Wish Promotion

AV業界ブログ

稼げるAV事務所と稼げないAV事務所の違いとは?

AV女優は基本的にプロダクションに所属して仕事をすることとなるのですが、どのプロダクションでもまったく同じというわけではなく、プロダクションによって「稼げる」「稼げない」ということがあるのは事実です。

では、稼げるAVプロダクションと稼げないAVプロダクションとの違いとはどういったことなのでしょうか。

ここではその違いについて紹介していきたいと思います。

 

1.良いプロダクションを見つけましょう

AVのプロダクションは一度入ると簡単に移籍することはできません。

そのため、最初に選ぶプロダクションは非常に重要な場所となります。

ここで「良いプロダクション」「稼げるプロダクション」を探すことがポイントなのです。

簡単に良いプロダクションとは「仕事をたくさん紹介してくれる」「多くのギャラをくれる」「働きやすい」プロダクションということになります。

 

AVの業界は一般の商社のように「物」を仕入れて来て、それに利益をつけて売るというような商売ではなく、「人」が中心になって回っている業界です。

例えば、AVを作成するに当たって女優を探すとします。

現在AV女優は1万人ほどいると言われており、その中から絞って仕事依頼をするということになります。

そんなときに、「マナーが悪い」「態度が悪い」「遅刻や欠勤が多い」といった女優に仕事を依頼しようとは思いません。

やはり、「真面目に仕事に取り組む」「コミュニケーションをとりやすい」「言葉遣い、マナーが良い」という女優に優先的に仕事が回ることとなります。

態度が悪く、メーカーや現場のスタッフから嫌われるようになればAV女優として仕事をしていくことはできないでしょう。

 

これはもちろん、所属しているプロダクション内でも同様です。

プロダクションに仕事依頼が来た際に、どの女優に仕事を紹介しようかとなると、やはり信頼関係のある女優に優先的に仕事を紹介することとなります。

態度が悪い、遅刻や欠勤が多い、信頼関係が築けていないという女優は後回しになるでしょう。

AV業界は人間関係、信頼関係が重要なのです。

良いプロダクションではそういった人間関係が良好なことが多いのです。

 

 

2.良いプロダクションの特徴とは

ここでは良いプロダクションを判断していくための、いくつかの方法を紹介していきます。

 

・情報を隠さない

AVの作品は、メーカー、プロダクション、女優を中心として制作されます。

この時、メーカーとプロダクションだけで話が進み、仕事の内容やギャラなどについて女優になかなか正確に知らされないということがあります。

このような情報の隠匿は人間関係を築いていく上で大きな障害となります。

女優が求める情報をできる限り公開してくれる事務所とであれば信頼関係を築いていけるでしょう。

 

・女性スタッフが複数いる

プロダクション面接の際には女性は全裸になって肌の状態や刺青の有無、全身のスタイルなどがチェックされます。

しかしプロダクションによっては、こういったチェックを男性スタッフが行うというところもあります。

デビューしてギャラが発生している仕事であれば、男性の前でも脱ぐのは仕事の一部ではありますが、契約前の段階から男性にチェックされるのは抵抗を持つ女性が多くいます。

こうした役目を女性スタッフが行っているというプロダクションは気遣いができているプロダクションだと言えるでしょう。

 

・メールや電話のときと対応が違うところは避ける

面接応募などのメールや電話では丁寧に対応されたが、実際にプロダクションに行ってみると高圧的な態度、横柄な態度をとられたということもあります。

女優もしくはこれから契約をしようとする女性に対して、高圧的な態度をとるスタッフがいるプロダクションは避けた方が良いでしょう。

 

そもそもプロダクションは会社ではありますが、女優はそこの社員ではありません。

AV女優はそのプロダクションに所属はしていますが、社員ではなく「個人事業主」という立場です。

プロダクションとは「マネジメント契約」を結んでいるという関係ですので、プロダクションのマネージャーなどは上司ではありません

そのため、高圧的な態度をとられるということは本来ない関係性なのです。

 

・その雰囲気が自分に合っているかどうかを考える

プロダクションは都心に150ほどあると言われており、それぞれに特徴があります。

どのジャンルに強いということもありますし、どういったタイプの女優が所属しているかということもあります。

これがズレてしまっていると、自分がそこでうまくやっていけないということにつながりやすいのです。

 

自分が熟女系、巨乳系で売り出していきたいと思っているのに、妹系、ロリ系、貧乳系に強いプロダクションに所属すると違和感があるでしょう。

所属している女優やスタッフともうまくかみ合わないかもしれません。

そのプロダクションの雰囲気、どういったジャンルに強いのかといったことは事前に調べておき、自分にあっているかどうかを考えることが重要です。

 

3.稼げる事務所と稼げない事務所との違いは

これらのポイントを押さえていくと稼げる事務所の特徴がわかってきます。

まず稼ぐためには「仕事量」がある程度ないと話になりません。

主婦や学生が自分のスケジュールに合わせて仕事をするために仕事量を制限している場合は別ですが、もっと仕事をしたいのに仕事がないという状態では当然稼げないのです。

 

そのため稼げる事務所のポイントとして、「営業力が強い」ということがあります。

メーカー、制作会社などに強いパイプがある、どんどん営業をかけていくという事務所であれば一定の仕事量を確保できます。

こうして事務所自体が仕事をとってくるということが、女優が稼げるか稼げないかに関わってくるのです。

そしてもう一つは「ギャラの配分」です。

ほとんどの事務所で似たような配分となっていますが、やはり多少の違いはあります。

メーカーが支払うギャラのうち、女優の取り分は40%前後となっています。

これを超えていれば問題ありませんが、これよりも少ない配分となっていると当然「稼げない」ということにつながってきます。

 

AV業界に入る女性の多くが「お金」を目的としているのは事実です。

女性のプロフィール、外見、ルックス、スタイル、顔立ちなどを総合的に判断して、どれくらいの報酬が見込めるのかという説明が事務所から行われます。

業界に知識がない女性の場合は、とりあえずAV女優になれば毎月数百万円稼げると思っていることもあり、この部分は細かく説明をされます。

 

単体女優としてデビューできそうな女性であれば、月に50~100万円、企画女優で月に数本出演できそうであれば月に20~30万円というように具体的に説明がされることとなります。

女性の多くは、この報酬の説明を聞いて、実際に仕事をするかどうかを判断していくこととなります。

ただ、このように売り出していけるというのは、あくまでもプロダクションのその時の判断です。

実際に必ずそうなるかどうかはわからない部分もあります。

そのため、「絶対にこれだけ稼げる」と確約されるものではありません

こういった知識と共にギャラの配分を踏まえて判断すると良いでしょう。

 

 

まとめ

稼げる事務所とは「良い事務所」であることが多くなっています。

「人間関係が良い」「仕事量が多い」「ギャラの配分が良い」といった事務所は「稼げる事務所」ということになり、そうでない事務所は「稼げない事務所」ということになります。

プロダクションを選ぶ際にはこうした点にも注意して選んでいくと良いでしょう。

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。