Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優のお金の使いみちは?意外と貯金している?

「大金を得ているので金使いが荒い」とAV女優に対してイメージを持っている人がいるかもしれません。
確かにそういった人がまったくいないわけではありませんが、実はそれほど多くはないという実状もあります。
そこでここではAV女優のお金の使いみちについて紹介していきたいと思います。

1.すべてのAV女優が大金を得ているわけではない

AV業界に詳しくない人であれば、「AV女優になれば何百万円も簡単に稼げる」と思うことがあるかもしれません。
しかし実際にはすべてのAV女優がそんな大金を得ているわけではないのです。

1万人ほどいると言われているAV女優は、さらに毎年5000人ほどが新しくデビューしているという世界です。
つまりそれだけ入れ替わりが激しいということでもあります。

また、AV女優は「単体女優」「企画単体女優」「企画女優」とランクが分かれています。
単体女優はメーカーと専属契約を結んでいる女優で、毎月1本程度しか出演しません。
その名前の通り、自分が主演となって作品を作るのがメインで、1本のギャラも50~200万円ほどと高額です。
テレビやネット番組、ゲームアプリとのコラボなどでよく見かける有名女優の多くはこの単体女優となっています。

企画単体女優は2~3名程度で1本の作品に出演する、高い知名度を持った女優です。
1本のギャラは30~50万円ほどですが、出演本数に制限がないため、月に数十本の作品に出演するような人気女優であれば単体女優よりも稼ぐことが可能です。
年間の出演回数の記録を持っているような女優は、この企画単体女優だと思って良いでしょう。

ただ、数多くいるAV女優の中でもこうした単体女優や企画単体女優は全体の1割ほどもいません。
ほとんどは企画女優と呼ばれる女優となっています。
企画女優は複数の女優で1本の作品に出演する女優で、1本のギャラは3~10万円程度が一般的です。
仕事の数も多いのですが、女優の数も多いので、常に自分が望むだけ仕事ができるとは限りません。

2.企画女優のお金の使い道は一般的である


企画女優をしていて1本5万円のギャラの作品に月に3本出演したとしても、そこまで並外れた金額を稼ぐということにはなりません。
そのため企画女優をしている女性は、他に主婦、学生、OLといった本業を持っていたり、他の仕事との兼業としてAVの仕事をしている人が多くなっているという傾向があります。

そのため、そういった立場の女優にとっては得た収入はアルバイトなどの副業収入と同じような使い方がなされることとなります。
生活費となる、趣味などに使う、貯金に回すといった使い方がなされていきます。

AV女優のほとんどはこの企画女優として働いていますので、実際には多くのAV女優のお金の使い道は一般の人と変わらないということになるのです。

3.単体女優や企画単体女優のお金の使い道


テレビやネット番組でよく見かけるトップクラスの女優となると年収が1億を超えるということもあります。
近年では以前ほど爆発的なギャラではなくなってきたことから超高額な年収は稼ぎにくいというイメージがあるかもしれませんが、その分、ネット番組などへの出演、ゲームアプリなどへの出演、You tuberとのコラボ出演など仕事の幅が広がっているということがあり、知名度がある女優はさまざまな仕事をしているということがあります。

また、以前からあるサイン会、握手会、交流会、撮影会などに加えて、ライブ配信なども増加してきており、稼ぐ方法が増えているというのが現状となっています。
それだけにトップクラスの知名度を誇る女優は年収が数千万円~億越えということも十分にあり得ます。

こうした女優になるとお金の使い道も派手になりそうなイメージがあるのですが、実際にはそれほど派手に使うということはあまりありません。
まずそれだけ稼ぐようになると税金の問題があります。
主婦などが副業として企画女優の仕事をする際にはそれほど高額な金額にならないことが多いのですが、人気女優となると別です。

AV女優は個人事業主として働いているため、税金については自分で確定申告を行う必要があります。
年収が1億あるような女優になると、税金も数千万円単位となってきますので、入ってきた収入をすべて使っていると税金を払うことができません。
税金は次の年度に支払うこととなりますので、次の年までそれだけの現金を確保しておかなければならないのです。

また、AV女優は活動期間が短い仕事でもあります。
AV女優の平均活動期間は半年~1年と言われています。
多くの人が知っている人気女優となると3~5年ほど働いている人もいますが、何十年も働く女優はほとんどいません。
この短い期間にしっかりと稼いで、税金を除いた分を考えると、それほど無駄遣いもできないということになるのです。

特に単体女優の場合は、契約されている期間は安定した収入が確保できますが、いつまでも人気を維持するのは至難のわざであり、人気が落ちてくると専属契約を切られることとなります。
その後、企画単体女優として働くということもありますが、単体女優の時よりギャラの単価は落ちますし、ここでも人気が落ちてくると仕事の出演依頼自体が減ってくることとなります。
このようにAV女優はいつまでも安定して高収入が確保されているわけではないので、堅実にお金を使おうという女優が多くなるのです。

その結果、親に何かを買ってあげる、旅行をプレゼントする、自分の将来のために貯金する、というようにお金を使う女優が増えることとなっているのです。

4.堅実に貯金をしていくためには

ある程度の人気女優になると、一般の仕事をしていたのではまったく稼げないほどの収入を得ることも可能となります。
やはりこれだけ多額の収入を得ると、浪費してしまう、無駄遣い、衝動買いが増えるという女優も存在します。
こうして金銭感覚がおかしくなっていくと貯金もまったくできないまま仕事を続けることとなり、仕事が落ち目になって収入が減ってきても金銭感覚は狂ったままなので、生活が苦しくなるということがあるのです。

そうしたことを防ぐためには堅実なお金の使い方をしていく必要があります。
その方法としては、
・生活に必要なお金+自由に使うお金を設定し、残りは貯金する
・収入に合わせて貯金する額を設定し、その金額を確実に貯金していく
・AV女優として働く期間を決めてしまう
・貯金の目標額を立てて、その金額を貯金することを目標とする

といった方法があります。
こうした決め事をしていないと、どうしてもお金を使ってしまうということが増えるためになかなか貯金はできません。
ある程度、金額を設定する、目標を立てるということをしていると動きやすくなるでしょう。

逆にやってはいけないこととして、
・急に高額な家賃の住居に引っ越しをする
・買い物などに制限をつけていない
・毎月どれだけお金を使っているかを把握していない
ということがあります。

急に高額な家賃の住居に引っ越しをすると、毎月住居費としてかなりの出費をすることとなり、人気が落ちてきてもそれは変わらずかかってくることとなります。
また、自分が使っているお金の金額を把握していないというのは非常に危険です。
こういった状態になっていると貯金していくことは難しいと言えます。

まとめ


AV女優は以前ほど派手なお金を使い方をすることは減ってきており、生活費にする、貯金するといった堅実な使い方が増えてきています。
これは単体女優などの高額な収入がある女優でも同様で、計画的に貯金をしている女優が増えてきている傾向があると言えるでしょう。

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。