Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優の生涯年収はどれくらい?

AV女優の活動期間は短いと言われていますが、その間にどれくらい稼げるものなのでしょうか。

一生分稼ぐことはできるのでしょうか。

そこでここではAV女優の稼ぎ、生涯年収について紹介していきたいと思います。

 

1.基本的には一生分は稼げないが集中して稼ぐことはできる

一口にAV女優と言っても人気の単体女優と、デビューしたばかりの企画女優では年収は100倍近く変わってくることもあります。

テレビやネット番組に出演しているようなトップクラスの女優になれば年収が1000万円を超えてくることも普通にありますが、一般的にAV女優の活動期間は1年前後、人気の女優でも3~5年ほどが多くなっています。

 

そのため、活動している期間に集中的に稼ぐことはできるものの、一生分の収入を得るということは難しくなっています。

 

ランクごとの収入例を見ていくと、

・単体女優・・・メーカーと専属契約をして作品に単体で出演する女優です。

月に1~2本程度の撮影で、1本のギャラは50~100万円前後となります。

その中でもトップクラスの女優はギャラが300万円前後にもなることがあり、テレビ番組などに出演したりすることもあります。

他にもYouTuberとのコラボやゲーム、パチンコなどに出演することもあり、撮影会や握手会などのイベントが開かれることも多くなっています。

高い年収と言えば、やはり単体女優と考えることが一般的です。

 

・企画単体女優・・・こちらはメーカーと専属の契約はせずに単体で作品に出演している女優です。

1本のギャラは30~50万円ほどとなっていますが、作品の出演数に制限がないので、女優によっては数多くの作品に出演することで単体女優よりも稼ぐ場合もあります。

月に数十本の作品に出演し、年間に100本以上の作品に出演することもあり、合計では単体女優よりも稼ぐことがあります。

人気女優の上原亜衣などは企画単体女優として仕事をしており、年間200本以上の作品に出演し、年収が数千万円に達したと言われています。

5年間で1000本以上の作品に出演していることからも、この間に3億円前後は稼いでいると言われています。

こうなると生涯年収としても通用するレベルで稼いでいると言えるでしょう。

ただ、彼女ほどの女優はほんの一部ですので、なかなか基準としては考えづらくなっています。

 

・企画女優・・・現在AV女優の90%以上がこれに当たります。

複数の女優で一つの作品に出演することが多く、女優名がついていない女優もいます。

ギャラは3~10万円ほどのものが多く、他に本業があったり、他の仕事と兼業で行っている女優がほとんどです。

そのため、本業が別にあって、副業としてAV女優をしている。

もしくはAV女優をしながら副業としてアルバイトをしている、学生をしている、主婦をしているという人が多くなっています。

 

 

2.一般的な企画女優の生涯年収とは

企画女優の中でもその作品の内容によってギャラは変わってきます。

ハードなレイプもの、乱交もの、レズものなどは女優にかかってくる負担も大きくなるため1本が10~15万円ほどになることが多くなっています。

痴漢ものや素人ナンパもので5~10万円ほどとなっており、フェラのみや着衣でオナニーなどの場合は3~5万円ほどです。

また、多くの女優がNG項目に設定することが多いスカトロやレズなどは可能であれば作品に出演しやすくなるというメリットがあります。

 

例えば月に3本ハードなレイプものの作品に出たとすると30万円前後の出演料が支払われることになります。

これだけを見ると「3日で30万円」というように非常に効率の良い稼ぎ方に見えるかもしれませんが、これは「メーカーがプロダクションに支払う金額」を指しています。

 

まずAVメーカーがプロダクションにギャラを支払ったのち、プロダクションから女優はギャラを受け取るということになります。

これが「手取り」となるのですが、だいたい取り分は「30~40%」が一般的とされています。

そのため、30万円の出演料が発生したとすると女優の手取りは9~12万円ほどとなります。

この取り分についてはプロダクションによって違うため、最初に確認が必要となります。

もし取り分が「30%未満」程度であれば、あまり良いプロダクションとは言えません。

プロダクションによっては50%前後に設定されている場合もあります。

それでも、3日の撮影で10万円前後の手取りがあるので、「普通の」AV女優、企画女優であってもかなり高額の収入を得ることができているのは間違いがありません。

ただ、1日に3万円になるなら20日働けば60万円になるという計算は危険です。

計算上はそうなるのですが、実際はなかなかそううまくはいかないのです。

 

企画女優は数が多いため、常に仕事を取り合っていることになります。

本人が希望していてもそれだけ作品に出演できるかどうかはわからないのです。

そのためなかなか収入は安定しないこともあります。

 

企画女優は半年から1年ほどの活動期間になることが多く、月に3本程度出演して1年で辞めたとすると年収は100万円~200万円前後となります。

これをベースとして、もっと活動期間が短ければ少なくなりますし、活動期間が長くなれば多くなることとなります。

 

3.AV女優を引退してからは?

企画女優を引退してからは「一般の生活に戻る」という人が圧倒的に多くなっています。

女優を引退後に結婚をするという女優も多く、一般の会社に勤めるというのもこちらの選択肢に入ります。

特にそれほど、大きく活躍しなかった女優、活動期間が短かった企画女優は顔バレ、身バレする可能性が低く、問題なく一般の生活に戻ることができるのです。

 

また、一般の企業に就職をして社会人として生活をしていくことも普通にあります。

ただしこの場合も、それほどAV女優として人気や知名度がなかった場合には特に違和感は起こりませんが、ある程度の知名度や人気があった女優の場合は過去の経歴がすぐに周囲にばれてしまうということやAV女優として高額な年収を稼いでいた場合は、収入の格差に驚いてしまうということがあるようです。

 

ただ、もともとそれほど売れていなかった企画女優の場合はそういったギャップもなく、自然と一般の企業になじんでいけるようです。

 

他には「AV業界で裏方として勤務する」ということもあります。

これはAV業界で働いていたという知識と経験を活かして、同じAV業界で裏方にまわるということもあります。

スタイリストやメイクとして残るということもありますし、撮影班に参加するということもあります。

なかにはAV監督を行っている元AV女優もいるほどです。

また、事務所やプロダクションでマネージャーや事務スタッフ、広報として勤務するということもあります。

新しく仕事を始めるAV女優にとっても、AV女優の経験がある女性がスタッフとして働いていれば安心できるという大きなメリットがあります。

AV女優として働いていた経験を活かすことができる道だと言えるでしょう。

 

別の仕事をするものとしては「クラブ、キャバクラ、風俗で働く」というものがあります。

クラブやキャバクラ、風俗などでは「元AV女優」という肩書はプラスになることが多くあります。

お客がつきやすい、時給が高く設定されやすいというメリットがあるために働きやすいのです。

これは「売れていた」「売れていなかった」ということは関係なく使える肩書です。

 

もちろん、知名度が高かった単体女優や企画単体女優の方がメリットは大きいかもしれませんが、売れていなかった女優でも「元AV女優」という肩書きは使えますので特に問題はありません。

雇用する店側からしても、その女性がお客を多く集めてくれるというメリットがあるためにwin-winの関係を築きやすいのです。

お客からしてもどんな女性が相手をしてくれるかわからないという不安がなくなり、安心して遊べるというメリットにつながっています。

そのため、この道もキャリアを活かした働き方だと言えるでしょう。

 

 

まとめ

AV女優の生涯年収はその活動期間の短さから、一部の例外を除いてはそれほどの額にはなかなかならないということがわかっています。

その期間に集中的に稼ぐか、副業などを行いながらバランスを取っていく、もしくは引退後にAV女優の経験をいかして働くという方法などを使って収入を安定させていきましょう。