Wish Promotion

AV業界ブログ

AV女優のヘアメイクや人気の髪型は?

どういった職業にも向いている髪型、向いていない髪型、人気の髪型などあるものですが、もちろんAV業界にも人気の髪型はあります。

ではどういった髪型が人気となっているのでしょうか。

ここではAV女優に人気のヘアメイク、髪型について紹介していきたいと思います。

 

1.AV女優の髪型のルールとは

それぞれの職業ごとに向いている髪型、推奨される髪型というものがあります。

AV女優の場合は、作品の中で「学生」「人妻」「看護師」「ギャル」などさまざまな役割を演じることになるので、一見決まったルールなどはないようにも思えます。

もちろん、それぞれの作品、作風の中で女優の髪型は違っているのですが、実は最低限のルールがあるのです。

 

それは「前髪はきっちりと整っている」ということです。

長い前髪を垂らしている、目が隠れている、ということはほぼありません。

これは理由がはっきりと決まっています。

 

AVの本番シーンの撮影では女優はさまざまな体位、体勢を取ることがあります。

もちろん、カメラも色々な角度から撮影されることとなります。

そのため、前髪が長いと顔が隠れてしまう、目線が見えないということがあるのです。

また、ハメ撮りなどの男性目線の撮影やフェラチオシーンなどは前髪で目線が隠れやすくなります。

AVでは女優の表情も重要なポイントとなるため、顔や目線が隠れてしまうというのは大きなマイナスとなるのです。

結果的にどの女優も前髪が目や顔にかからないようなヘアメイクをするということになります。

当然、女優は前髪を長くのばして目にかかるような長さにしているということはあまりないのです。

 

 

2.汎用性が重視される

AV女優は作品によってさまざまな役割を演じる必要があります。

女子高生を演じたり、看護師を演じたりとその役柄によって髪型や髪の色も合わせていかなければならないため、奇抜な髪型や髪の色は不利になるのです。

特定の役柄を演じるためには仕方がない場合もありますが、奇抜な髪型をしていると、他の役を演じにくくなるために、仕事の幅が狭くなってしまうのです。

そのためAV女優はどういった役柄でも演じることができるような「汎用性が高い」髪型をすることが多くなるのです。

 

一般的には、

「薄い茶髪」

「ストレート」

「セミロング」

といった髪型、髪色であれば演じることができる幅が広くなります。

髪の毛が長すぎるのが好まれない理由としては、本番撮影中に長すぎる髪の毛は体を隠してしまうことが多くなってしまうからです。

胸や尻などが髪の毛で隠れてしまうとせっかくの見せ場なのにカメラに映らないということになってしまいます。

そのため、まっすぐ伸ばしても胸が隠れない程度の「セミロング」が好まれることとなるのです。

セミロング程度の長さがあれば、アレンジもしやすく、どんな役柄でも対応しやすくなります。

ある程度AV作品の本数を見ていくと、これくらいの髪色、髪の長さの女優が多いということに気づくかもしれません。

 

3.あえての個性重視もある

色々な役を演じるために、薄い茶髪、ストレート、セミロングくらいの髪の毛にする女優が多いのですが、これは色々な役を演じることができるメリットとなるだけでなく、個性を無くしてしまうというデメリットともなる場合があります。

 

そのため、AV女優の中には個性を重視するという女優もいます。

例えば、ギャル系のAV作品を中心に出演している女優は金髪にしていることもあります。

この髪色では、真面目な看護師や教師の役を演じることはできませんが、ギャル系に特化しているためにこうした作品で活躍することができるのです。

 

また、これは髪の長さも同様です。

あえて長くしているという場合もありますし、逆にショートにしている女優もいます。

演じられる役の幅は狭くなりますが、個性を出すことで活躍しやすいというメリットを発生させているのです。

 

また、個性を出すために途中で髪色や長さを変えてイメチェンする女優もいます。

年間数百本の作品に出演した記録がある人気企画単体女優の上原亜衣はデビュー当時は茶髪のギャル系女優でした。

そのころはそこまで人気ではなかったのですが、黒髪にしたあたりから人気が出始め、一気にトップ女優へと駆け上がったのです。

これは黒髪の方が上原亜衣にマッチしていたということや、黒髪の女優の方が需要があったということが関係しています。

また、ショートだった女優が髪を伸ばすということもあります。

人気女優のAIKAなどはこれに当たります。

こうして髪型や髪色を変えてイメージを変えるということも戦略なのです。

4.髪型には流行もあるし、女優に似合う・似合わないもある

髪型や髪の色には流行もありますし、その時に人気のジャンルなども関係してきます

AV作品は細かくジャンル分けがなされるのですが、そのジャンルにも人気の流行はあります。

昔から「巨乳」「ギャル」「女子校生」などは安定した人気を誇っていますが、最近では「清楚系」「人妻」「熟女」「寝取られ(NTR)」などが人気となっています。

こうしたジャンルでは明るい茶髪よりも黒髪の方が演じやすいということもあります。

 

髪型や髪の色を変えようと判断するときは、どうしたジャンルが人気なのかということを考えると需要とマッチする可能性が高くなります。

 

また、流行と同じくらい重要なのが「その女優に似合っているか、似合っていないか」です。

髪の長さや色、髪型などを変えて人気が上昇した女優がいるように、そもそもその女優に合っているかどうかということが重要なのです。

これは自分では思い込みが入ってしまうために正しく判断できない場合もあります。

色々と試してみて、周囲の人の評判などを参考にしてみると良いかもしれません。

 

 

5.プロダクションやヘアメイクと相談するのがおすすめ

すでにデビューしている女優も、これからデビューをしようとしている女優も「どう売り出していきたいのか」をプロダクションが判断することが多くなっています。

そのため、どういった髪型、髪の色にするのが良いのかということをプロダクションの担当者、マネージャーなどに相談してみるのが良いかもしれません。

プロダクションにはそれぞれ強み、特徴もありますので、そのプロダクションの方針に合った髪型をしていると売り出しやすいというメリットがあります。

また、ジャンルの流行なども当然研究していますので、それも参考意見として使うことができます。

 

ベースの髪の色や髪の長さは変えることはできませんが、髪型などをAVの撮影前に整えるのはヘアメイクスタッフとなります。

AVの撮影現場では、女優の待機場所があり、そこでヘアメイクやメイクなどが行われることが多くなっています。

そのため、その作品に合った髪型については基本的にヘアメイクに任せておけば整えてくれるということになります。

もちろんヘアメイクは髪に関してのプロですので、色や長さ、基本的な髪型などについて相談してみるのも良いでしょう。

自分では思いつかなかったアイデアを出してくれるかもしれません。

 

 

まとめ

AV女優の髪型には規則性がないように見えて実は規則性があるということがわかりました。

また、汎用性が高い髪型は色々な仕事をしやすい反面、個性が出にくいというデメリットもあります。

もちろん、その女優に似合っている髪型、髪の色かどうかということも重要になってきます。

どのような髪型にしようか悩んでいる場合はプロダクションやヘアメイクに相談してみるのがおすすめです。