Wish Promotion

AV業界ブログ

大学生でもAV女優のアルバイトはできますか?

近年本業としてではなく、アルバイトとしてAV女優の仕事をするという女性が増えてきています。

これはOLなどの社会人や主婦だけではなく、大学生や専門学校生でも同様です。

では、大学生はAV女優のアルバイトをすることが可能なのでしょうか、また、どのようにすればアルバイトができるのでしょうか。

ここではそれらについて紹介していきたいと思います。

 

1.年齢制限などをクリアしていればOK

AV女優をしていくにはいくつかの条件があるのですが、もっとも大きいのは「年齢が18歳以上であること」「高校生以下ではないこと」という2つです。

昔はこうした部分が曖昧なことがあったのですが、最近は特に徹底して管理されています。

未成年や高校生をAVに出演させていることが発覚するとAVのメーカーやプロダクションは行政指導などを受けて大打撃となります。

そのため、プロダクションの面接時に顔がわかる身分証明書などを使って年齢確認がしっかりと行われることとなります。

 

ただ、大学生の場合はこの年齢制限をクリアしているので問題はありません

そのため、法的な意味ではAV女優のアルバイトを行うことができるということになります。

 

では、現実的にAV女優のアルバイトができるか、身バレ・顔バレしないかということですが、企画女優として月に数本の作品に出演する程度ではバレる可能性は低いものとなっています。

もちろん、人気が出て単体女優や企画単体女優として主役で作品に出演するようになっていくと隠していくのは難しくなりますが、企画女優は複数で1本の作品に出演したり、主演の女優と一緒に出るという出演の仕方をしますので、それほど目立つことはありません。

こうした仕事が周囲にバレるのは女優自身から誰かに言ってしまう、SNSで発信してしまうということが原因の場合がほとんどですので、注意しておけば問題はないでしょう。

 

 

2.大学生でも実際に仕事はしていけるのか

AV女優という仕事を専門的にしている女優ももちろんいるのですが、実際にはそれほど多い数ではありません。

現在、AV女優は8000~1万人ほどの人数が安定して存在していると言われています。

そして毎年4000~5000人ほどが新しくデビューをしています。

つまり毎年全体の半分ほどが入れ替わっていくような激しい競争が行われているという業界なのです。

 

では、それだけの数のAV女優がみんな専業で仕事をしているのでしょうか。

これは結論から言えば、「違う」ということになります。

まず一般の人に多く知られている知名度が高い、テレビ番組などにも出演しているAV女優は「単体女優」「企画単体女優」と呼ばれる女優たちの中でもトップクラスの人気を誇る女優たちです。

単体女優になれば1本のギャラが50~100万円前後、企画単体女優で30~50万円前後と言われています。

 

このランクの女優たちは作品の出演のギャラの他に、撮影会や握手会、サイン会、交流イベントなどに参加することになります。

そして一部の女優はテレビやネット番組に出演したりしています。

それらの仕事によってそれなりの収入があることになり、日々も忙しいものとなっていきます。

中には年収が億を超えるというような女優もいます。

こうした女優たちはさすがにアルバイトで行っているということはありません。

 

しかし、AV女優の9割以上は「企画女優」と呼ばれる女優たちです。

企画女優は複数で1本の作品に出演したり、主演の女優と一緒に出るという出演の仕方をします。

ギャラは1本3~5万円程度と言われており、しかも働きたいだけ働けるというわけではなく、月に1~3本程度の出演ということもよくあります。

これは需要は多いもののAV女優の数がさらに多いため、仕事を取り合う形になるからです。

そのため、AV女優は平均すると活動期間は短く、短い人であればデビュー作のみで引退するという人もいます。

全体の平均では半年~1年ほどと言われています。

 

そういった業界ですので、AV女優を本業としている人の方が実は少なく、全体の6割以上は他に仕事を持っている兼業AV女優となっています。

AV女優をメインにしながら他に副業もしているという人もいますし、本業が別にあってAV女優をアルバイトとしているという人もいます。

一般の仕事を持っているものの、もう少しお金を稼ぎたいという理由で働いている人や、刺激やお金が欲しいという主婦、学業資金にしたいという学生などさまざまな人がアルバイトとしてAV女優の仕事をしているのです。

もちろん大学生がアルバイトとして行っているということも普通にあります

「現役有名大学生」とAVのタイトルについているようなものは典型的なものだと言えます。

 

3.実際に大学生がアルバイトでAVに出るには

では実際に大学生がアルバイトとしてAV女優として働くにはどうすれば良いのでしょうか。

まずAVに出演するにはプロダクションに所属するのが一般的ですので、プロダクションを選ぶところから始めていきます。

昔はAV業界というとアンダーグラウンドなイメージが強く、なかなか事務所に連絡したり、建物に入っていくというのが難しいと感じる女性が多くいました。

しかしAV業界は昔に比べるとクリーン化、透明化がされてきているため悪質なプロダクションは減ってきています。

もちろんまったく無くなったというわけではありませんが、インターネットなどを利用することで公式ホームページを見たり、口コミや評判サイトを見ることも可能です。

それらを見ながら落ち着いて選んでいきましょう。

 

AV業界では女優がプロダクションを移籍するということはあまりありませんので、最初に選ぶプロダクションは非常に重要となってきます。

その際のポイントとしては、ギャラの割合やどういったジャンルに強いのか、有名女優は在籍しているか、メーカーやプロデューサー、監督などにパイプを持っているかなどがあるのですが、大学生がアルバイトとしてAV女優をする際には、「周囲にバレることなく仕事ができるか」「やりたくないNG項目を守ってもらえるか」ということが重要となるでしょう。

 

 

4.大学生がアルバイトでAV女優をする場合の注意点

大学生がアルバイトでAV女優をする場合にはいくつか注意しなければならない部分があります。

例えば、アルバイトでAV女優をしていることが誰かに知られたとしても特に問題はないという人であれは、特に気にしなくても大丈夫です。

 

ただ、多くの女性はAVに出演していることを知られたくない、知られると本業に支障があると思っています。

特に大学生の場合は学校や周囲の友達には知られたくない、主婦の場合は夫や知り合い、家族には知られたくないと思っているでしょう。

 

その場合は所属するプロダクションに意思を伝えて、できる限りの配慮をしてもらいましょう。

顔出しNGという契約で契約することも可能です。

もちろんWISHでもそういった相談にのっています。

ただ、現実的にアルバイトとして数本AVに出演したとしてもほとんどの場合は企画女優としての出演ということになります。

メインで出演するということはほとんどなく、よほど目立つ演技をしない限り強い印象に残るということはありません

少し映っている程度であれば、もし疑いをかけられたとしても「似ている人だ」とすることもできます。

 

つまり、AV女優の仕事をしているということを自分からSNSで発信したり、知り合いに話してしまったりしない限りはそうそうバレるということはないのです。

バレている人の多くは自分が挙動不審になってしまったり、自分から発信してしまったりしてバレています。

その部分に注意していれば大丈夫でしょう。

 

まとめ

現在AV業界では多くの大学生がアルバイトとして仕事をしています

周囲にバレないようにするといった配慮は必要ですが、そこさえ注意していれば短時間で高額な収入を得ることができますので、考えている人はぜひプロダクションに応募してみましょう。

WISHではいつでもそういった相談をお待ちしています。

 

 

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。