Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優が好きなAV男優とは?AV男優が好きなAV女優とは?

AV作品に出演する男優や女優は当然仕事としてセックスを行っているので、ある程度割り切って仕事をしています。

しかし、もちろん人と人がセックスをするわけですから「好き」「嫌い」「仕事がしやすい」「仕事がしにくい」ということはあります。

そこでここでは、AV女優が好きなAV男優、AV男優が好きなAV女優について紹介していきたいと思います。

AV男優が好きなAV女優とは

AVの作品はあくまでも「女優が主役」であり、男優は基本的には「スタッフ扱い」となっています。

そのため、AV男優が女優のことを「好き」「嫌い」と選ぶことや、AV男優がメインとなって相手の女優を選ぶということはほとんどありません。

また、業界内のAV男優とAV女優の数の違いも大きく関係しています。

AV女優は1万人いると言われており、しかも毎年4000~5000人がデビューしているということもあって常に入れ替わりが起きている状態です。

デビューしても1~2作しか出演することなく引退していく女優も数多くおり、数年間にわたって仕事を続けている女優はそれほど多くはありません。

それに対してAV男優は100人ほどしかいないと言われており、時期によっては70~80人程度しかいないと言われています。

もちろん、本番をスムーズにこなすレベルの男優がこれだけということで、射精だけを行う「汁男優」などはもっといるとされています。

しかし、AV女優の数に対して圧倒的に少ないため、人気男優ともなると1日にいくつもの撮影現場を掛け持ちすることとなり、体力的、精力的にかなり過酷な仕事であることがわかります。

ギャラも女優と比べると低く設定されることが多く、汁男優で1万円、新人男優で2~3万円、普通の男優で3~5万円程度となっており、単体女優や企画単体女優のように数十万円単位を1本の作品で稼ぐということはまずありません。

そうした活動をしているAV男優ですので、好きなAV女優は「仕事がしやすい」女優となることが圧倒的に多くなります。

撮影がスムーズに行われない、監督の指示に従わない、勃起しにくい相手だと時間と労力が多くかかることとなり、仕事がしにくくなります。

そういった意味では特定のAV女優が好きというより、仕事がしやすい女優が好きとなるのは当然だと言えるかもしれません。

AV女優が好きなAV男優とは

逆にAV女優はある程度のランクになると仕事の相手となるAV男優を指名できる場合があります。

この場合は女優の好み、作品の狙い、監督の指示などによって「イケメン」「有名」「ベテラン」「強い精力」「巨根」などのバランスで男優が選ばれることとなります。

ここでは1990年代から現在に至るまでのAV男優の中でも特に人気の男優を紹介していきます。

加藤鷹

活動期間 1988~2013

一般の知名度でもトップクラスなのが「加藤鷹」です。

180cmという長身、ダンディなルックス、17cmという巨根、「ゴールドフィンガー」と呼ばれる指技など人気要素が多数あるAV男優です。

「1万人を抱いた男」などという異名もあり、数少ない「AV男優がメインのAV作品」に主演として出演している男優でもあります。

また、その指技で女優に「潮吹き」をさせる達人としても知られており、潮吹きを有名ジャンルに押し上げたのは加藤鷹だと言われています。

もちろんAV業界ではレジェンドとして知らない人はいないという男優であり、その人気は女優の中からも絶大なものがありました。

本番の相手として加藤鷹を希望するAV女優が多く、全盛期には常にスケジュールが限界まで埋まっていたという人気男優です。

ルックス、技、実績どれをとってもトップクラスの男優だと言えるでしょう。

チョコボール向井

活動期間 1990~2007

加藤鷹と並んで1990年代の中心AV男優として活躍していたのがチョコボール向井です。

大柄、色黒、マッチョである男優の先駆者として知られています。

鍛えられた体、整った顔立ち、パワフルなプレイが人気となりました。

チョコボール向井と言えば「駅弁」と言われるほど、この体位を得意とした男優でもあります。

駅弁という体位は女性を抱え上げてピストンをしなければならないため、腕力や体力が必要となるだけでなく、腰や膝に負担がかかるため、どの男優でもできるという体位ではありません。

この難しい体位を軽々と行っていたのがチョコボール向井です。

こうした彼にしかできないプレイを求める女優や監督が多く、大人気な男優として活躍しました。

村西とおる

現在でもテレビに出演していることや、「全裸監督」のモデルとなったことでも有名なレジェンドです。

メーカーの社長でもあり、監督でもあり、男優でもあるという彼はダントツの人気と知名度を誇っています。

また、現在のAVでは当たり前のように行われている「顔射」「ぶっかけ」「ハメ撮り」などを始めて行った監督としても有名で、AV業界に多大な影響を与えた人物だと言えます。

現在のAV業界を語る上でも欠かせない人物だと言えます。

マグナム北斗

活動期間 1985~1990

アダルトビデオ創生期に活躍したAV男優です。

何といっても彼の特徴は「圧倒的な巨根」です。

17~18cmあれば巨根と言われるペニスですが、彼は推定25cmという比類ない巨根の持ち主です。

バーテンやバンドマン、リングアナ、漫才師、スナック経営などさまざま経歴を持つこともあり、女性に慣れているということも人気の秘訣でした。

とにかくパワフルなセックス、圧倒的な巨根という特徴が人気の男優でした。

しみけん

活動期間 1998~現在

2000年代に入ってのトップ男優と言えばやはり「しみけん」でしょう。

一般のテレビにも多く出演しており、AV男優になったきっかけが、ゲイ雑誌のモデルをしていた際に当時の編集部員をしていたマツコ・デラックスからAV男優を勧められたということなのは有名な話です。

AV男優になった当初はどんなジャンルの仕事でもこなす男優でしたが、徐々にイケメン男優として活躍するようになり、ベテラン女優、新人女優など相手を問わず良いところを引き出すような演技はまさにトップ男優のものと言われています。

また、現在多くのAVで見る体位「ロールスロイス」を開発した男優としても有名です。

これは後背位から女優が体をのけぞらせて、手を男優が引っ張るというもので、深い挿入感、突き出して揺れるおっぱいなどすべてを備えた体位とされています。

また、「how to系」の作品にも多く出演していることから一般の女性ファンも多いという特徴があります。

森林原人

活動期間 1999~現在

こちらも2000年代を代表するAV男優です。

決してとびぬけたイケメンではないのですが、「タフ」「巨根」「高い対応力」といった特徴で数多くの作品に出演しています。

二枚目路線、三枚目路線、絶倫系などさまざまな役柄をこなすことができるのが長所であり、それだけに色々なジャンルの作品に出演しています。

どのようなタイプの女優にも合わせることができるのが強みだと言えるでしょう。

一徹

活動期間 2003~現在

最後は「AV業界の中で最強のイケメン」と言われている「一徹」です。

1979年2月生まれということですでに40代ですが、かなり若く見えます。

中央大学法学部、公認会計士を勉強というインテリですが、汁男優に応募したことがきっかけでAV業界に入りました。

とにかくそのイケメンぶりでAV女優、一般の女性のファンが多く、女性向け動画に特化して出演しているため男性ファンからはあまり知られていません。

そのため知名度にはかなりの偏りがありますが、女性からの人気という点ではトップレベルだと言えるでしょう。

まとめ

AV女優が好きなAV男優、AV男優が好きなAV女優について紹介してきました。

やはりそもそもの数が違うために好むという基準が違うということはありますが、「仕事がしやすい」「イケメン」「セックスの技術が高い」といった点がポイントとなっていると言えるでしょう。

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。