Wish Promotion

AV業界ブログ

顔バレせずにAV女優はできますか?できます!

「顔バレ、身バレしないならAV女優をしてみたい」という女性は多いかもしれません。

実際にAV女優をしてみたいものの、気になることがあってできないという人の多くは顔バレ、身バレが気になるという原因となっています。

しかし、実際には顔バレをせずにAV女優の仕事をすることは可能です。

ここでは、顔バレしないようにAV女優の仕事をしていく方法について紹介していきたいと思います。

 

1.バレる原因を知っておくことが重要

まず重要なのは、どういった理由によってバレることが多いのかということを知っておくことです。

色々な顔バレ、身バレの仕方があるのですが、バレた原因がその女優自身にあったということもよくあります。

どういったことが原因で顔バレ、身バレするのかを知っておくことで顔バレ、身バレせずに仕事をしていくことができるでしょう。

1-1.自分からバラしている

実は顔バレ、身バレしている女優の中でももっとも多いのが「自分から発信している」という理由です。

意外なようですが、もっとも多いこの理由は「これくらいなら大丈夫」という思い込みが原因のものとなっています。

 

例えば、自分の親しい人、知人などに「内緒だけど私はAV女優をしている」と話してしまうと、ほぼ確実にその噂はその他の人にも広がることとなります。

その話を聞いた人間も「内緒だけど、あの子はAV女優をしている」と他の誰かに話すからです。

また、Twitterやインスタグラム、ブログなどのSNSも同様で、こういったところでAVの仕事をしていることを匂わせたり、軽く書いたことからAVの仕事をしていることを推測されたり噂が広がったりすることがあります。

顔バレや身バレを防ぐためには「誰に対しても話さない、匂わせない」ということが何よりも重要です。

 

1-2.金遣い、生活の変化を出さない

一般のアルバイトをしている学生やOL、主婦などは周囲の人からすればだいたいの金銭事情が推測されるものです。

普通に大学生をしている女性が、それほどバイトに明け暮れているイメージが無いのにも関わらず高級ブランド品を多く持っていたり、海外旅行などに何度も行くといったことをすれば「親が金持ち」「風俗などで働いている」のどちらかが他人から推測されるでしょう。

保護者が普通の一般家庭であることを知っている知り合いなどが居れば、「何か高額な収入の仕事をしている」とすぐにバレてしまうこととなります。

 

これはOLでも同様で、同じ給料で働いているはずの同僚が、貰っている給料以上に羽振りが良ければ「怪しい」と思われるでしょう。

主婦の場合は、まず家族に「何かおかしい」と思われるでしょう。

特に通帳が夫に見つかったりすると大金の振込があるのがわかってしまうので、すぐにバレることとなります。

AVの業界では月に2回振込をするところが多くあります。

月に2回も多額の振り込みがあれば、どう考えても「怪しい」ことになってしまいます。

周囲にバレたくないのであれば、急に金遣いが荒くなったりすることは厳禁ですし、通帳の管理などをしっかりと行うようにしましょう。

できれば、普段使う通帳とは別にAV専用の通帳を作った方が管理はしやすいです。

 

1-3.交友関係からバレる

これは現在の男友達、もしくは過去に親しかった男友達からバレるというものです。

AVは最近では女性が見ることも増えてきていますが、やはり男性が見ることが多いものです。

過去や現在に男友達が多いという場合は、それだけAVを見て、知り合いが出演しているということを発見される可能性が高くなり、AV女優をしていることを知られる可能性は高くなります。

「自分は男友達が多い」という女性は注意した方が良いでしょう。

特に大学生などの学生の場合、AV女優の仕事をするつもりであるのであれば、学校内に男性の知り合いを多く作るのは危険かもしれません。

 

1-4.生活習慣の変化からバレる

AVの撮影は早朝から深夜に及ぶこともありますし、日をまたいで数日にわたって撮影されることもあります。

また、作品が完成すると握手会やサイン会、プロモーション活動で各地のDVD販売店を周るということもあります。

こういった生活リズムは規則正しい生活をしているOLや学生とは違ったものとなるので、家族と同居している女性などはかなり目立つものとなるでしょう。

 

ある程度本格的にAVの活動をしていくつもりなのであれば、一人暮らしをするのが無難かもしれません。

たいていAVのメーカーやプロダクション、撮影場所は東京ですので、その近郊に住むのが理想です。

どうしても家族と同居する状態のままAVの仕事をするという場合には、そういった時間の都合をうまくつけるということが必要となってきます。

 

一般の会社で仕事、アルバイトをしているように対応してくれる「アリバイ会社」などもあります。

これはプロダクションに相談すると利用を勧められることもあります。

こうしたアリバイ会社では、家族などがAVの撮影中などに連絡をしてきた際に一般の会社のように対応をしてくれるもので、名刺なども用意してくれるため、AVの仕事をしているということがバレにくくなるというメリットがあります。

 

 

2.顔バレしないようにするためには

では顔バレせずにAVの仕事をしていくためにはどうすれば良いでしょうか。

 

2-1.パブをしっかりと設定する

AV女優はプロダクションとの相談で実際にAVの仕事を行う前に「露出制限」「パブの設定」を行うことができます。

これはインターネットや雑誌などに掲載することに対して公開制限をかけるもので、かけた場合は宣伝効果が低くなるというデメリットがあるのですが、顔バレや身バレがしにくくなるというメリットがあります。

もちろん、単体女優や企画単体女優として人気になって知名度が高くなれば、こういったことは難しくなってくるのですが、副業として企画女優として仕事をしている程度であれば、設定することで格段にバレにくくすることが可能です。

 

2-2.顔出しをしない仕事を選ぶ

「企画もの」と呼ばれる作品の中には「素人もの」「ナンパもの」といった作品もあります。

もちろん出演しているのは本物の素人ではなく、AV女優なのですが、「素人という設定」で出演をしているために「目線が入る」「顔にモザイクが入る」「名前も出ない」という状態で出演することとなります。

こうした作品に出演していると顔バレするということはまずありません。

 

ただ、こうした作品はAV作品全体からすると、それほど数が多いわけではなく、顔バレしたくない女優の出演希望が多いために、いつでも出演できるとは限りません。

また、顔バレしないようにモザイク処理されるような作品は他の作品に比べてギャラが低めに設定されることが多いことも知っておきましょう。

 

2-3.プロダクションやアリバイ会社を利用する

顔バレ、身バレした女優の中には家族などが怪しんで勤めているはずの会社に連絡をしてくるということがあります。

そうした際にはプロダクションに相談しておくことで、連絡があると一般の会社であるように対応してくれます。

また、アリバイ会社などを利用していれば、そうした連絡があってもまったく問題ありません。

 

 

まとめ

AV女優の仕事をしていて、顔バレや身バレが嫌だという女優は数多くいます。

まず、どういったところからバレるのかという原因を知った上で、顔バレ、身バレしないように対策をとっていくことで、顔バレせずにAVの仕事をしていくことが可能となるのです。

不安な場合はまず所属しているプロダクションに相談してみると良いでしょう。