Wish Promotion

AV業界ブログ

同じAVでもDVDなどのソフトと配信動画の違いとは?

AVには大きく分けて「DVD」を購入もしくはレンタルするという方法と動画配信によって視聴するという2つの方法があります。

動画配信は近年増えてきている方法ですが、どちらの方法にも長所と短所があるため、使い分けていくことが理想です。

そこでここではDVDなどのソフトと動画配信の違いについて紹介していきたいと思います。

 

1.DVDのメリットとデメリット

DVDは購入するよりレンタルの方が安いという長所がありますので、まずはレンタルをする場合のメリットやデメリットについて紹介していきます。

 

1-1.DVDのメリットとは

まず大きなメリットは「安い」ということです。

DVDは購入する場合は1本2000~3000円ほどです。

これは動画配信で購入して視聴する場合でも同じ程度の金額となっています。

しかし、DVDをレンタルした場合は1本100~200円程度で済みます。

新作の場合はもう少し高い場合がありますが、動画配信などよりもかなり安く済むというメリットがあるのです。

 

また、動画配信の場合はインターネットに接続する必要があるので、ネット環境が整っていない場所では視聴することができません。

しかしDVDで視聴する場合は再生機械さえ用意しておけばネット環境は必要ありません。

インターネット環境に左右されずに視聴することができるのは大きなメリットだと言えます。

 

DVDの購入やレンタルを嫌がる人は「購入しに行く手間」「レンタルしに行く手間」が嫌だという人がいます。

しかし、近年では、ネットサイトから簡単に購入することができますし、レンタルの場合は店舗レンタルだけでなく、宅配レンタルという方法もあります。

これはネットサイトで注文をしておけば自宅に配送してくれるというサービスです。

このサービスを使えば、店舗までレンタルしに行く必要がありません。

返却は専用の封筒に入れて近くのポストに投函すれば完了です。

このようにDVDのレンタルは安く、オフラインで視聴することができるというメリットがあります。

 

1-2.DVDのデメリットとは

DVDのデメリットはやはり「簡単にどこでも見ることができない」ということです。

DVDプレイヤーなどで再生する必要があるため、どこでも簡単に見るというわけにはいきません。

DVDにはコピーできないようなプロテクトがかかっていますので、スマホなどにデータを取り込むということはできません。

そのため、どうしても見ることができる場所が限られてくるというデメリットがあります。

 

また、購入した場合は別ですが、レンタルをした場合は返却しなければいけないため、いつまでも自由に見ることができるわけではありません。

これもデメリットと言えるかもしれません。

 

「高画質のものが少ない」という点もあります。

DVDよりBlu-ray(ブルーレイ)作品の方がフルHD(FHD)画質で美しい映像を見ることができるのですが、残念ながらアダルトのBlu-ray(ブルーレイ)作品は数が少ないという弱点があります。

高画質で視聴したいという場合は、動画配信の高画質作品を、画像解析度の高いパソコンやスマホで見る方が綺麗に見えるということがあります。

 

 

2.動画配信のメリットとデメリット

では次に動画配信のメリットとデメリットについて紹介していきます。

基本的にはDVDなどのソフトの長所と短所の反対になることが多くなっています。

 

2-1.動画配信のメリットとは

・いつでもどこでも視聴することができる

AVを視聴する人にとって非常に重要なポイントである「いつでもどこでも視聴できる」ということに適しているのが動画配信のメリットです。

DVD、DVDデッキなどを必要とせず、パソコンやスマホがあれば視聴できるというのは何よりの利点です。

購入しにいく手間、レンタルをする手間がいらないのは大きいと言えます。

 

・マルチデバイスに対応している

どこでも見ることができるということにも関係していますが、動画配信はパソコン、スマホ、タブレットなどでも利用することができます。

そのため、テレビの大画面で見ることもできますし、こっそりとスマホで見ることもできます。

寝室や風呂場などでもスマホさえ持っていればAVを視聴できるというのは大きなメリットだと言えます。

・周囲にバレにくい

「ビデオ」「DVD」でAVを視聴している際に、もっとも注意するのは「見ている間に周囲にバレる」ということです。

見ている間は動きが取れず、とっさに隠すこともできないため細心の注意を必要とするのです。

しかし動画配信であれば、スマホなどでこっそりと視聴することができるので周囲にバレにくいというメリットがあります。

 

・海外の無修正ものを視聴することができる

日本では刑法175条の「わいせつな文書、図画、電磁的記録に係る記録媒体その他の物を頒布し、又は公然と陳列した者は、2年以下の懲役又は250万円以下の罰金若しくは科料に処し、又は懲役及び罰金を併科する。電気通信の送信によりわいせつな電磁的記録その他の記録を頒布した者も、同様とする(第1項)。有償で頒布する目的で、前項の物を所持し、又は同項の電磁的記録を保管した者も、同項と同様とする(第2項)」といった法律によって無修正のアダルトは規制されています。

そのため、販売やレンタルされているDVDは必ず修正がなされています。

しかし、無修正での配信が可能な海外のサイトのものであれば、その国の法律が適用されるため無修正ものを視聴することができるのです。

これも動画配信ならではのメリットと言えます。

2-2.動画配信の弱点やデメリットは

メリットが多い動画配信ですが、いくつか弱点もあります。

ここではその部分を紹介していきます。

・ネット環境が何より重要である

動画配信はパソコンやスマホで視聴するため、インターネット環境が大きく影響していきます。

動画配信には「ストリーミング再生」「ダウンロード再生」という2つの視聴方法があります。

ストリーミング再生はインターネットに接続して、視聴するというもので一般的な動画サイトを視聴するのと同じ方式となります。

そのため、インターネットに接続していなければ視聴することができません。

 

ダウンロード再生は、一度ダウンロードしてしまえばインターネットに接続していなくても視聴することができるのですが、ダウンロードをする際にインターネットに接続する必要があるため、どちらの場合もインターネット接続がポイントとなります。

こうしたネット環境に影響されるという弱点があります。

 

・サービスが多いので選別する必要がある

動画配信という点では世界中にサイトが存在しています。

そのため、それぞれのサイトの特徴を捉えていく必要があります。

サイトによって掲載されている動画が違う、月額使用料が違う、画質が違うということもあります。

 

また、海外のサイトを利用する際などは確認しないまま利用して高額な使用料を請求される場合もありますし、違法サイトにつながってしまう場合もあります。

こうした点に注意しなければならないという弱点があるのです。

 

 

まとめ

DVDなどのソフトと動画配信にはそれぞれに長所と短所があります。

これは見る人がどういった条件を持っているかによってメリットとデメリットが変わってくるということでもあります。

「独身」「家族と同居」「たまに見たいだけ」「毎日でも見たい」など自分の条件に合った方式のものを選んでいくのがもっとも効率的にAVを楽しんでいくことができる方法でもあります。

どちらの方法を選ぶかは自分の状況に合わせて選ぶようにしましょう。

 

Wish Promotion

ここから先は「AV女優の求人情報紹介」のページになります。
上記を理解した上で、自らの意思に基づき、サイトを閲覧するものとします。