのがプロダクションの仕事となります。

 

そのためにまずは女優を求人、採用して所属としていくというところから始めます。

最近では自社の公式サイトから簡単に応募できるようになっているところが増えてきています。

こうして応募してきた女性と面接を行います。

この際、女性の顔やスタイル、肌の状態などを細かくチェックして女性のプロフィールを作成するのがプロダクションの仕事となります。

同様に近年特に厳しくなっている「年齢確認」「身元確認」なども行われます

 

その後、契約をして自社の所属となった女優をメーカーに売り込んでいくこととなります。

所属している女優に少しでもギャラが高い仕事、たくさんの仕事を紹介するためにメーカーと交渉したり、ギャラ交渉などを行うこととなります。

 

また、所属している女優のスケジュール管理、現場への同行、メンタル管理などもマネジメント業務として行っていきます。

 

そうした仕事を行い、メーカーから出されるギャラを女優と分けることで収入としています。

当然、多くの女優に仕事を紹介する、単価の高い仕事を女優に紹介するということがプロダクションの収入につながるため、AVプロダクションでは「営業力」が重要となっているのです。

 

 

2.まずはAVプロダクションに所属するところから始まる

基本的にAV女優として仕事をしていく際にはプロダクションに所属をすることになります。

ある程度の経験を積んだ女優がフリーで仕事をするということはありますが、まったくの新人がフリーで仕事をしても、まず仕事を取ってくることから難しい状態となります。

 

さらにAVに関してはトラブルが発生する場合もありますし、ギャラ交渉や仕事内容の交渉などもすべて自分でしなければならないようになります。

これらを考えるとAV女優がフリーで仕事をしていくのは非常に難しいことだと言えるでしょう。

 

一応プロダクション以外でもAV女優を募集しているところはあります。

大手メーカーが直接募集をしている場合や同人サークルなどが募集をしている場合です。

このうち、メーカーが募集している場合は信頼面では高くなりますが、募集自体があまり行われていないというのが実状です。

 

同人サークルなどが募集をしている場合がありますが、これは、おすすめはできません。

AV業界の関係者ではない一般人がAVを制作しているというケースが多く、何かトラブルがあっても対応できないことが多いからです。

また、ギャラなども少ない場合がありますので、普通のプロダクションに所属する方が安全だと言えます。

 

3.プロダクションの営業力とは

ではプロダクションは具体的にどのような営業を行うのでしょうか。

プロダクションのマネージャーは自分のみ、もしくは期待しているAV女優とともにメーカーを訪問します。

そこで、女優のプロフィールや一緒に連れていっている女優でプレゼンを行うこととなります。

この時に仕事が紹介される場合もありますし、こうして関係を作っていくことで、メーカーから後日仕事が紹介されるということもあります。

連れていった女優はこの時にメーカー面接を受けることがあります。

これはプロダクションに所属するときの面接とは違い、メーカーが仕事を依頼するかどうかを判断する面接となります。

 

この時、メーカーが強く気に入ればメーカー専属の単体女優となる場合もあります。

単体女優になるとギャラの単価が跳ねあがるため、AV女優の一つの目標となっています。

また、その場ですぐに仕事の話がまとまらなかった場合でも、プロデューサー、監督などに営業を行い、自社の女優をどんどん売り込んでいきます。

 

そのため、こうした営業活動をしっかりと行っているプロダクションはメーカーとパイプを作っていくことができますし、プロデューサーや現場のスタッフにどんどん女優を売り込んでいくことが可能となります

逆に営業活動を行わず、受け身となっているプロダクションは新しい仕事を紹介されることが少なくなっていきます。

営業力があるプロダクションに所属していることが有利になるというのはそういったことなのです。

 

特に複数の女優が出演する「企画もの」などでは女優が複数必要になってきます。

こういった時にどれだけ仕事をとってこれるのか、所属している女優を紹介することができるかが、営業力の見せ所となります。

 

 

4.営業力があるプロダクションの意識とは

数多くあるプロダクションの中でも営業力があるプロダクションは高い意識を持って運営を行っています。

ここでは特に営業力のあるプロダクションが掲げている運営方針をいくつか紹介していきます。

 

・メーカーとのつながり、関係性を重視する

良いプロダクションとは「営業力」があるということであり、「営業力」とは、メーカーと良い関係を築いている、信頼関係があるということです。

メーカーと良好な信頼関係を築けているプロダクションは、所属しているAV女優にたくさんの仕事を紹介することができるだけでなく、高単価の仕事を紹介することも可能となってきます。

また、AV女優の仕事を副業としてやっている場合でも、本業と重ならないようにスケジュールを調整しやすくなります。

こうしたプロダクションを選ぶということが効率よくAV女優の仕事をしていくことにつながるのです。

 

・女優の扱い、対応の仕方

営業力とは「自社の人、物、サービスを売り込む力」ということになります。

プロダクションの場合は、所属している女優がその対象となります。

当然女優は自社に利益を生み出してくれる存在となるのですが、プロダクションによっては女優を適当に扱う場合もあります。

営業力があるプロダクションは何よりも女優を大事にします。

美容サポート、アリバイサポート、メンタルサポートなどや、スケジュール管理などのマネジメント業務を丁寧に行っていきます。

また、こうした業務をすべて女性のスタッフが行うという場合もあります。

 

・効率的な業務体制

女優のコンディションを良い状態に保ち、所属している女優に関する個人情報などについては厳格に管理が行われます。

また、女優の仕事へのサポート、バックアップの体制を整え、女優が働きやすい環境を作っています。

その上で、女優とメーカーのパイプ役としての業務を正確、確実に行っていくというのが営業力があるプロダクションなのです。

 

 

まとめ

プロダクションは数多くあるのですが、その中でも「営業力」があるプロダクションは貴重な存在です。

プロダクションは簡単には移籍できませんので、最初に所属するプロダクション選びが重要となってきます。

どういった女優が所属しているのか、どういった仕事に関わっているのか、女優に対してどのような対応をしているのか、ということを調べていき、良いプロダクションを選ぶようにしましょう。