Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優は実はオタクが多い?アニメ好きコスプレ好きはAV女優にも生きる趣味

AV女優だからといって特別な趣味を持っている女性ばかりではありません。

実はAV女優にはオタク気質の女性が多く、そういった女優が活躍しているという傾向もあります。

中にはアニメオタク、コスプレ好きなどの趣味を持った女優も数多くいます。

そこでここではAV女優と趣味の関連性などについて紹介していきたいと思います。

 

1.オタク気質であることにはメリットが多い

オタクであることはAV女優としてはマイナスになるということはまったくありません

以前はオタクというと暗い、話しかけにくいというイメージがありましたが、近年オタク趣味は世界的に認められてきており、ポジティブに考えられるようになってきています。

そのため、AV女優の中にもオタク趣味を隠さないようになってきている女優も増えています。

ギャル系、淫乱系の作品に出演している見た目がイケイケの女優でも実際にはオタクであるということもよくあるのです。

 

また、AV女優がオタクであることはファンとの関係性にもプラスになることがあります

AVを好む男性の中にはオタク気質の人も多くいます。

こうした人たちは同じくオタク気質の人とは仲良くなりやすい、親近感を持ちやすいということがあります。

AV女優が同じ趣味を持つオタクであれば、それだけファンにもなりやすく、応援しやすいのです。

近年、インターネットの普及により、どの女優がどういった趣味を持っているのかも知りやすくなっています。

もし好きな作品が違ったとしても「オタク気質」ということで親近感を持たれるということはよくあるのです。

 

さらに「ライブチャット」「動画配信」「SNS」などを使って、自分が好きなAV女優との距離は近くなっています。

女優が自分の趣味について動画で話していることもありますし、ライブチャットなどでは視聴者と直接やりとりができるようになっています。

こうしたツールを使って、AV女優をさらに身近に感じることができるようになっているのです。

こうしてファンとの関係性という点においてもオタク気質であることはメリットとなるのです。

 

 

2.仕事に関してもメリットとなる

こうしてAV女優がオタク気質であることはメリットとなることが多いのですが、これは仕事にも関係してきます。

そもそもオタク気質の人は真面目で研究熱心の人が多くいます。

 

そのためこの気質の女優はAVについて、男優について、監督について、プレイについてもしっかりと研究するということがあります。

こうして色々と知識をつけたり、演技について、カメラの映り方についてを研究することで、より仕事の質を上げていくことが可能となっているのです。

他の女優の作品、人気女優の作品を研究して良いところを自分に取り入れるという女優もいるようです。

 

また、AV監督やカメラマンなどの現場スタッフも気質としてはオタク気質の人が多いので、こうした人たちと打ち解けやすいというメリットもあります。

現場の人と話がしやすい、仲良くなりやすいというのは仕事に直結するメリットとなります

 

そしてアニメ好き、コスプレ好きといった趣味がある女優であれば、それを作品に活かすことも可能です。

AVのジャンルの中にはコスプレというジャンルもあります。

こうしたジャンルに出演する際に、アニメやコスプレにまったく興味がない女優とアニメやコスプレ好きな女優では演技もまったく違ったものとなってきます。

もちろん出演する女優を選ぶ際の判断にも関係してくることとなります。

 

そうしたジャンルの中でもアニメやコスプレが人気なのは、アニメの服を脱がないままセックスをすることが多く、その脱ぎかけの状態が一番いやらしいということが評価されていると考えられます。

そのコスプレの元ネタが自分が知っているアニメであったりすれば、その興奮はさらに高くなってきます。

 

さらにこうしたアニメのヒロインはもともと抜群のスタイルの女性が多いものです。

そのため、アニメのコスプレをする女優はそれに耐えられるスタイルをしているということになるのです。

実際にコスプレ作品に出演している女優は美形、スタイルが良い人気女優が多くなっています。

 

3.アニメ、コスプレ作品で人気のAV女優

では実際にアニメ、コスプレ作品で人気となっている女優を紹介していきます。

中には女優自身が本当にアニメオタク、コスプレオタクということもあるのが特徴です。

 

3-1.あず希

こちらは「元コスプレイヤー」という経歴を持つAV女優です。

コスプレ界ですでに人気が高くなっていた女性で、コスプレイヤー時代から露出度の高いコスプレで評判でした。

もちろん、それが似合うだけの抜群のスタイルの持ち主でもあり、可愛らしい顔立ちも合わさって人気女優となっています。

 

もともとがコスプレイヤーであったために、AVの作品の中でもコスプレのクオリティは文句なしのものとなっています。

彼女の場合はアニメオタク、コスプレオタクが仕事に直結した例だと言えるでしょう。

 

3-2.麻里梨夏

こちらはすでに引退した女優ですが、高いコスプレ度が評判となっていた女優です。

きわどいコスチューム、奇抜なショートウイッグが似合うという珍しい女優です。

小柄でありながら、抜群とスタイルでもあり、童顔なのにプレイは刺激的という人気が出る要素が満載となっています。

 

作品内のコスプレのレベルが高いだけでなく、演技もしっかりとしており、容姿の良さも合わさって人気となっています。

コスプレの元となったヒロインに似せていこうという努力が見えるところも評価されるポイントとなっており、彼女の原作への思い入れが感じられます。

 

3-3.西田カリナ

日本とアメリカのハーフ女優です。

そういった容姿も関係してゲーム系、アニメ系の実写のレベルが非常に高いものとなっています。

特にゲーム系のVR作品では、コスプレがこれ以上ないほど似合っており、高い評価を得ました。

整った顔立ちと素晴らしいスタイル、どんなコスプレでもこなす積極性は文句なしだと言えます。

 

 

4.アニメ好き、コスプレ好きで別の仕事が来ることも

アニメ好きやコスプレ好きということがきっかけでインタビュー記事などの他の仕事が舞い込んでくることもあります。

例えば人気AV女優である「蓮実クレア」はそのアニメへの強い思い入れが評判となって、それが仕事となっています。

 

蓮実クレアはマンガ、アニメ好きでコスプレも行っていた女優です。

しかもそれはAV女優になってからも続いていたということに驚きです。

「ワンピース」の「ニコ・ロビン」のコスプレをしてコミケに参加していたところ、AVショップの店員に見つかって恥ずかしくなって辞めたというエピソードを話しています。

 

また、コミケでは同人誌を買い集めており、それを知ったファンが同人誌を送ってくることもあったようです。

このように彼女のアニメ好き、コスプレ好きはファンにも知られており、それをきっかけとして交流が行われていることがわかります。

こうしたファンとの交流ツールとしてもオタクは使うことができるのです。

 

 

まとめ

アニメ好き、コスプレ好きというオタク気質はAV女優にとって、まったくマイナスとなるものではありません

仕事に活かすこともできますし、ファンとの交流もしやすくなるというメリットがあります。

もし、オタクであることを隠しているのであれば、それをオープンにすることで、また違った展開が起こるかもしれません。