Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優とキャバ嬢の生活や仕事の違いとは あなたに向いているのはどっち?

AV女優とキャバ嬢、どちらの仕事をしようかと悩む場合があるかもしれません。

実はこの二つの仕事、生活サイクルや仕事の仕方、メリットやデメリットなどがまったく違うものなのです。

そのため、その内容や違いをしっかりと把握しておかなければ、自分に向いている仕事を的確に選べないということもあります。

そこでここでは、AV女優とキャバ嬢の生活や仕事の違いについて紹介していきたいと思います。

 

1.収入についての違い

まず気になるのは収入です。

それぞれがどういった給与体系になっていて、どれくらい稼げるものなのかを知っていなければ「思ったより稼げない」と悩むことになってしまいます。

 

まずAV女優ですが、こちらは「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」とランクが分かれており、1本あたりのギャラも3万円~100万円ほどとかなり幅の広いものとなっています

また、企画女優としてギャラ5万円の仕事を月に1本だけという女優も居ますし、人気企画単体女優の場合などは1本50万円ほどのギャラで月に20本ほど出演する場合もあります。

そうなるとAV作品への出演だけで月に1000万円を稼ぐことになります。

 

そして作品への出演以外にも、サイン会、交流会、握手会、撮影会などのイベントが入ることもありますし、人気女優になればゲームとのコラボ、テレビやネット番組への出演などの仕事が入ってくることもあります。

過去には年収が数千万円~億越えという女優もおり、人気が出れば爆発的に稼ぐことが可能な仕事だと言えます

 

それに対してキャバ嬢の場合は基本的には時給がベースとなります。

店によって時給は大きく違ってきますが、1500~5000円の間が一般的です。

それに指名されると「指名バック」が入るようになっており、指名されるほど上乗せされていきます。

また、テーブルでドリンクをオーダーすると、ドリンクバックも入ります。

そのため、「長く働くほど」「指名されるほど」「ドリンクを飲むほど」収入は高くなるということになります。

 

こう考えると収入のふり幅はどちらも大きいのですが、AV女優の方がさらに大きなものとなっていると言えるでしょう。

 

 

2.仕事の仕方について

AV女優の場合、撮影は1~2日ほどが一般的です。

月に1本出演の場合は1~2日しか仕事をしないということになります。

そのため、それほど仕事量が多くない企画女優の場合は半数以上が別の仕事、学生、主婦といった本業を持っていることが多く、AV女優の仕事を副業として行っていることがほとんどです。

人気女優になってくるほど、撮影会などのイベントやテレビ出演などが増えてくるため多忙になってきます。

ただ、単体女優の場合は作品への出演は月に1~2本ほどに制限されていますので、それ以外の仕事が多くなっています。

 

作品の撮影の場合は朝から撮影スタジオなどで撮影を行い、その日のうちに終わることが多くなっています

次の日にも撮影することはありますが、夜中に撮影するということはほとんどありません。

撮影場所は都内もしくは都心近郊が多くなっており、こちらを本拠地として活動する女優が多いという特徴があります。

 

それに対してキャバ嬢の場合は、基本的には夜に働くことになります。

勤務時間は人や店によって違いますが、4~8時間くらいが多くなっています。

最近では朝キャバ、昼キャバなどが増えてきており、その場合は朝から働くということもありますが、やはり夜の仕事が多いというのが実状です。

 

そのため、朝や昼は自由になることが多く、夕方からヘアーメイクを行ったり、同伴出勤してそのまま店に出るという流れが多くなっています。

生活サイクルがAV女優とキャバ嬢ではまったく違ったものになりますので、これも自分がどちらに向いているのかの判断材料となるでしょう。

 

3.仕事の持続性と安定性

その仕事をどれくらい続けていけるかという持続性ですが、これはAV女優が圧倒的に短いものとなっています。

デビュー作が引退作になるという女優も多く、平均勤務期間は半年~1年と言われています。

一部の人気女優が数年間仕事をしていることがありますが、それでも平均するとかなり活動期間は短いという特徴があると言えます。

 

それに対してキャバ嬢の場合は、ある程度長くできるという特徴があります。

これはAV女優は都心近郊でしかできない仕事であるのに対して、キャバ嬢は日本全国どこでも仕事ができるということも関係しています。

家族や本人の都合で引っ越しをしたとしても、そこにキャバクラがある限り仕事をしていくことが可能なのです。

 

そして収入の安定性ですが、安定感があるのはキャバ嬢であり、安定感がないのがAV女優ということになります。

キャバ嬢は出勤している限り時給が発生します。

それに指名やドリンクのバックが上乗せされる方式ですので、長く出勤していればそれなりの収入が確保できます。

 

それに対して、AV女優の場合は本人に働く意志があっても、出演オファーが来なければ仕事をすることができません。

毎日でも仕事をしたいと思っていても、月に1~2本しか出演できないということもあるのです。

オファーが来なければ仕事ができないという点では風俗と似ているとも言えます。

風俗も指名されて仕事をしなければ給与が発生しないということが多く、お店に居るもののずっと待機をしているということもあります。

 

そうした意味では安定して収入が得られるのはキャバ嬢だと言えるでしょう。

 

 

4.身バレの可能性は

AV女優やキャバ嬢の仕事を家族や知り合いには隠しているという女性も多くいます。

では、どちらの仕事の方が身バレや顔バレしにくいのでしょうか。

イメージ的には多くの人が見る可能性があるAV女優の方が身バレしやすいようですが、実際にはキャバ嬢の方が可能性は高いようです。

 

これは、複数の女優が出演して1本の作品を作るという企画女優として働いているAV女優の場合、特定がされにくく、しかも似ているだけと言い切ることも可能であるのに対して、キャバ嬢の場合は知り合いが店に来て接客すると至近距離で話すことになるためにごまかすことが不可能だということが関係しています。

もちろん、AV女優として人気が高まり、注目を集めるようになればどうしても隠せなくなっていきますが、目立った活動をしないのであればAV女優よりもキャバ嬢の方が身バレはしやすいということになります。

 

 

5.実はこの二つは相性が良い組み合わせでもある

どちらの仕事が向いているかについて紹介してきましたが、AV女優とキャバ嬢というのは相性が良い組み合わせでもあります。

AV女優をしながらキャバ嬢として働くというもので、撮影がない日に店に出ることで効率よく仕事ができるだけでなく、キャバ嬢として働く場合には「現役AV女優」という肩書で働くことができるからです。

これは店でも目立つ効果があり、指名される確率が高まったり、時給が高く設定されやすいというメリットがあります。

また、店側からしても集客効果が見込めるため、ありがたいととられることもあります。

中には現役AV女優、元AV女優を集めてキャバクラを営業している店もあるほどです。

 

 

まとめ

AV女優とキャバ嬢は生活サイクルや仕事内容、給与体系などまったく違ったものであることがわかります。

どちらが自分に向いているかを考えて、効率よく仕事をしていくと良いでしょう。