Wish Promotion

AV業界ブログ

面接から最短何日でAVデビューできる?

AV女優として働くことを決めたら、すぐにでも仕事をしたい!と思うかもしれません。

では、実際にAVデビューをするまで、どのような道のりを経ていくのでしょうか。

また、面接をしてから最短でいつAVデビューできるものなのでしょうか。

ここではそれらについて紹介していきたいと思います。

 

1.まずはプロダクション面接を通過する

AV女優として仕事をしていくためには、まずプロダクションに所属することとなります。

基本的にAV女優はどこかのプロダクションに所属しており、そこを通して仕事をしています。

中には完全にフリーで仕事をするという女優もいますが、その多くはすでに多くの実績があるベテランの女優であり、新人がいきなりフリーで仕事をするということはまずありません。

 

そのため、AVの仕事をしようと考える女性はまずプロダクションに所属するために、プロダクション面接を受けることとなります。

ここでの面接は「プロダクションに所属できるか」「実際にどういった方針で仕事をしていくか」などを決めていくものとなります。

双方が納得すると契約を交わして、そのプロダクションに所属するということになります。

 

まず行うのは「面接シートの書き込み」です。

ここでは、自分のプロフィールや希望を面接シートに書き込んでいきます。

住所、氏名、年齢、身長、体重、スリーサイズ、どれくらい稼ぎたいか、どういった仕事をしたいかなどを細かく書いていきます。

これをもとに面接をしていくこととなります。

 

そして具体的に「仕事の条件についての交渉」を行っていくこととなります。

面接シートをもとに、どういった仕事を行っていくのかについて交渉をしていきます。

NG項目や、稼ぎたい希望額、どういった働き方を望んでいるのかということについてすり合わせが行われていきます

面接ではこの部分が重要視されています。

本人の希望とプロダクションの方針が合っているかどうかも確認されます。

また、多くの女性はAV業界についての細かい知識はない状態で面接にきますので、業界について、仕事内容、プロダクションについて、報酬などについて説明がされていくこととなります。

 

その後、「報酬についての説明」が行われます。

AV業界に入る女性の多くが「お金」を目的としているのは事実です。

女性のプロフィール、外見、ルックス、スタイル、顔立ちなどを総合的に判断して、どれくらいの報酬が見込めるのかという説明が行われます。

業界に知識がない女性の場合は、AV女優になればすぐに毎月数百万円稼げると思っていることもあり、この部分は細かく説明をされます。

 

単体女優としてデビューできそうな女性であれば、月に50~100万円、企画女優で月に数本出演できそうであれば月に20~30万円というように具体的に説明がされることとなります。

女性の多くは、この報酬の説明を聞いて、実際に仕事をするかどうかを判断していくこととなります。

ただ、このように売り出していけるというのは、あくまでもプロダクションのその時の判断です。

実際に必ずそうなるかどうかはわからない部分もあります。

そのため、「絶対にこれだけ稼げる」と確約されるものではありません

 

それらの説明がすべて終了すると、合否を判断することになるのですが、近年AV女優は人気の職業となっており、その合格率は10%程度と非常に低いものとなっています。

あくまでもプロダクションが「売っていける」と判断した女優が合格することとなるのです。

 

2.いきなりその日にAVデビューするわけではない

AVのプロダクションに所属すると、早く仕事をしたいと思うかもしれませんが、その日のうちに仕事をするというのはよほどの条件が揃っていない限りはありません。

 

まず、AVの仕事をするためには男優も女優も必ず性病検査を受ける必要があります。

検査を受けて、問題ないということが確認されないうちは仕事をすることができません。

ここでは、

・B型肝炎

・梅毒

・HIV(エイズ)

・淋病

・咽頭淋病

・クラミジア

・咽頭クラミジア

といった7つの項目ですべて異常なしという結果でなければいけないのです。

 

性病の検査が終了すると、実際に仕事を受ける動きとなります。

すぐに出演できる企画モノなどの仕事がプロダクションに入っていない限りは、まずはプロダクションの社員、マネージャーなどとともにAVメーカーをまわって営業をかけることとなります。

これはマネージャーなどが女優のプロフィールを持って単独で行う場合もありますが、女優も同行して直接営業をした方が効果は大きいものとなります。

 

そこではメーカー面接が行われることがあります。

メーカーでは面接シートに記入して、趣味や特技などについてアピールしていきます。

こうしてメーカーで仕事が決まる場合もありますし、後日プロダクションから仕事の案内がくることもあります。

 

仕事の依頼を受けて実際に仕事を行う前に、「パブの公開設定」「NG項目の設定」が行われます。

パブの設定とは、雑誌やテレビ、インターネットなどでどこまで顔などを公開するかという設定です。

これを自由にするほど、宣伝がしやすくなるので人気がでやすい、有名になりやすいというメリットがあるのですが、逆に身バレ・顔バレしやすいというデメリットがあります。

そのあたりのバランスを考えて、プロダクションの人と相談して決めると良いでしょう。

 

そしてNG項目の設定をします。

AV女優は自分がしたくないジャンル、プレイの仕事をNG項目に設定することができます。

レズやハードSM、乱交、中出しなど自分がしたくないというものを設定していきます。

ただ、これも厳しく設定し過ぎていると仕事の幅が狭くなりますので、出演機会が減る可能性があります。

こちらもバランスを考えて設定していきましょう。

 

それらをすべて決めて、仕事内容に納得をすると出演が正式に決まることとなります。

多くの場合はプロダクションからメールなどで仕事内容、日時、場所などが送られてきたり、プロダクションを訪れた際に書面で提示されたりします。

 

こうしてAVの出演が正式に決まることとなるのです。

これらの手順を踏む必要があるために、プロダクション面接に合格してから1週間~1ヶ月ほどでデビューとなるのが一般的となっています。

 

 

3.最短でAVデビューするには

そうした一般的な流れではなく、とにかく最短でAVデビューをしようとすると「面接当日」という方法がないわけではありません。

ただし、これにはいくつかの条件を満たしている必要があります。

正式にプロダクションを訪れて面接を受ける前に、インターネットなどを利用して、女性が自分の顔、上半身、全身などの画像をプロダクションに送っていて、事前にある程度チェックがされているということがまず必要となります。

 

そして、面接を受けるギリギリ前に性病検査を行って、問題ないという結果を出している必要もあります。

事前のやり取りで、面接当日に問題がなければ撮影を行うというやり取りがすんでいて、スムーズに面接が行われて、合格した場合、その日にAVデビューできるという可能性があるのです。

こうした事前の準備が必要となりますので、希望する人はプロダクションと事前のやり取りを行っておきましょう。

 

 

 

まとめ

プロダクション面接を受けて、AV女優としてデビューするまでは一般的には1週間~1ヶ月ほどとなっています。

ただし、事前にさまざまなやり取りをしていて、準備ができている時に限っては面接当日に撮影できるという場合もあります。

興味がある人はプロダクションに相談してみると良いでしょう。