Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優は元メンヘラが多い?精神的な問題もサポートします

AV女優にはメンヘラが多いと言われていたことがありますが、それは本当なのでしょうか。

また、そういったことに対してどこからもサポートはないのでしょうか。

ここでは、AV女優のメンタル面について紹介していきたいと思います。

 

1.昔はたしかにメンヘラな女優が存在していた

昔のAV業界はグレーな部分、ブラックな部分が多く、そこに出演している女優たちの中には借金などによって無理やり出演させられているという女優もいました。

その中にはデビュー前から精神的に病んでいた女性もいますし、無理に撮影に参加させられることで、さらにストレスを受けてメンヘラがひどくなるということがあったと言われています。

 

プロダクションも暗いイメージが強く、契約書もあいまいなまま撮影をしているということもあったため、トラブルも多くありました。

こうした中で「AV女優にはメンヘラが多い」というイメージがついていったのです。

しかしこれは時代とともに変わっていきます。

AV業界自体のクリーン化が進んできたことで、以前のような強いアンダーグラウンド感が薄くなっていきており、プロダクションやメーカーの透明化が進んでいます。

契約書なども明確化されるようになり、それぞれのプロダクションでも「年齢確認」「契約書」などは徹底して行うようになってきました。

こうした身元確認や年齢確認などをしっかりと行わずに未成年者を撮影に参加させてしまったりするとプロダクションやメーカーには重い罰則が科せられることになります。

そのため、プロダクションなどでは顔写真付きの身分証などによって厳しく年齢確認などを行うように変わってきたのです。

 

また、以前大きなトラブルとなった「撮影を強制した」「ギャラが支払われていない」といったことを防ぐために事前に契約書を交わしてプレイ内容や撮影時間、撮影場所などについて細かく事前に決めておくようになっています。

これらのことによって働いている女優たちがどんどんと変化していきました。

こうした業界のクリーン化がメンヘラの女優を減らしていくことに影響したのです。

 

 

2.AV女優の性格とは

テレビで活躍しているAV女優を見ると明るく元気な女優が多いように見えます。

では、AV女優は明るくて元気でなければ仕事をしていくことはできないのでしょうか。

これは半分は正解で、半分は不正解ということになります。

 

AVの撮影現場は多くのスタッフ、女優、男優、監督で協力して1本の作品を作っていくこととなります。

そのため、女優は周囲とコミュニケーションを上手く取りながら、明るく元気に振る舞うことによって現場で好かれる、ということは確かにあります。

現場でスタッフとフレンドリーに会話していくことで、わかることもありますし、それが次の仕事につながっていくということもあります。

そう考えると、明るくて元気な方が仕事はしやすいのかもしれません。

 

しかし、すべてのファンやスタッフがそういった対応を望んでいるとは限りません。

以前に「塩対応」という言葉がありましたが、こうした反応を楽しむファンもいるのです。

みんなが同じ性格や対応でなければいけないということはないと言えます。

 

むしろ明るく元気な女優が多いからこそ、「静か」「おとなしい」「暗い」という性格が目立つということもあります。

こうした普段はおとなしいキャラクターの女優が、AV作品の中ではみだらに絡んでいるということが大きなギャップとなって喜ばれるということもあるのです。

 

もちろん、暗い性格、人見知り、おとなしいということは問題ありませんが、態度が悪い、言葉遣いが悪いといったことはいけません。

現場のスタッフに対して横柄な態度をとったり、話しかけられているのに無視をしたりしていると「一緒に仕事をしたくない」と判断されることにつながりますので、こういったことは避けなければいけません。

暗い性格、メンヘラ気味という部分があったとしても、最低限の礼儀を守っていれば、それで良いのです。

 

3.そもそもメンヘラな女優は減ってきている

多少暗い性格という女優はいますが、メンヘラという女優は急激に減ってきています。

業界内のクリーン化が進み、無理やりAV女優の仕事をさせられるということがなくなってきた結果、最近では女性たちがみずからプロダクションに応募してきて面接が行われるという流れになっています。

このように、AV女優になりたいという絶対数が少なかった昔ならともかく、AV女優になることを希望する女性がどんどん増加している現在では、このようなメンヘラの女性を使うメリットがないのです。

 

メンヘラの女性は撮影に無断で来ない、遅刻する、指示に従わない、スタッフや共演者とトラブルを起こすといったことがあったのです。

こうしたトラブルはプロダクションの責任にもなるため、プロダクションはこうした女性とそもそも契約しないという流れになってきています。

このように心身ともに健康な女性がどんどん増えてきているAV業界ではメンヘラの女性たちが入り込む余地がなくなっていると言えるでしょう。

 

最近のAV女優の中には、有名大学を卒業していたり、前職で知的な仕事に就いていたりする女優がいます。

こうした女優は遅刻やドタキャンなどをすることがなく、まじめに仕事を行います。

 

もちろん、時間厳守や礼儀マナーの他に金銭管理もしっかりしている人が増えてきています。

昔の女優は高額な収入があるとすぐにブランド品などを買って、金銭感覚がおかしくなっていくということもあったのですが、最近の女優は貯蓄したり、生活費として使うといった計画的で堅実な使い方をすることが多くなっています。

こうした意味でも大きく変化してきていると言えるでしょう。

 

 

4.プロダクションのメンタル管理、サポートについて

もともとメンヘラだったという女優が減ってきた現状はありますが、AV女優の仕事は精神的にも厳しい、ストレスのかかる仕事です。

実際に人気女優が心身の病で休業するということもあります。

仕事の内容や仕事量、ストレスを感じていることなどについて心を病んでしまうことがあるのです。

 

こうしたメンタル管理を行うのはプロダクションの仕事となっています。

AV女優はプロダクションの社員ではなく、個人事業主ではありますが、プロダクションとマネジメント契約を結んでいます。

そうして所属している女優ですから、プロダクションはしっかりとマネジメントをしていくという義務があるのです。

スケジュール管理、女優の体調管理などを適切に行うことで、女優のサポートをしてくれるのがプロダクションなのです。

 

プロダクションの担当者、マネージャーなどが、所属している女優が仕事をし過ぎていないか、女優におかしいところはないか、ということをチェックし、無理のないスケジュールでの仕事を組んだ上で、女優の体調管理を行っていくという仕事をしていくのがプロダクションなのです。

また、女優側もスケジュールについての相談、体調面での相談、メンタル面での相談をプロダクションにしていくことで解決できることもあります。

 

こうしたサポートを受けることができるというのもプロダクションに所属しているメリットと言えるでしょう。

 

 

5.まとめ

まず、近年メンヘラのAV女優は急激に減ってきています。

また、プロダクションがクリーン化され、しっかりとメンタルサポートなどを行うようになってきているため、新たにメンヘラになるということも減少しています。

もし何か悩むことがあれば、まずはプロダクションに相談してみましょう。

WISHでもそういった相談はいつでもお待ちしています。