Wish Promotion

AV業界ブログ

ここに入ってはいけない!地雷系AV事務所の3つの特徴とは?

AV業界ではクリーン化が進んできたこともあって、昔のような悪徳事務所、ブラックなプロダクションは急激に減ってきています。

しかしまだ完全になくなったというわけではありません。

そこでここでは、絶対に入ってはいけない地雷系AV事務所の3つの特徴について紹介していきたいと思います。

 

1.いきなり高額なお金が確実に入ると書かれている

AVの仕事をする上でやはり気になるのはギャラです。

しかし、事前にAV業界のことを調べていない女性は仕事をして実際にどれくらいのお金が貰えるものなのかをわかっていないということもあります。

簡単に紹介すると、

・企画女優は1本3~10万円程度

・企画単体女優は1本30~50万円程度

・単体女優は1本50~100万円程度

というのがギャラとなります。

実際にはほとんどの女優は企画女優として仕事をしていくため、最初の仕事のギャラでもらえるのは本番なしの仕事だと1~3万円ほど、本番ありで3~10万円ほどです。

 

しかしプロダクションの中には「面接後最初の仕事で30万円以上を保証」などとうたっているところがあります。

これはまずありえない金額であり、これだけのお金を最初の仕事でもらえるということはまずありません。

 

これにつられて契約をして仕事をしても、何かと難癖をつけたり、「プロフィール撮影、衣装代、場所代、登録料」などの名目をつけて大幅にギャラをカットして、結局女優に渡すのは5万円程度ということがあるのです。

まずどういったランクの女優がどのような仕事をして、どれくらいのギャラになるのかという事前知識を持っておくことが重要です。

そういった知識があれば、こういった悪徳事務所、地雷系事務所にだまされることはありません。

 

 

2.とにかく曖昧に発言する、約束を破る

地雷系事務所の特徴として「はっきり言わない」「曖昧に言葉を濁す」「約束を破る」というものがあります。

過去にあったトラブルとしては、

・顔出しはしないという約束だったが作品では顔出しになっていた

・はっきり女優のギャラの取り分を言わない

・事前に説明なく生本番、中出しなどを行う

・お金に困っている女性に借用書を書かせて貸し付けを行う(資格がなければ違法行為)

・質問をしてものらりくらりとはぐらかす

・仕事内容について説明しない

などです。

 

特にお金が絡むものに対して細かく説明しない、よくわからない費用が発生するといったことも多発しています。

プロフィール撮影代などは本来女優がすべて費用を払うものではないのですが、こういった費用をすべて女優が支払うものとして計算したり、契約を取り消したい、所属から外れたいというと違約金を支払えと言ってくるところがあります。

こうしたお金が絡むものに関してはもっともトラブルが多い部分となっているので、注意しなければならない部分だと言えるでしょう。

 

3.プロダクション自体に不審な点が多い

健全なプロダクションは都心部にあって、清潔で開放感のあるオフィスとなっているところが多くなっています。

女性が訪れやすい、明るい雰囲気となっており、最近では女性スタッフが増えてきているというプロダクションもあります。

 

しかしプロダクションの中には「所在地がはっきりしていない」「ホームページがない」というところもあります。

モザイクなしの無修正作品を販売しているところや、女性をだまそうとしているところは、はっきりと身元を出すことができないためにこうしたことがありがちです。

連絡がついても、担当者がどこかの場所を指定してきてそこで会ったりすることで、事務所の場所はわからないままということもあります。

 

また、「すぐに仕事が見つかる」「仕事が数多くある」とうたっているプロダクションの中には「自社で撮影から制作まで一貫して行う」ことを売りにして、高いギャラを約束したりすることもあります。

しかし実際には大手制作会社、メーカーや他のプロダクションとのつながりがないために連携することができないというだけのことがあります。

非合法な作品を作ろうとしているので連携できないという事情もあります。

すべてを自社でやっているという無名のプロダクションはまったく信用できるものではありません。

 

連絡をくれれば担当者が家や地元に訪れてきて、そこで撮影することも可能という場合もありますが、撮影スタジオを借りるお金の節約であったり、逃げられないように女性の家を突き止めるためにこう言ってくる場合があります。

まして女性の地元などで撮影をしてしまうと背景などに地元の風景が映るために顔バレ、身バレの可能性が一気に高くなってしまいます。

 

そもそも、事務所の場所がわかっていないので、後でトラブルになって警察や弁護士などを入れて相談をしても相手の居所がわからないということもあります。

事務所の場所がはっきりしていないプロダクションには関わらないようにしましょう。

 

 

4.良いプロダクションの特徴とは

上記であげたようなブラックなプロダクションに関わらずに、良いプロダクションを探していく必要があります。

良いプロダクションの特徴とは、

・プロダクションの情報をはっきりと公開している

良いプロダクションはホームページで情報をしっかりと公開しています。

信頼のおけるプロダクションであれば所在地や連絡先をしっかりと記載した上で、事務所の外観や内装の画像を載せているのが普通です。

会社である以上、しっかりとした所在の公開は当然のことなのです。

 

・プロダクションとしての社歴が長い

AV業界は女優の入れ替わりが激しく、悪質な経営をしていると短期間ならともかく長期間の運営はしていけません。

AV女優と信頼関係があり、メーカーやプロデューサー、監督とも信頼関係があって仕事をしていけるのです。

長く運営をしているということはそれだけ信頼がある会社だと言えるでしょう。

 

・サイトの情報は定期的に更新されている

まともに活動していないプロダクションなどではサイトがまったく更新されておらず放置されているものがあります。

やはり活発に活動している会社ではサイトは頻繁に更新され、募集状況や行っている仕事についての情報も頻繁に更新されていきます

トピック、お知らせなどが常に新しいものであるかどうか、今は行っていないイベントなどがいつまでも記載されていないかどうか、すでに引退している女優の情報がいつまでも載っていないかどうかなどをチェックしていると活気のあるプロダクションを選ぶことができるでしょう。

 

・有名な女優が在籍している

プロダクションも数多くありますが、有名な単体女優、企画単体女優が在籍しているプロダクションはやはり安心です。

特に自分がやってみたいジャンルの作品に多く出ている女優が在籍しているとより安心だと言えます。

また、こういった女優たちはツイッター、インスタグラムなどで情報をどんどん発信しているということがあります。

それらの中にはどういった仕事をしているのかという仕事に直結する内容のものから、普段はどういった生活をしているのか、プロダクションとどのような関わり方をしているのかという内容のものまであります。

それらをプロダクションのサイトと合わせてチェックすれば、そこに所属した場合の自分がイメージしやすいかもしれません。

 

 

まとめ

AV女優として仕事をしていく上でプロダクション選びは非常に重要となります。

まずは公式ホームページなどでそのプロダクションの情報を集め、信頼できると判断してから応募するようにしましょう。

ここで挙げたような特徴がある地雷系事務所には近づかないということがポイントだと言えます。