Wish Promotion

AV業界ブログ

コロナ禍でもAVは人気!その理由はお家需要

コロナ禍によって色々な業界で大きな変化がありましたが、AV業界はどのような影響を受けたのでしょうか。

2020年3~5月ごろは撮影が自粛となるなどの影響が出ましたが、それ以降は特に影響を受けることなく、むしろAVの需要はますます高まっています。

そこでここでは、コロナ禍におけるAVの人気、需要について紹介していきたいと思います。

 

1.コロナ禍によって影響を受けたのはキャバクラ、風俗

コロナ禍に関係して緊急事態宣言などが出るにあたって、人々は外出自粛が求められ、飲食店や接客サービス店に対しては休業要請や時短要請が出されることになりました。

こうした影響を受けて「箱もの」と呼ばれる店舗型のキャバクラや風俗は壊滅的なダメージを受けることになりました。

店を開くことができなかったり、営業時間の短縮が行われたほか、「接触する」ことに対しての抵抗が関係したのです。

そのため休業する店も多く出ましたし、開店していても訪れるお客は極端に減ったのです。

 

デリバリー系の風俗、ホテヘルなどが少しマシという程度でしたが、こちらもかなりの客数の減少となったのは間違いありません。

他人との濃厚接触自体を避けたいという考えも増えましたし、学校の休業、会社のテレワークなどによって家族がみんな家に居るという状態になったため、家庭持ちの男性は自由に外出して風俗を利用することができなくなったのです。

もしこんな状態の時に風俗を利用していて、コロナになったりすれば命の危険と同時に社会的な立場が危うくなります。

病気にならなくても風俗を利用しているところを知り合いの誰かに見られるだけですべてが終わってしまう可能性がありました。

 

 

2.コロナ禍のAV業界への影響は

2020年の4月あたりの雑誌には「3月、4月にAV業界に多くの女性の応募があった」と掲載しているものも多くありました。

これを見ると、AV業界にはコロナ禍でも多くの女性が新しく参加しようとしているように感じるかもしれません。

しかし、実はこれは「例年通り」であって、特別なことではないのです。

もともと3月や4月は進学によって上京したり、就職や転職なども多い時期なので、AV業界への応募が増える時期なのです。

そのため、他の時期と比べて3月や4月はもともと応募が多いため、それがコロナの影響かどうかということはわからないのです。

実際に自粛や休業が続く5月にはすでに応募は落ち着いてきているとされています。

そしてその応募に対するプロダクションの反応はさまざまです。

自粛中には新しく契約は行わなかった、面接もしなかったというプロダクションもあれば、消毒などの対応をした上で採用面接を行っていたところもあります。

日本政府が当初、休業補償の対象から「接待を伴う飲食業」や「風俗業」を除外していたことからもわかるように、こういった業界には支援が届きにくいという実状もあります。

一般の飲食業に努めている女性や、コロナ不況によって収入が大きく減った女性などがAV業界に参入してきたこともあります。

ただし、主婦についてはコロナが流行している間は夫や子どもが家庭に居ることが多くなるため、長時間の外出はしにくい、という理由からあまり増えることはありませんでした。

実際に多かったのは一人暮らしのOLやフリーターの女性などです

 

ではAVの撮影に関してはどうでしょうか。

AVの撮影に関しては当然ですが、男優と女優が激しく濃厚接触をすることになります。

撮影を屋内でしている場合は男優と女優以外にも監督、助監督、カメラマン、音声、メイク、スタイリストなどが撮影に参加することになります。

狭い部屋にこれだけの人数が居ると「密」の状態になるのは避けられません。

そのため、2020年4~6月ごろの期間はAVの撮影自体もほぼ行うことができないという状態になったのです。

ただ、3月くらいまではまだ撮影は行われていたため、4月以降に発売されているAV作品はこれに当たると考えて良いでしょう。

 

では、問題のAV作品の売り上げに関してはどうでしょうか。

キャバクラや風俗店に行くことができない、利用することができないことで、AV作品の需要は非常に高まりました

店頭販売などの売り上げは大きく落ちたのは間違いありませんが、近年ではインターネットで動画配信サイトから簡単に購入することができるようになっています。

これはパソコンだけでなく、スマホでも可能なため、家族が居ても購入することは可能となっています。

この「お家需要」によってAVの売り上げは一定の量を確保できたのです。

また、それぞれの動画配信サイトでは、過去の作品などもセールで売り出したりすることで、その需要に答えてきました。

 

そもそも、AVは不景気などの影響を受けにくい業界でもあります。

世の中が不景気になると男性が自分で自由に使えるお金が少なくなるために風俗、キャバクラなどの客が減るということが言われています。

そのためキャバ嬢や風俗嬢は不景気の際に仕事が減る、収入が減るということはあります。

ただ、そうして風俗に行けなくなった男性が逆にAVを見る機会が増えるということがあるのです。

もともとAVをよく見ていた人は景気に関係なく見ていますので、不景気だからAVが不要になるということがありません

こうして「AV業界はそもそもあまり景気の影響を受けない」ということが言えるのです。

3.もう一つのお家需要

これはAVの新作を撮影できない期間、自宅していたAV女優が多かったことも関係しているのですが、AV女優たちはそれまでのファンを維持するため、また、この時期でも新しいファンを獲得するために行動していったのです。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSの投稿、動画の生配信、ブログの更新などによってファンとの交流を行っていました。

中にはこの時期にそういった活動を通して新たなファンを多く獲得した女優もいます

 

特に多く発生してきたのがAV女優による「在宅ワーク」です。

これはAVの撮影ができない状態でもAV女優が仕事をすることができるというものです。

有名なのが「ライブチャット」という動画の生配信です。

ライブチャット自体は以前からありましたが、その多くは一般の素人が動画配信をライブで行うというものでした。

そこにAV女優が参入していったのです。

大手動画配信サイトなどが運営しているために料金設定も明確にされているため、安心して利用することができるというものです。

ここに参加することによって、撮影ができない期間でも稼ぐことが可能となってきました。

AVの撮影が再び行われるようになってからもライブチャットの利用者は増加傾向にあり、AV女優はあらたな収入先が増えたことになります。

本格的な機材などを用意する必要もなく、パソコンやスマホ、ウェブカメラなどだけ準備していればすぐにでも自宅から仕事を行うことができます。

こうしたライブチャットでは、すでにファンだという人が利用するだけでなく、このライブチャットを通してファンになり、そこからAV作品の方に興味を持ってくれるという好循環も期待できます。

収入を得ながらファンを増やすことができるので、ますます人気となってきているのです。

 

そしてこれはキャバクラや風俗に行けない男性たちにも支持されています。

スマホなどで簡単にAV女優の生配信を見ることができ、料金もある程度明確になっていることで利用しやすいという点が受け入れられたのです。

これもお家需要に答えるものとなりました。

 

 

まとめ

コロナ禍でもAV業界は大きな影響を受けることなく活動しています。

また、お家需要が高まったことで、さらにAVの人気は高まっているとも言えるのです。