Wish Promotion

AV業界ブログ

事務所に所属してからギャラが入るまでどれくらい時間がかかる?

AVの仕事をしていく上でやはり期待してしまうのはギャラです。

その額も重要なのですが、もう一つ気になるのが「いつ貰えるのか」ということだと思います。

そこでここではAV事務所に所属してから実際にギャラが入るまでの流れについて紹介していきたいと思います。

 

1.デビューするまで

AVの仕事をするにはまずAVの事務所、プロダクションに所属する必要があります。

まずプロダクションに所属するための採用面接を受けるための応募をすることになるのですが、以前は街中でスカウトがなされたりすることもありました。

しかし最近ではインターネットの普及によってインターネットでの面接ができるようになったり、インターネットからプロダクションの評判を簡単に調べることができるようになってきたことから女性が自分でプロダクションに応募するという形式が増えてきているのです。

そして街中でスカウト行為をするのが違法ということになったことから急激にスカウトからのプロダクション所属は減ってきました。

その他、LINE、電話、メールなどでも応募することが可能となっています。

 

それぞれのプロダクションはそのプロダクションのウリ、メリットを掲げています。

・アイドルへの転身ルートがある

・有名女優が多数在籍している

・地方在住の場合は住居を用意する

・借金がある場合は立て替えを行う

・一日体験仕事ができる

といったものです。

依然と違って、AV業界全体でクリーン化が進められているために、ブラックなプロダクションは激減してきていますが、まったくないというわけではありません。

慎重にプロダクションを選びましょう

 

基本的には自分が働きたいと考えているプロダクションで面接を行って、合格すれば採用されるのですが、AV業界では最初に入ったプロダクションから移籍を何度もすることはほとんどないため、どのプロダクションの面接を受けるかが重要となります。

例外としては、すでにかなり知名度の高いAV女優が独立をする場合や、プロダクションが閉鎖となるために他のプロダクションに移籍をする場合、一度引退して間隔があいていた女優が復帰する場合などがあります。

 

採用面接に合格したら、プロフィール写真の撮影を行って、女優としてのプロフィール資料を作成していきます。

 

ここからは単体女優としてデビューする場合と、企画女優としてデビューする場合で少し流れが変わってきます。

 

 

2.実際に仕事をする

「単体女優」とはメーカーが専属契約をする女優のことを指しています。

撮影は1ヶ月に1~2本でギャラも1本100万円以上となる場合があり、まさにAV女優の中でもトップランクの女優だと言えます。

そのため、1万人いると言われているAV女優の中でも1%ほどしか居ないとされています。

 

そうした事情があるため、いきなりこの単体女優としてデビューをするというのはかなり可能性は低いことだと言えます。

特殊な場合として、もともとアイドルやタレントとして芸能活動をしており、すでに知名度が高い、ファンが多くいるという女性がAVにデビューする場合は、いきなりこの単体女優としてデビューする場合があります。

この場合は1本のギャラが数千万円になることもありますが、かなり特殊な場合だと言えるでしょう。

「企画女優」としてデビューすることが実際にはほとんどとなります

企画女優としてデビューする場合はマネージャーと一緒にいくつかのメーカーを回って営業をしていくこととなります。

そうして売り込みをかけた中から、もっとも良い条件で撮影してくれるというところの出演依頼を受けてデビューするのが一般的です。

 

特に大きく宣伝されることはありませんし、話さえまとまれば早い段階で撮影が行われることとなります。

その作品が素人もの、ナンパものだった場合は名前がクレジットされないことも多く、いきなり目立つことはないという場合もあります。これはデビューしたものの、やはりAVの仕事はしていけないという女性が業界を去りやすくするという意味合いもあります。

 

企画女優の場合は、1本のギャラは3~10万円ほどと設定されています。

本番がない、オナニーシーンだけの場合は1~2万円ほどになる場合もあります。

逆にNG項目にされることが多い「乱交もの」「レイプもの」「SM」「スカトロ」「レズ」などは、単価が高く設定されることが多く10万円前後となる場合があります。

NG項目とは「レイプ」「乱交」「ハードSM」「レズ」などやりたくないジャンルについてNGに設定しておくものです。

嫌なプレイをしなくても良いというメリットがあるのですが、NG項目が多すぎるとそれだけできる仕事の幅が狭くなっていき、仕事も決まりにくくなっていきます。

NG項目が少ない方が早く仕事も決まりますし、多くの仕事ができる傾向があります。

 

企画女優は複数の女優で1本の作品に出演するため、多くの女優が必要となるのですが、1万人ほど居ると言われているAV女優の9割がこの企画女優と言われているため、実際に出演するのは簡単ではありません。

積極的に仕事をしていく姿勢を見せるのが良いでしょう。

 

こうして仕事をするとギャラが発生することとなります。

AV女優はあくまでも「個人事業主」であって、プロダクションの社員ではありません。

そのためプロダクションから決まった給料を毎月もらうわけではなく、仕事をした分だけギャラをもらうという形式になります。

 

ただ、以前のAV業界ではギャラが不透明な部分があったりしたことでブラックなイメージもありました。

それはAVの制作メーカーがプロダクションに対してどれだけのギャラが支払われていて、そのうちのどれだけが女優に渡されているのかがわからなかったりしていたことが関係しています。

 

こうしたことを無くしていくために最近のプロダクションでは仕事をするたびに総ギャラやバック率を明確に提示するところが増えてきています

金額をごまかすことなく、どれだけメーカーから支払われていて、そのうち女優の取り分がどれだけとはっきりさせているのです。

 

3.ギャラを受け取る

そしてギャラを受け取るのですが、これはプロダクションによっても違ってきますし、女優とプロダクションがどのような契約にしているかによっても変わってきます。

多い形式で言えば、

・撮影後、即日現金での支払い

・後日ギャラは銀行振り込みにする

・月給のようにまとめて月払いにする

・半分を日払いで現金、残りはまとめて月払い

などです。

 

基本的には即日現金で支払われることが多いのですが、プロダクションと相談して別の受け取り方にするというのも良いでしょう。

 

つまりギャラを受け取るまでの最短は、事務所に所属してできるだけ早く仕事をして、その日に現金で受け取るという道になります。

所属してから実際に仕事をするまでの期間はプロダクションにもよりますし、女優のスケジュールにもよりますが、1~2週間以内には仕事をすることが多くなっています。

この時、「NG項目」を少なくしていると仕事が決まりやすくなります。

早く仕事をしたい場合には、NG項目は少なくしておく方が良いでしょう。

 

 

まとめ

多くの場合は事務所に所属してから実際にギャラを受け取るまでは、所属してから撮影の仕事をするまでの期間ということになります。

早くギャラが欲しいという場合には、NG項目を少なくして積極的に仕事をしていくと良いでしょう。